青梅市で外壁塗装を成功させるポイントは? 外壁塗装の注意点も解説!

外壁塗装はその土地の気候・環境に合わせて行うことが大切です。青梅市で外壁塗装を行う場合、どのようなところに注意すればいいのか悩んでいる方は多いでしょう。疑問点や不明点を抱いたまま外壁塗装をすると、失敗してしまう恐れがあります。外壁塗装を成功させるためにも、青梅市の気候的な特徴を把握することが大切です。

また、外壁塗装業者選びも大切なポイントになるでしょう。

そこで、本記事では、青梅市の気候的な特徴や外壁塗装の注意点などを解説します。

  1. 青梅市の気候的な特徴について
  2. 青梅市で外壁塗装をするならいつがいいのか?
  3. 青梅市にはどんな外壁塗装業者があるのか?
  4. 青梅市で外壁塗装を依頼する際の注意点
  5. 外壁塗装に関してよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装のタイミングや外壁塗装業者選びのポイントも分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.青梅市の気候的な特徴について

まずは、青梅市の気候的な特徴をチェックしておきましょう。

1-1.夏は短く、湿度が高い

東京都の青梅市は、夏は短く湿度が高いという特徴があります。内陸部ということもあって、夏場は湿度が高くなると同時に蒸すでしょう。全体的に、晴天よりも曇りの日が多めです。冬は冷え込みが厳しいため、夏は涼しくなると思われがちですが、北西風の影響によって夏も40℃以上になるケースが増えてきました。特に、最近では、温暖化の影響もあり、夏は気温が高くなりがちです。

1-2.冬は降雪が多い

青梅市は山に近い立地から、冬は降雪が多い特徴もあります。降雪は外壁塗装に大きく影響するため、冬場は注意しなければなりません。また、曇りの日が多く、気温がなかなか上がらないのも青梅市の冬ならではです。外壁塗装は塗料を乾かすための時間が必要になるため、冬は塗料が乾きにくく、工期が延びてしまう可能性があります。

2.青梅市で外壁塗装をするならいつがいいのか?

ここでは、青梅市で外壁塗装をするタイミングについて詳しく説明します。

2-1.春と秋が外壁塗装のベストシーズン

青梅市で外壁塗装をする場合は、春と秋がベストシーズンでしょう。前述したように、青梅市の夏は気温が高くなるため、職人に負荷がかかりやすくなります。熱中症対策として、こまめな水分補給が必要となり、休憩時間が増えるたびに工期も延びてしまうでしょう。そして、冬は降雪が多く、乾きにくい日々が続きます。よって、青梅市で外壁塗装をするなら、比較的気候が安定している春と秋がベストというわけです。春と秋は気候が安定しているほか、晴れの日も続きやすいのでスムーズに工事を進めることができるでしょう。

2-2.外壁塗装の目安は10年に1回

どのようなタイミングで外壁塗装を行えばいいのか、悩んでいる方は多いでしょう。一般的な目安としては、10年に1回外壁塗装を行ったほうがいいといわれています。なぜ10年に1回かというと、外壁塗装に使う塗料の耐久年数が10年前後だからです。具体的な耐久年数は塗料によって異なりますが、多くの塗料が10年前後となっています。10年以上が経過した外壁には、少しずつ劣化症状が現れるようになるでしょう。「外壁塗装を1回済ませれば大丈夫」と思われがちですが、外壁塗装は定期的に行うのが基本です。

2-3.外壁の状態で判断する

外壁の状態で外壁塗装のタイミングかどうか判断できます。主に、以下のような症状が現れた際は、外壁塗装をしたほうがいいでしょう。

  • チョーキング現象(外壁に触れると白い粉がつく)
  • 塗膜の剝がれ・膨れ
  • ひび割れ(クラック)
  • 色あせ・変色
  • カビ・コケ・藻の繁殖
  • 雨漏り

上記の中で特に注意してほしいのは、雨漏りとひび割れです。雨漏りが発生している状態は、外壁の内部が傷み、建物の構造自体に悪い影響が及んでいる可能性があります。そのため、なるべく早めに対処しなければなりません。そして、ひび割れが放置するほど、どんどん悪化してしまいます。早めに対処しておけば下地への影響を免れることができるので、ひび割れがひどくならないうちに対処しましょう。

2-4.外壁調査を依頼する

外壁塗装のタイミングを自分で判断できない場合は、外壁調査を業者に依頼する方法があります。見た目は問題が起きていない外壁だとしても、内部が傷んでいるケースもあるでしょう。等に、前回塗装を行ってから10年以上経過している場合、下地まで傷んでいる可能性が高めです。その場合は、まず、専門業者に外壁調査を依頼してください。外壁調査では外壁の表面だけでなく、下地など内部の状況まで調べることができます。

3.青梅市にはどんな外壁塗装業者があるのか?

