目黒区で外壁塗装をする際のポイントは? 外壁塗装業者に依頼する際の注意点

「目黒区で外壁塗装をするタイミングが分からない」「どんな外壁塗装業者に依頼すればいいのか?」など、外壁塗装で悩んでいる方は多いでしょう。外壁塗装は1年を通して行えますが、イメージどおりの外壁に仕上げるためには、その土地の気候的な特徴を把握しておく必要があります。また、外壁塗装業者によっても仕上がりが大きく左右されるため、慎重に選ばなければなりません。

そこで、本記事では、目黒区の気候的な特徴や外壁塗装業者に依頼する際の注意点などを解説します。

  1. 目黒区の気候的な特徴について
  2. 目黒区で外壁塗装をするならいつがいいのか?
  3. 目黒区にはどんな外壁塗装業者があるか?
  4. 目黒区で外壁塗装を依頼する際の注意点
  5. 外壁塗装に関してよくある質問

この記事を読むことで、目黒区で外壁塗装をする時期や外壁塗装業者選びのポイントなども分かります。目黒区で外壁塗装を検討している方はぜひ参考にしてください。

1.目黒区の気候的な特徴について

まずは、目黒区の気候的な特徴をチェックしておきましょう。

1-1.東京の温帯

目黒区の気候は、東京の温帯に属しています。年間を通して温暖な気候となっており、夏は高温多湿で冬は乾燥し晴天の日が続く傾向にあるでしょう。外壁塗装は塗料を塗って完全に乾かしてからでないと次の作業に進むことはできません。そのため、雨の日は工期が延びてしまいがちです。晴天の日が続く安定した気候であれば、外壁塗装も問題なく工程を進めることができます。

1-2.6~7月の梅雨時期は要注意

目黒区の気候的に、比較的1年中を通して外壁塗装ができるでしょう。けれども、注意しておきたい時期が6~7月ごろの梅雨時期です。梅雨の時期に突入すると雨の日が続き、湿気も高くなってしまいます。目黒区の年間降水量は約1,500mmですが、最近はゲリラ豪雨といった局地的な大雨も増えてきているので注意しなければなりません。6~7月に限らず、ゲリラ豪雨や台風が増える8~9月あたりも注意しておきたい時期です。

2.目黒区で外壁塗装をするならいつがいいのか?

ここでは、目黒区で外壁塗装をする時期やタイミングについて詳しく説明します。

2-1.外壁塗装に適しているのは春と秋

一般的に、外壁塗装に適している時期は春と秋です。春と秋は気候が安定しているので、突然の雨で作業が中断することもほぼありません。また、塗料が乾燥しやすく、作業が捗りやすい時期でもあります。前述したように、目黒区は温帯に属している地域ではありますが、梅雨時期や夏場はゲリラ豪雨で作業が中断する恐れがあるので春または秋に外壁塗装を行うのがおすすめです。冬場でも構いませんが、冬は日没時間が早まるため、工期が長くなります。さらに、雪が降ると作業が中断する恐れも出てくるでしょう。

2-2.気温5℃以下、湿度85%以上

気温5℃以下で湿度85%以上であれば、目黒区でも外壁塗装が可能です。気温が一定以上で、空気が乾燥している環境のほうがスムーズに外壁塗装を進めることができます。外壁塗装に適している時期は春と秋ですが、条件に当てはまれば夏と冬でも可能です。適した時期に外壁塗装を行うためにも、季節ごとのメリットとデメリットを把握しておきましょう。

  • 春:気温・湿度は安定しているが、春雨前線の影響を受ける可能性がある
  • 夏:晴れの日は多いが、台風・ゲリラ豪雨の影響を受ける可能性がある
  • 秋:気温・湿度は安定しているが、秋雨前線の影響を受ける可能性がある
  • 冬:降雪地域以外は湿度が低くなり、凍結・降雪の可能性がある

2-3.外壁の状態も要チェック!

