荒川区で外壁塗装をするならいつがいい? 塗装業者選びのポイントも紹介

荒川区で外壁塗装を行う際、どのようなタイミングで行えばいいのか、外壁塗装をするならいつがいいのかと悩んでしまいがちです。外壁塗装は天候に左右される作業なので、地域の気候的な特徴を把握する必要があります。また、注意点をしっかりと把握しておけば、スピーディーかつ的確な外壁塗装ができるでしょう。

そこで、本記事では、荒川区で外壁塗装を行うポイントや注意点などを解説します。

  1. 荒川区の特徴的な気候について
  2. 荒川区で外壁塗装をするならいつがいい?
  3. 荒川区にはどんな外壁塗装業者がある?
  4. 荒川区で外壁塗装を依頼する際の注意点
  5. 外壁塗装に関してよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装業者選びのコツも分かります。荒川区で外壁塗装を考えている方はぜひ参考にしてください。

1.荒川区の特徴的な気候について

まずは、荒川区の特徴な気候をチェックしておきましょう。

1-1.都市型気候

荒川区を含めた東京は、都市型の気候といわれています。年平均気温は約15℃、年降雨量は都市部で1,500mm前後です。夏は高温多湿で、冬は北西の季節風が強く、乾燥した晴天の日が続くでしょう。そのため、比較的、冬でも外壁塗料は乾きやすい傾向があります。また、現在はコンクリートやアスファルトにおおわれる都市化が進行しており、ヒートアイランド現象が年間を通してみられるのが特徴です。特に、気温が高くなる夏場は最低気温が25℃以下にならない熱帯夜が続きます。

1-2.大都市ならではのゲリラ豪雨

近年、温暖化の影響によって、大都市・東京ではゲリラ豪雨の発生頻度が増加しています。ゲリラ豪雨とは、局地的に短時間で降る豪雨のことで、突発的かつ散発的に発生するのが特徴です。そのため、事前に予測するのが困難だといわれています。ゲリラ豪雨の発生原因となる積乱雲は、急な大雨だけでなく、雷・竜巻・ひょうなど激しい気象現象が起きることもあるのです。ゲリラ豪雨は予測できないからこそ、突然の大雨などで外壁塗装がストップしてしまうこともあります。

2.荒川区で外壁塗装をするならいつがいい?

ここでは、荒川区で外壁塗装をする時期やタイミングを解説します。

2-1.外壁塗装のベストシーズンは春と秋

荒川区に限らず、外壁塗装のベストシーズンは春と秋だといわれています。春と秋は気温・湿度ともに安定しており、スムーズに外壁塗装が行えるからです。一般的に、外壁塗装は気温5℃以下、湿度85%以上の条件を満たしていれば問題ないので、1年中工事はできます。けれども、夏場は台風やゲリラ豪雨でスケジュールが遅れてしまったり、冬場は凍結・除雪の恐れがあったりするので春と秋よりも外壁塗装には不向きです。スムーズに外壁塗装を行うのなら、春と秋を目安に工事計画を立てたほうがいいでしょう。

2-2.梅雨時期は避けたほうがいい!?

外壁塗装は、塗料が完全に乾かなければ次の作業に進むことができません。そのため、雨の日が続きやすい梅雨時期は、塗料が乾きにくく、工期が延びてしまいがちです。ほとんどの人が梅雨時期を避けるので、外壁塗装業者の予約が取りやすい・費用が安くなるメリットはあります。塗料の乾きが悪くなると仕上がりにも影響する恐れがあるため、十分に考慮しなければなりません。それでも、費用を節約したいなら、梅雨時期に外壁塗装を行うのも選択肢の1つです。

2-3.外壁塗装のタイミングは10年ごとに1回

「どのようなタイミングで外壁塗装を行えばいいのか」と、外壁塗装のタイミングで悩んでいる方は多いと思います。一般的に、外壁塗装のタイミングは10年ごとに1回です。外壁塗装に使われる塗料の多くが、耐久年数10年になっているのが主な理由でしょう。塗料の耐久年数が経過してしまうと塗膜が剝がれたり、ひび割れが発生したりするなどの不具合が生じやすくなります。定期的に外壁塗装を行うことで、より美しく頑丈な外壁が維持できるのです。