ここでは、青梅市にある外壁塗装業者をいくつか紹介します。

3-1.リフォームのワイケー

青梅市の外壁塗装専門店です。外壁が劣化している場合、その原因を追及し、再発防止のための施工をします。全面塗装だけでなく、部分的な塗装や修繕などにも対応可能です。また、相談・見積もりから施工まで一貫しているのも、この業者の特徴といえるでしょう。大手の外壁塗装業者は下請け業者に工事を依頼するケースが多いのですが、一貫して対応している業者なら下請け費用がかからないため、低コストで外壁塗装工事ができます。

3-2.ハウスサポート秋川

「ちゃんとした施工で建物を守る」を信念としている外壁塗装専門業者です。全国展開の住宅塗装ネットワークにおいて、3部門で全国1位を獲得しています。実績はもちろんのこと、外壁の状況に合わせた施工をしているのも安心して依頼できる要素といえるでしょう。また、最短30秒で見積もりをしてくれるサービスや、外壁劣化を診断する調査なども行っています。

3-3.YKリフォーム

青梅市で外壁塗装・屋根塗装を行っているYKリフォームは、地域密着型の外壁塗装業者です。地域密着型だからこそ、早急に対処してほしいときでもすぐに駆けつけてくれます。迅速かつ丁寧な対応はもちろんのこと、100%自社施工であるところも大きな特徴です。お問い合わせから完工まで一貫対応しているからこそ、品質の高い仕上がりが可能となっています。

3-4.株式会社 創健社

青梅市を中心に、外壁塗装・防水工事などを行っている業者です。創業から約10年、青梅市で地域密着型としてさまざまな工事を手がけています。お得な料金プランが充実しているほか、外壁屋根診断や雨漏り診断などを行っており、ホームページでは青梅限定のお得情報が掲載されているチラシも公開されているようです。

3-5.株式会社 時代屋

塗装工事を専門に行っている業者です。「値段」と「質」にこだわりを持っており、完全自社施工である点も特徴となります。外壁塗装業者の中には、訪問で営業をしているところもありますが、この時代屋では営業マンを雇っていません。職人だけで運営している塗装店だからこそ、無駄な人件費をカットし、低費用で塗装ができるというわけです。

4.青梅市で外壁塗装を依頼する際の注意点

ここでは、青梅市で外壁塗装を依頼する際の注意点をいくつか紹介します。

4-1.外壁の劣化を放置しない

「まだ大丈夫だろう」と考えて外壁の劣化を放置した結果、どんどん悪化し、外壁塗装や修繕工事に費用がかかってしまったという失敗例があります。外壁に異常が見られた際は、早めに外壁塗装業者へ相談することが大切です。早めに対処しておけば、修繕費用も最小限に抑えられます。外壁が劣化すればするほど、秀善費用は高額になりがちです。後悔しないためにも、少しでも外壁に劣化症状が見られた際は外壁調査を依頼してみてください。

4-2.見積書の内容は必ずチェックする

外壁塗装を依頼する前に、見積書の内容は必ず確認しましょう。見積書には、どのような作業にいくらかかるのか、どの塗料をどのくらい使用するのかなどが詳しく記載されています。見積書の内容が大ざっぱで「一式」などでまとめられている場合は、注意が必要です。不正を働く悪徳業者は、見積書に具体的な数字を記載せず、工事後で高額な費用を請求する傾向があります。悪徳業者とのトラブルを防ぐためにも、見積書の内容は要チェックです。そして、気になるところや不明点があれば、すぐに尋ねましょう。