目黒区に限らず、外壁塗装のタイミングは外壁がどのような状態になっているかもチェックしておきたいポイントです。一般的に、外壁塗装のタイミングは10年に1回が目安だといわれています。塗料の種類によって耐久年数は異なりますが、ほとんどの塗料が10年を境に劣化するからです。10年に1回、定期的に外壁塗装を行うことで美しく丈夫な外壁が維持できます。なお、外壁塗装を行ったほうがいい外壁の状態は以下のとおりです。

  • チョーキング現象(外壁に触ると白い粉がつく現象)
  • ひび割れ(クラック)
  • 色あせ
  • 剝がれ
  • コーキングの亀裂
  • 鉄部のサビ

明らかに、見た目に異変が生じていると分かる状態は早めに外壁塗装を行ったほうがいいでしょう。特に、深く大きなひび割れは、下地や内部まで損傷している可能性があります。外壁の劣化サインを見逃してしまうと、さらに状態が悪化し、大がかりなリフォーム工事になるでしょう。気になるところがあれば、外壁塗装業者に相談するのが1番です。

3.目黒区にはどんな外壁塗装業者があるか?

ここでは、目黒区における外壁塗装業者をいくつか紹介します。

3-1.ペイントホームズ杉並店

全国100店舗のスケールで屋根・外壁塗装を行っているペイントホームズの杉並店です。ペイントホームズでは全国展開の強みを生かし、高品質塗装が低価格で行えます。施工実績は12,000件という経験豊富な職人やスタッフが対応してくれるため、安心して任せられるでしょう。また、施工後は最長で10年の保証もついています。

3-2.有限会社 足立塗装

外壁塗装だけでなく、防水やリニューアルをメインとした改修・リフォームを行っている業者です。維持保全を考えたリフォームプランと保守管理を徹底しており、専門業者ならではのアドバイスをもらうことができます。神奈川県横浜市を中心に工事をしていますが、目黒区も対応エリアに含まれているので安心して依頼できるでしょう。商業施設・マンション・戸建て住宅など、幅広く対応しているのが大きな特徴です。

3-3.TOSHO株式会社

ハウスメーカー施工経験者が多数在籍している完全自社施工の塗装業者です。見積もりから工事完了まで一貫して自社で担当しているからこそ、中間マージンが発生せず、低コストで外壁塗装が行えます。高品質な塗料を厳選しているほか、工事後になって追加費用が発生することもありません。外壁塗装に詳しい職人が多数在籍しているので、どのような悩みにも親身になって相談にのってくれるでしょう。

3-4.株式会社彩八

目黒区に店舗を構えている株式会社彩八は、完全自社施工の外壁塗装業者です。見積もりから工事まで自社で行っているからこそ、安心して任せることができます。細かいところまで丁寧に対応してくれるスタッフ、外壁塗装の実績がある職人が担当してくれるのはもちろんのこと、長期保証もついているので工事後にトラブルが起きてもすぐに対処してくれるでしょう。

3-5.恒栄建装有限会社

小さな工事から大きな工事まで任せられる恒栄建装有限会社は、自社施工にこだわりを持っている外壁塗装業者です。創業47年、塗装歴33年と、創業からこれまでたくさんの実績を積み重ねています。完全自社施工だからこそ、中間マージンは発生せず、料金のコストカットが可能です。また、強引な勧誘やしつこい営業・訪問販売も一切ありません。依頼者の気持ちを第一に考えている業者なので安心して依頼できます。

3-6.中央塗建 株式会社

実力派の塗装職人が集結している中央塗建 株式会社では、技術とセンスはもちろんのこと、外壁のイメージチェンジに定評があります。おしゃれな外観にしたい方や外観の印象を大きく変えたいと思っている方は、一度無料見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。依頼者1人1人と真剣に向き合い、低価格で質の高い施工をするのが中央塗建 株式会社のモットーです。

4.目黒区で外壁塗装を依頼する際の注意点

ここでは、目黒区で外壁塗装を依頼する際の注意点を解説します。

4-1.複数の業者に無料見積もりを依頼する

前述したように、目黒区にはたくさんの外壁塗装業者が存在しています。どの外壁塗装業者に依頼すればいいのか分からずに悩んでしまいがちですが、複数の業者に無料見積もりを依頼することが大切です。中には、見積書には記載していなかった高額な費用を請求してきたり、工事後にトラブルが起きても対応してくれなかったりするなど不正を働く悪質な業者が存在しています。悪徳業者とトラブルを避けるためには、複数の業者を比較するのが1番です。比較することで、どこがどのような工事に長(た)けているのかなど、具体的な違いが分かりやすくなるでしょう。

