外壁塗装で補助金・助成金を受けたい! 種類・手続きを詳しく!

そろそろ外壁を塗り替えたいのなら、補助金や助成金が受けられるか調べてください。条件に合えば、費用の何割かを負担してもらえるのでお得です。しかし、どんな補助金がどんな条件を満たすともらえるのか、よく分からないことでしょう。そこで、今回は、外壁塗装でもらえる補助金や助成金について、詳しく解説します。

  1. 外壁塗装で補助金は受けられるか?
  2. 外壁塗装の補助金制度
  3. 外壁塗装の補助金申請の手続き
  4. 外壁塗装業者の選び方
  5. 外壁塗装の補助金に関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装の補助金について詳しく分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.外壁塗装で補助金は受けられるか?

最初に、外壁塗装でえ補助金が受けられるのかについて解説します。

1-1.外壁塗装の補助金・助成金制度とは?

外壁塗装を行うときに、自治体から工事費用をサポートしてもらえることがあります。補助金や助成金制度を設けることによって、環境にやさしい外壁塗装を推進することが目的です。ただし、断熱塗料や光触媒(しょくばい)塗料など指定の塗料を使うことを条件としています。また、補助金・助成金ともに所定の手続きを行う必要があるので、事前に調べて申請することが必要です。

1-2.助成金とは?

助成金は、自治体の居住区内に住んでいて条件を満たしていれば誰でも受けられます。また、返済の義務がありません。補助金と比べるともらえる金額が低い傾向があります。しかし、気軽にもらえることが大きなメリットです。

1-3.補助金とは?

補助金は、条件を満たすことのほか、受給時に所定の審査を受ける必要があります。そのため、希望しても審査にとおらず受けられない場合もあるので注意しましょう。助成金と同様、返済の義務はありません。

1-4.補助金申請は早めに申請を

外壁塗装の補助金の申請は、工事前に行いましょう。補助金や助成金は、受付期間が限られていることが多く、あっという間に枠が埋まってしまうことがあります。また、補助金の場合は、審査にとおることが前提となるため、早めに申し込むことが重要です。

2.外壁塗装の補助金制度

外壁塗装の補助金制度について、各自治体のガイドラインや具体例など詳しく解説します。

2-1.自治体によってガイドラインが異なる

外壁塗装の補助金制度は、各自治体によってガイドラインが異なります。申請前に、どんな条件を満たすと受けることができるのか、きちんと調べておきましょう。また、不明な点があるときは、自己解釈せずに質問して解決しておいてください。

2-2.各自治体の具体例を紹介

外壁塗装で受けられる補助金制度について、具体例をご紹介しましょう。

このほかにも、多数の自治体で補助金制度を実施しています。ただし、居住区の自治体で必ずしも実施しているとは限らないので注意しましょう。

3.外壁塗装の補助金申請の手続き

外壁塗装の補助金申請について、調べ方や申請方法など詳しく解説します。

3-1.補助金制度の存在はどこで調べる?

補助金制度の存在を調べるには、以下のサイトを利用すると便利です。居住区の自治体で補助金を受けられるかどうか・内容や条件はどうかなど、分かりやすいのでぜひ利用してみてください。

3-2.補助金の申請の流れ

補助金を受けるためには、以下のような流れで申請することになります。

  1. 居住区の自治体に補助金を申請する
  2. 申請書の交付を受け、必要事項を記入して送付する
  3. 自治体より補助金交付決定通知と報告書が届く
  4. 工事完了後に自治体へ報告書を提出する
  5. 自治体から補助金交付確定通知が届く
  6. 自治体から補助金の支払いを受けて終了

なお、「着工前の写真」「塗装作業中の写真」「塗装完了後の写真」が必要になることもあるため、業者に依頼して撮影してもらいましょう。補助金申請に詳しい業者なら、細かく指示しなくても撮影してもらえるので安心です。