2-4.劣化サインが現れたら外壁塗装を

外壁塗装は10年ごとに1回が目安ですが、劣化サインが見られ始めたら早めに工事をしたほうがいいでしょう。劣化サインを放置すればするほど、どんどん悪化してしまい、大掛かりな工事になったり費用が割高になったりしてしまうからです。主に、以下のような劣化サインが現れたら、外壁塗装のタイミングだと思ってください。

チョーキング現象(外壁に触れると白い粉がつく現象)
塗膜の剝がれ・浮き
ひび割れ(クラック)
コケ・カビ・藻の大量発生
色あせ

特に、0.3mm以上のひび割れが発生した場合、早めの対応が必要です。ひび割れはすぐに進行してしまい、雨漏りを引き起こす原因になってしまいます。ひび割れがひどくならないうちに対処しておけば、比較的簡単な補修で済むでしょう。

荒川区の外壁塗装
ご相談はこちら

3.荒川区にはどんな外壁塗装業者がある?

ここでは、荒川区の外壁塗装業者をいくつか紹介します。

3-1.株式会社 はなぶさ工務店

住宅の各種リフォーム工事・外装工事などを行っている地域密着型の工務店です。定額プランを用意しているのが特徴で、安心の自社施工となっています。不安な点や疑問点があれば、直接職人に尋ねることができるため、問題点もスピーディーに解決できるでしょう。また、外壁塗装・防水工事においては、下地の最適化も心がけおり、長持ちさせることを意識しています。

3-2.株式会社弘明ハウジング

依頼者の予算に合わせて、ベストなリフォームプランを立ててくれる建築会社です。リフォーム工事全般に対応しているほか、外装工事も安心して任せることができるでしょう。また、外壁工事は5~10年の保証を整えているなど、アフターサービスにも充実しています。

3-3.インテック日塗株式会社

新築工事・改修工事・防水工事などにしっかり対応している外壁工事業者です。塗装に関する悩みを親身になって解決し、状況や環境に合わせて適切な施工方法を提案します。どのようなことでも相談にのってくれる安心感が、大きな特徴といえるでしょう。また、特殊技術をも取り入れており、取り扱っている塗料の種類も豊富です。

3-4.株式会社柏屋建装

総合建築工事の経験と知識を持って工事をするため、中間マージンが発生しません。低価格で高耐久性を重視した施工を心がけています。依頼者のニーズにしっかりと対応するのはもちろんのこと、どうすればベストな仕上がりになるのか考え、塗料技術も取り入れているのが特徴です。外壁塗装だけでなく、防水工事・エクステリア工事・サッシ工事にも対応しています。

3-5.有限会社都築塗装工芸社

国土交通省が進める制度で、優良リフォーム会員になっている業者です。そのため、安心して外壁塗装を任せることができるでしょう。工事前に、依頼者と入念に打ち合わせを行い、しっかりと納得してもらってから施工に取りかかります。工事のアフターケアやフォロー体制も整っているため、工事後にハプニングが起きてもすぐに対応してもらえるでしょう。

3-6.株式会社井原塗装

一般住宅の外壁塗装だけでなく、各種メンテナンス・修理・ビル改修工事など幅広い分野に対応している塗装業者です。外装工事に必要な資格を持っているプロフェッショナル集団が、工事を進めていきます。依頼者とのコミュニケーションを大切にしているため、どのようなことでも気軽に相談できるでしょう。予算の相談にも快く応じてもらえます。

4.荒川区で外壁塗装を依頼する際の注意点

ここでは、荒川区で外壁塗装をする際の注意点を解説します。

4-1.施工実績を確認する

外壁塗装を業者へ依頼する前に、ホームページ等で業者の施工実績をチェックしましょう。これまで、どのような工事を手がけてきたのか、きちんと施工事例を掲載しているのか確認することで施工実績が把握できます。できれば、外壁塗装の実績と経験がある業者に依頼したいものです。外壁塗装の仕上がりは業者の技術力で左右されやすいため、実績のない業者に依頼するとすぐに剝がれたり、不具合が生じたりする恐れがあります。そのようなトラブルにならないためにも、施工実績のある業者に依頼しましょう。

