外壁メンテナンスの時期を知る! モルタル外壁のメリット・デメリット

モルタル外壁は、日本の一戸建て住宅で非常に一般的に使用している外壁材です。

外壁は種類を問わず定期的なメンテナンスが必要になります。

メンテナンスの目安は、外壁の種類や外壁の状態などによって知ることができるのです。

ここでは、モルタル外壁のメンテナンスの目安やメリット・デメリットについて、詳しくご紹介します。

目次

  1. モルタル外壁の種類とは?
  2. モルタル外壁の特徴
  3. モルタル外壁のメンテナンス方法
  4. まとめ

1.モルタル外壁の種類とは?

1-1. モルタル外壁の構造

モルタル壁は“ラス網”などの下地にモルタルを塗って形成する外壁です。

モルタルは、砂とセメントを混ぜた建築材で“レンガやブロックの目地”として使います。

コンクリートにも似ているのですが、コンクリートは砂とセメントに加えて砂利を混ぜた建材です。

日本の一戸建て住宅では非常に一般的で身近な外壁材といえるでしょう。

モルタル外壁は、近年左官職人の減少やコスト面からサイディングによる外壁が一般的になりつつあります。

1-2. モルタル外壁の特徴

モルタル外壁の特徴についてご紹介しましょう。

【モルタル外壁のひび割れは当たり前?】

モルタル外壁は“ひび割れ”を起こしやすい外壁材です。

これは、住宅は熱や湿気による伸縮によるもので、モルタル外壁では避けることのできない症状といえるでしょう。

モルタル外壁のひび割れはクラックといい“構造的なクラック”と“構造上問題のないクラック”に分けることができます。

それぞれの特徴についてご紹介しましょう。

・構造クラック

構造上問題のあるクラックは地震や地盤沈下などが原因であらわれます。

柱の位置や窓・扉など付近に起きやすいクラックで、“クラックが大きく深い”のが特徴です。

・構造上問題のないクラック

モルタルが乾燥し収縮する際のクラックは構造上問題のないクラックの代表です。

経年劣化によるヘアクラックなども構造上問題のないクラックといえるでしょう。

構造上問題のないクラックであれば、再塗装・シーリングの充填(じゅうてん)によって改善することができます。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!