外壁リフォームの補助金制度とは? 対象になる工事や申請方法も紹介

「外壁リフォームをしたいが費用の面で迷っている」「補助金をもらうことはできないのか?」と悩んでいる人は多いでしょう。外壁リフォームには高額なお金がかかるため、国の補助がもらえると大変助かりますよね。実は、外壁リフォームが補助金対象になることもあるのです。この記事では、外壁リフォームの補助金制度について詳しくご紹介しましょう。

  1. 外壁リフォームで補助金は受けられるのか?
  2. 外壁リフォームの補助金制度について
  3. 外壁リフォームの補助金申請手続き
  4. 外壁リフォーム業者の選び方
  5. 外壁リフォームの補助金に関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁リフォームの補助金制度について、対象となるリフォームや申請方法などが詳しくわかるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.外壁リフォームで補助金は受けられるのか?

まずは、外壁リフォームの補助金についてご紹介しましょう。

1-1.内容によっては補助金・助成金制度がある

外壁リフォームもその内容によっては、補助金や助成金制度を利用することが可能です。遮熱塗料や断熱塗料などを使用する場合などに、補助金や助成金の対象となります。

1-2.そもそも、リフォームの補助金や助成金とは?

補助金や助成金とは、国や自治体が定める住宅支援制度の一つです。補助金や助成金がもらえるのは新築住宅の購入時だけなく、耐震や省エネ・バリアフリーなどのリフォームも対象になります。

1-3.補助金を受けるには審査がある

助成金は特定の塗料を使用すれば誰でも受けることができますが、補助金には審査があり、合格すると受給できます。審査の条件は意外と厳しいため、事前にしっかり内容を把握しておきましょう。

2.外壁リフォームの補助金制度について

補助金制度について、具体例や利用する条件などをまとめました。

2-1.自治体によって異なるガイドライン

補助金制度を利用できる条件や支給額などは、自治体によってルールが定められています。自分が住んでいる地域ではどうなっているのか、必ず事前に確認しておいてください。

2-2.各自治体の具体例を紹介

実際にどのような外壁リフォーム工事に対して、いくらの補助金が受けられるのでしょうか。多くの自治体では、高遮熱塗装や高断熱塗装を行った場合に補助金の対象になっているのが現状です。たとえば、東京都港区では高反射塗料などの材料費として30万円の補助金、栃木県宇都宮市では10万円を限度とした補助金が支給された例があります。

2-3.申請の条件とは?

補助金制度を利用するには、いくつか条件があります。ただし、条件の内容は自治体によって異なるため、自分の住んでいる地域ではどのような決まりがあるのか確認しておきましょう。一般的に、申請において知っておくべきことには以下のようなものがあります。

  • 施工前に申請すること
  • 申請する自治体内に住宅があること
  • 同じ業者が行った工事の費用だけが対象になる
  • 申請に図面などの提出が必要な自治体もある
  • 税金を滞納していると受けられない

2-4.依頼する業者にも条件がある場合も

自治体によっては、実際に施工する業者に対しても条件を定めているところもあります。たとえば、申請する自治体に本店があること・補助金を受けられる組合に所属していることなど、条件を満たすことで補助金制度を利用できる場合もあるため、必ず確認しておきましょう。

3.外壁リフォームの補助金申請手続き

補助金を申請するにあたって、手続き方法や事前のチェックリストなどをまとめました。

3-1.補助金制度について調べるには?

補助金制度については、リフォーム業者や市役所の窓口などで確認する方法があります。そのほかにも、こちらのサイトを参考にするとよいでしょう。自治体が実施する住宅リフォーム支援制度について、市区町村ごとに検索できます。

3-2.申請の流れ

補助金申請手続きの流れは、以下のようになります。自治体によって多少の違いはあるため、事前に確認しておきましょう。

  1. 住んでいる地域の自治体に申請する
  2. 申請書が交付されるため、必要事項を記入して送付する
  3. 決定通知と報告書が届く
  4. 工事開始
  5. 工事完了後、自治体に報告書を提出する
  6. 自治体から補助金交付確定通知が届く
  7. 補助金が支払われる

3-3.申請前にチェックしておくこと

補助金を申請する前にチェックしておくべきことをまとめました。

  • 申請に住宅の平面図や見取り図などが必要な場合は、用意したか
  • 税金を滞納していないか
  • 施工を依頼する業者に補助金の対応経験があるか
  • 複数申請をしていないか

3-4.火災保険が使える場合もある

豪雨や台風・落雷などの自然災害が原因で外壁のリフォームが必要な場合は、火災保険を使って無料でリフォームできる可能性があります。補助金を申請する前に、火災保険の対象にならないか確認しておきましょう。

4.外壁リフォーム業者の選び方

外壁のリフォーム工事を依頼する業者は、以下のポイントを参考にして選ぶとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりや無料相談を受け付けているか
  • 技術力と提案力が十分にあるか
  • 丁寧でスピーディーな対応か
  • 補助金の申請が可能か

5.外壁リフォームの補助金に関するよくある質問

「外壁リフォームをするにあたって補助金について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.外壁塗装は何年ごとにするのが一般的でしょうか?
A.使用している塗料の種類にもよりますが、一般的には10年前後で塗り替えを検討するケースが多くなっています。

Q.補助金申請は早めに行ったほうがよいですか?
A.補助金申請は受付期間が限られていることが多いため、早めに申し込むことをおすすめします。

Q.補助金を使わない場合、一軒家の外壁塗装にはいくらぐらいかかるのでしょうか?
A.費用相場は40~150万円といわれています。住宅の大きさや劣化具合・塗料の種類によっても大きく変動するため、少しでも費用を削減する方法を考えることも大切です。「オフィスチャンプ」では無足場工法を採用しており、足場代を削減することができます。ぜひチェックしてみてください。

Q.補助金制度のない自治体もありますか?
A.はい。制度がない自治体もあるため、事前の確認が必要です。

Q.悪質なリフォーム業者にはどのような特徴がありますか?
A.不安をあおってリフォームをすすめてくる業者や、見積書の内容に不明確な項目が多い業者などには注意が必要です。また、質問に対して的確な答えが返ってこない・スタッフの態度や言葉遣いが悪いといった業者も利用しないほうがよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 外壁リフォームの補助金について詳しくご紹介しました。外壁リフォームには多額の費用がかかるため、補助金や助成金を利用できると大変お得です。どのようなリフォーム工事が対象になるのか、申請するにはどうしたらよいのかなど、ぜひこの記事を参考にしてください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!