3-3.申請前のチェックリストや注意点

外壁塗装の補助金を申請する前には、以下をチェックしておきましょう。条件に満たない場合は、申請できない・申請しても却下される場合があります。

  • 住宅の平面図や見取り図など必要な書類を用意したか
  • 税金の滞納はないか
  • ほかに申請済みの補助金・助成金制度がないか(複数申請は不可)
  • 助成金や補助金の対応経験のある業者か

3-4.火災保険が使えるかチェックしよう

条件によっては、火災保険を使って外壁塗装を行うことができる場合もあります。まずは、加入している火災保険の規約をチェックしてみましょう。火災に限らず、風水害・地震による損傷・水もれなどによる破損などにも対応していることがあります。該当すると判断したときは、火災保険会社に連絡して審査を受けましょう。なお、単なる経年によるに劣化については補償されないので注意してください。

4.外壁塗装業者の選び方

補助金を利用して外壁塗装を行うためには、業者の協力も必要です。具体的にどんなポイントを重視すべきか解説します。

4-1.補助金の申請が可能かどうか

補助金の申請を前提に外壁塗装を行うときは、申請可能な業者かきちんとチェックしておきましょう。業者選びでは、以下の条件を満たすか確認してください。

  • 補助金を申請する自治体に本社または本拠を持つ法人・個人事業主
  • 自社施工で外壁塗装工事を行っている
  • 申請時に必要な書類を用意できる
  • 外壁塗装工事の補助金申請の実績がある

4-2.オフィスチャンプでは無足場工法で工費を節約

補助金をもらって外壁塗装をするにしても、工事費用を安く抑えることに越したことはありません。なぜなら、補助金だけでは工事費用全額をカバーできないからです。補助金を利用して安く外壁塗装しようと思っていたのに、実際の費用が思いのほか高くて予算をオーバーしてしまったという例もあります。たとえば、当オフィスチャンプでは無足場工法を採用することで工費の節約を可能にしているのが特徴です。高品質でリーズナブルな外壁塗装を行っていますので、ぜひご検討ください。

5.外壁塗装の補助金に関するよくある質問

最後に、外壁塗装の補助金に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認し、参考にしてください。

Q.外壁塗装工事が完了していると申請できないのですか?
A.工事完了後であっても申請ができる場合もあります。まずは、補助金申請の条件を確認してみましょう。しかし、多くの場合で着工前の審査が必要となっているのが現状です。また、必要書類がそろわないことを理由に申請できないこともあるので注意してください。

Q.補助金の入金タイミングは?
A.工事が完了し報告書を自治体に提出してから、1~2か月程度です。そのため、業者への工事費用支払いについては全額自費で建て替えておく必要があります。業者への支払いと補助金入金のタイムラグを考慮して資金計画を立てましょう。

Q.外壁塗装の補助金申請を業者に依頼することはできる?
A.業者によっては、申請手続きを代行してもらえることがあるので確認してください。特に忙しい人や、手続きがよく分からない人には重宝することでしょう。ただし、申請代行費用として数万円程度の手数料がかかる場合があります。

Q.支給金額内で外壁塗装をすることはできる?
A.外壁塗装の補助金は、費用の一部を支給する制度です。従って、工事費用を全額支給してもらうことはできません。また、工事完了後の支給となるため、支給金額内で外壁塗装をするのは物理的にも不可能です。

Q.補助金の使い道を報告する義務はある?
A.ありません。受給条件を満たすことが認定されて支払われたものであっても、受け取った後の使い道については自由です。領収書などを提出する義務もないので安心してください。

まとめ

今回は、外壁塗装の補助金や助成金について詳しく解説しました。外壁塗装を行うときに条件を満たせば、補助金や助成金を受けることができます。まずは、受けることができるかどうか調べてみるといいでしょう。助成金の申し込みは締め切り前に打ち切りとなることも多いので、早めに手続きをすることがコツです。外壁塗装業者の中でも、助成金に詳しいところに相談しながら進めると間違いありません。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!