4-2.見積書の内容を確認する

外壁塗装業者にすべてを任せてしまいがちですが、見積書の内容は必ず確認してください。どのような工事にいくらかかるのか、使用する塗料はどのようなものでいくらになるのかなど、見積書には外壁塗装の詳細が記載されています。後でトラブルにならないためにも、疑問点や不明点はしっかりと尋ねることも大切です。見積書の内容が大ざっぱになっていたり、質問をしても答えてくれなかったりする業者には注意してください。

4-3.外壁塗装業者選びのポイント

どの外壁塗装業者に依頼すればいいのか分からない方は、下記のポイントに注目して選んでみてください。

  • 外壁塗装の実績があるか
  • 施工事例がホームページ等に掲載されているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料見積もりや無料相談を受け付けているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • どのような質問でも分かりやすく答えてくれるか
  • 口コミや評判がいいか

悪質な業者でよくあるのが、訪問販売です。ある日突然やってきては「外壁塗装をしたほうがいい」など塗装をすすめてくる訪問業者は、悪徳業者の可能性が高いので注意したほうがいいでしょう。訪問営業をする外壁塗装業者は、それだけ客足が遠のいている証拠です。また、大幅な値引きをしてくるのも悪徳業者でよくある手口ですので注意してください。

4-4.目黒区の外壁塗装ならオフィスチャンプへ

東京と大阪を中心に外壁リフォーム工事をしているオフィスチャンプでは、足場をかけない外壁リフォームを手がけています。外壁リフォームでは足場をかけるのが一般的でしたが、足場の設置と撤去にはそれなりに費用がかかりがちです。オフィスチャンプでは他社が認めざるを得ない難関外壁リフォームをこなす圧倒的技術力があるからこそ、足場をかけずに外壁リフォームができます。できるだけ、外壁塗装の費用を抑えたい方や塗装でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

5.外壁塗装に関してよくある質問

外壁塗装に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.外壁の劣化を早期解決するメリットは?
A.劣化の進行をそこで止めることができるのは、早期解決の大きなメリットといえるでしょう。劣化を放置するほど、劣化が起きていない箇所まで悪影響を受ける恐れがあります。また、早い段階で劣化症状に気づけば、作業範囲がわずかで済みますし、補修費用も最小限に抑えることができるでしょう。

Q.外壁塗装の費用はいくらぐらいか?
A.外壁塗装費用の目安を以下にまとめたので、ぜひ参考にしてください。

  • 20坪:約40万~90万円
  • 30坪:約60万~100万円
  • 40坪:約80万~130万円
  • 50坪:約90万~160万円
  • 60坪:約120万~200万円

劣化状態や塗料の種類などによっても費用は大きく異なります。具体的な費用が知りたい方は、複数の業者に無料見積もりを依頼してみてください。

Q.外壁塗装で気をつけておきたいことは?
A.外壁塗装は手抜きしやすいといわれるほど、悪質な業者が存在しているので注意が必要です。「自分じゃ分からないから」と外壁塗装業者に任せきりにしてはいけません。知らないところは尋ねたり、気になるところは納得できるまで質問したりすることが大切です。分からないまま依頼すると、後でトラブルになる恐れがあります。

Q.実際の塗装現場を確認させてもらえるのか?
A.外壁塗装業者の中には、今施工中の塗装現場を見学させてもらえるところがあります。まずは、見学させてもらえるか尋ねてみてください。実際の塗装現場がしっかりと管理されていたり、整理整頓されていたりする際は、マナーや技術がある職人の証拠です。見学する際は、作業現場が散らかっていないか、きちんと整理されているかをチェックしておきましょう。

Q.塗装業者とトラブルになったときの対処法は?
A.トラブルになった際は、目黒区の消費生活センターに相談してください。直接窓口に赴くこともできますが、電話(03-3711-1140)でも相談が可能です。また、公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターでも相談窓口を設けています。1人で抱え込まずに相談することが大切です。

まとめ

いかがでしたか? 目黒区の気候は温帯に属しているため、1年を通して外壁塗装が可能です。ただし、夏は台風やゲリラ豪雨の影響を受けやすく、冬は雪で作業が中断する恐れがあるため、比較的気候が安定している春と秋に外壁塗装をするといいでしょう。また、目黒区にはたくさんの外壁塗装業者が存在しています。複数の業者を比較した上で、実績がある業者に依頼してください。なお、オフィスチャンプでは無料相談を受け付けています。外壁塗装のでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!