4-2.スタッフの対応が丁寧でスピーディーか

スタッフの対応が悪い業者は、悪徳業者の可能性が高いので注意が必要です。予算はどのくらいか、どのような塗料を使うのかなど、打ち合わせで決めることはたくさんあります。スタッフの対応が悪いと打ち合わせもスムーズに進むことができず、毎回モヤモヤとした気持ちになってしまうでしょう。外壁の仕上がりも中途半端になってしまう恐れがあるため、スタッフの対応は必ずチェックしておきたいポイントです。

4-3.見積書の内容が具体的に記載されているか

外壁業者にすべてをお任せする方はいますが、見積書は必ず自分の目で確認してください。外壁業者の中には、大ざっぱな見積書を提示し、工事後で高額な追加費用を請求してくる悪徳業者があります。見積書の内容が細かく記載されているか、疑問点がある場合きちんと説明してくれるかなど、確認しておかなければトラブルになってしまうでしょう。どのような作業にいくらかかるのか、気になるところは必ず確認してください。

4-4.外壁工事ならオフィスチャンプへ

どの外壁業者に依頼すればいいのか悩んでいる方は、ぜひオフィスチャンプへご相談ください。東京と大阪を中心に外壁工事をしているオフィスチャンプでは、無足場工法を採用しています。無足場工法とは、足場をかけずに外壁工事をする方法です。屋上に特殊な仮設器具を設置することにより、吊(つ)り元を確保します。「安全対策は大丈夫なのか?」と思いますが、安全保護具着用・工具落下防止処置・命綱の使用を徹底して義務付けているのでご安心ください。

荒川区の外壁塗装
ご相談はこちら

5.外壁塗装に関してよくある質問

外壁塗装に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.外壁塗装をスムーズに進めるコツは?
A.外壁塗装にベストな時期を選ぶのはもちろんですが、季節選びよりも重要なのが業者選びです。外壁塗装の実績があり、最後まで責任を持ってくれる優良業者ほど、丁寧かつスピーディーな作業でスムーズに進められるでしょう。きちんと作業の状況を伝えてくれるので、不安になることもありません。

Q.見積書をチェックする際に注目すべき項目は?
A.特に、以下の項目をチェックしてください。

  • 塗装面積が㎡表記になっているか
  • 使用する塗料の缶数が明確になっているか
  • 項目が「一式」の表記になっていないか
  • 塗料のメーカー名や商品名が明記されているか

特に、一式表記になっていないか必ず確認してください。見積書の表記が一式になっている場合、工事後で追加費用を請求される恐れがあります。

Q.外壁塗装にかかる日数は?
A.塗料を乾燥させる期間が必要になるため、一戸建てでも10~14日はかかるでしょう。アパートなら2~3週間程度、マンションやビルとなると大規模工事になるので数か月はかかります。塗装時期の気候によってもスケジュールに大幅な遅れが出る可能性もあるため、工期が気になる方は事前に業者と打ち合わせを重ねておくといいでしょう。

Q.外壁塗装にかかる費用はいくらぐらいか?
A.塗装面積や塗料などによって異なりますが、外壁塗装の費用相場は約60万~90万円といわれています。外壁塗装だけをするか、屋根・付帯・ベランダなど全体的な工事もするのかによって費用が変わるため、事前の確認が必要です。あらかじめ、予算が決まっている場合は、その旨を塗装業者に伝えておくといいでしょう。

Q.外壁塗装業者とよくあるトラブルは?
A.「イメージと仕上がりが違う」「見積書にはない追加費用を請求された」といったトラブルが増えています。イメージと仕上がりで差が生まれてしまうのは、打ち合わせ不足が原因です。きちんと要望を伝えたつもりでも、塗装業者には伝わっていなかった……ということもあります。そのようなことがないように、スタッフの対応にも注目して業者を選ぶことが大切です。

まとめ

いかがでしたか? 荒川区で外壁塗装をするなら、比較的気候が安定している春・秋がいいでしょう。塗料が乾きやすく、スムーズに工事も進められます。納得のいく外壁塗装にするために、ベストな時期を選ぶことは大切ですが、それよりも重要なのが業者選びです。業者の技術力によって仕上がりが左右されるため、なるべく外壁塗装の実績がある業者を選びましょう。なお、オフィスチャンプでは熟練の職人が外壁塗装を行っています。無料相談も受け付けておりますので、外壁塗装でお悩みの方はぜひ一度お問い合わせください。

荒川区の外壁塗装
ご相談はこちら

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!