外壁に使うシーリング材の種類とは?使い方とともにご紹介します。

1.シーリング材とは?

シーリング材とは、住宅やビルの防水性や気密性を高めるために、外壁や窓枠の隙間に使われる建築材料です。
ご自宅の外壁がサイディングやタイルという方は、一度継ぎ目をご覧になってください。
ゴムのようなもので隙間がふさがれているでしょう。
これが、シーリング材です。
また、窓の継ぎ目などにも使われています。もともと建築資材というのは、必ず継ぎ目があるもの。
かつては、そこから隙間風や雨がふりそそいで劣化の原因になりました。
そこで、シーリング材で隙間を埋めることで雨風の侵入を防ぎ、気密性を高めて屋内の適温になった空気が外に流れないようにしているのです。

2.シーリング材の種類にはどのようなものがあるの?

シーリング材には、変形シリコン型やウレタン型、油性型などの種類があります。
また、ふたつの薬剤を混ぜ合わせるものもあるでしょう。
シーリング材は、外壁だけでなく家の至る所に使われています。
家の接着剤といえばイメージもわきやすいでしょう。
シーリング材には、それぞれの特徴があります。
ですから、使う場所に合ったシーリング材を使いましょう。
ホームセンターに行けばたくさんのシーリング材が売られていますが、必ず商品説明のところに、使用に適した場所や用途などがかかれています。
ですから、それに従って使えば問題はないでしょう。

3.シーリング材の用途や使い方とは?

では、ホームセンターなどに売られているシーリング材にはどのような用途があるのでしょうか?
この項では、使い方ともにご紹介します。

3-1.シーリング材の用途とは?

シーリング材は、外壁材そのものよりも早く劣化します。
築年数がたった家をよく見てみると、シーリング材に細かなひびが入って硬化しているのが分かるでしょう。
シーリング材が劣化すると、そこから雨風が侵入して外壁そのものが劣化します。
また、断熱性も低下するので、冷暖房費が余計にかかるようになるかもしれません。
シーリング材の劣化は外壁全体で一度に起こるわけではないのです。
たとえば、日当たりのよい場所だけ紫外線が原因で劣化が早くなったりすることは珍しくありません。
そこで、劣化した部分にシーリング材を注入し直してあげることで、補修ができるのです。

3-2.シーリング材の使い方とは?

シーリング材の使い方は接着剤とよく似ています。
劣化した部分のほこりをよくぬぐって、そこに注入してあげればよいのです。
ほこりやごみなどが残っていると、シーリング材の性能が落ちます。
特に、外壁はほこりやごみがつきやすい場所ですから、きれいにしてから塗り直しましょう。
また、シーリング材は固まるまでに時間がかかります。
ですから、ほかの場所にたれたりしないように、養生テープなどを使用しましょう。
さらに、うっかり手をついたり寄りかかったりしないように囲いなどを作っても効果的です。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!