4-3.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

外壁塗装業者選びのポイントとして、スタッフの対応が丁寧かつスピーディーか注目してください。スタッフの対応が悪い・返事が遅い業者は、悪徳業者の可能性があります。外壁塗装は職人の腕によって仕上がりが左右されるところがあるため、安心して依頼するためにもスタッフの対応は注目すべきポイントといえるでしょう。どのような質問にも分かりやすく丁寧に答えてくれる業者は、安心して依頼できます。

4-4.外壁塗装ならオフィスチャンプへ

どの外壁塗装業者に依頼すべきか悩んでいる方は、ぜひオフィスチャンプにご相談ください。東京と大阪を中心に外壁工事をしているオフィスチャンプでは、無足場工法を採用しています。無足場工法とは、足場をかけない工事のことです。一般的に、外壁塗装を行う際は足場をかけることになりますが、実はこの足場の設置と撤去にかかる費用は全体のおよそ3分の1といわれています。足場をかけない無足場工法を用いれば、無駄なコストがカットでき、手間と時間もかからないのでスピーディーです。無料相談も受け付けていますので、外壁塗装でお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

5.外壁塗装に関してよくある質問

外壁塗装に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.外壁塗装の必要性は?
A.定期的に外壁塗装を施すことで、外観の美しさが保たれ、建物自体の耐久性もアップします。逆に、外壁塗装を怠れば、雨漏りが発生したり、シロアリなどの害虫が侵入したりすることになるでしょう。外壁塗装は外観を美しくするだけでなく、建物の耐久性を高め寿命を延ばすために必要不可欠な工事です。快適な生活を送るためにも、定期的に外壁塗装を行いましょう。

Q.外壁塗装の種類と特徴は?
A.外壁塗装の主な種類と特徴は以下のとおりです。

  • アクリル塗料:耐久性が低いため、ほかの塗料よりも頻繁に塗り替えなければならない。塗り替え費用は安いが、トータルコストで考えると割高
  • ウレタン塗料:独特の光沢が特徴で、アクリル塗料よりも長持ち
  • シリコン塗料:一般的に広く普及されている塗料で、コストパフォーマンスに優れている。製品数が多いのも大きな特徴
  • フッ素塗料:耐久性・防汚性・耐熱性に優れている。汚れや水を弾くことはできるが、塗り替え費用が高い
  • ピュアアクリル塗料:耐久性・防水性・遮熱性を持っている。伸縮性が高く、ひび割れが起きても水の浸入が防げる
  • 無機塗料:主成分が無機物の塗料。耐久性が高く、カビや藻が発生しにくい

Q.外壁塗装の色選びで失敗しないコツは?
A.建物周辺と併せて、その雰囲気に合った色を選ぶことです。たとえば、緑が多い土地の中に、1軒だけ色が奇抜な家があると変に目立ってしまいます。周囲の雰囲気と合っている色を選ぶのはもちろんのこと、色見本やサンプルだけでなく、実際に施工された家を見学してください。また、インターネットで気軽にできるカラーシミュレーションを試してみるといいでしょう。

Q.外壁塗装はいくらぐらいかかるのか?
A.塗装範囲や塗料の種類などで異なりますが、だいたいの目安は約80万円~です。外壁塗装だけでなく、屋根塗装も行うと100万円以上はかかるでしょう。なお、外壁塗装の内訳には、塗料代・足場代・人件費などが含まれています。それぞれいくらぐらいになるのか、見積書でしっかりと確認しておきましょう。

Q.外壁塗装費用を抑えるコツは?
A.できるだけ、早めに外壁塗装を行うことです。前述したように、外壁塗装の目安は10年に1回なので、定期的に行うように心がけましょう。定期的に外壁塗装を行えば、劣化症状も未然に防げるので費用を最小限に抑えられます。また、外壁塗装業者に相談することも大切です。実績のある業者なら、ベストなプランを提案してくれるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 青梅市の気候的な特徴として、夏は暑く、冬は降雪が多い傾向があります。そのため、外壁塗装に最適な時期は春または秋でしょう。また、適切な外壁塗装をスムーズに行うためには、外壁塗装業者選びも大切なポイントです。できるだけ、塗装実績のある外壁業者に依頼してください。なお、東京と大阪を中心に外壁工事をしているオフィスチャンプでは、無料相談を受け付けています。青梅市の外壁塗装でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!