外壁の塩害対策には何が必要? 海の近くに住むなら知っておくべき3つのこと

海の近くに家を建てると「景色がいい」「海の匂いがする」などメリットがたくさんあります。
しかし、外壁にとって「海の近く」という条件は、決してよいものではないのです。
「塩害」という言葉をご存じでしょうか?
外壁は塩害によって、さまざまなダメージを受けます。
外壁はダメージを受けると、建物の寿命が短くなるでしょう。

  • 海の近くに家を建てようと思っている
  • 塩害による外壁のダメージにはどのようなものがあるのか?
  • 外壁の塩害対策とは?

そんな人たちのために、潮風による外壁への被害や外壁の塩害対策についてまとめてみたいと思います。

  1. 潮風による外壁への影響
  2. 外壁の塩害対策
  3. 業者に依頼する際の注意点
  4. まとめ

1.潮風による外壁への影響

海の近くにある家の外壁は、潮風によるどのような影響を受けることになるのでしょうか。

1-1.劣化のスピードが速まる

海の近くにある家の外壁は、常に潮風の影響を受けています。

そうでなくても外壁は劣化しやすいもの。
常に雨風や紫外線の影響を受け続け、建物を守っているのです。
潮風にさらされた海岸付近では、外壁の内部にサビが発生し、劣化のスピードが速まります。
潮風から外壁を守るためには、さまざまな対策が必要になるでしょう。

1-2.塩害を受けやすい外壁とは

外壁素材にも、塩害を受けやすいものと受けにくいものがあります。
海の近くにある家の場合は、必ず潮風の被害を受けにくい外壁材を選ぶ必要があるでしょう。
海からの距離がどのくらいかにもよります。
もし、海の近くで塩害対策をしていない外壁の家に住んでいるなら、専門家に相談してみるのがおすすめです。
この機会に、塩害対策をほどこした外壁にリフォームすることを考えた方がよい場合もあるでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!