ビルの外壁塗装がなぜ大事なのか徹底検証!タイミングや注意点とは?

「ビルの外壁塗装をするべきか迷っている」というオーナさまは多いでしょう。外壁は常にさまざまな影響を受け続けています。そのままにしておくと劣化がすすみ、見た目にも悪くなってしまうでしょう。そうなる前に検討しなければならないのが、塗装の塗り替えです。建物自体の寿命を延ばすだけでなく、さまざまなメリットがあるということをご存じでしょうか? オーナーさまにとって、建物の価値を維持することは大切な仕事です。しかし、塗り替えにあたって知っておかなければならないことはたくさんあります。この記事では、ビルの外壁塗装にかんする情報をご紹介しましょう。塗り替えを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。 

  1. ビルの外壁塗装にかんして
  2. ビル外壁塗装のすすめ
  3. ビルと一戸建て、それぞれの外壁塗装
  4. ビルの外壁に使う塗料の種類
  5. ビル外壁塗装工事の流れ
  6. テナントへの告知について
  7. ビル外壁塗装の業者選び
  8. ビルの外壁塗装にかんするよくある質問

この記事を読むことで、ビルの外壁塗装について、どのように行うべきなのかがわかります。建物の価値を維持するためにも、適切な塗装を行いましょう。

1.ビルの外壁塗装にかんして

まずは、外壁塗装の定義や必要性について解説します。

1-1.外壁を守るもの

外壁塗装とは、外壁に塗ってある塗料を塗り替えることです。塗料には耐用年数というものがあり、ある一定の期間を経過すると劣化が目立つようになります。耐用年数は塗料の種類によって異なりますが、劣化が目立つようになってくるころから、塗り替えを検討する必要が出てくるでしょう。もちろん建物の立地条件や気象条件によっても耐用年数は変わってきます。どの程度劣化してきているのかを把握し、適切なタイミングで塗り替えを行いましょう。

1-2.なぜ必要なのか?

塗り替えを行うことで見た目の美しさを維持することも大切でしょう。しかし、もっと大切なのは、建物の寿命を延ばすことです。外壁は常に紫外線や雨風にさらされています。そういったダメージから建物を守るのが、外壁塗装の役割なのです。たとえば、外壁の防水性が失われて建物内に雨水が浸入するとどうなるでしょうか。断熱材が湿気を含み、カビが発生します。そういった2次被害を防ぐためにも、外壁塗装は絶対に必要なのです。特に、マンションやビルのようにたくさんの人が利用する建物において、外壁塗装はオーナーの「修繕義務」と言えるでしょう。

1-3.耐久性について

外壁の寿命を左右するのは、使用する塗料です。外壁に使用される塗料にはいくつか種類があり、それぞれ耐久性が異なります。たとえば、ウレタン樹脂塗料だと耐用年数は7~10年、フッ素樹脂塗料だと15~20年と言われており、その差は歴然です。ビルの外壁を塗り替える際には、どの塗料を使うのが最適なのか、予算と耐用年数をしっかりと把握した上で検討する必要があります。

1-4.最適なタイミングとは?

一般的に、建物の外壁塗装は築10年で劣化すると言われています。そのため、建ててから10年経過したあたりで塗り替えを検討する人が多いでしょう。しかし、もちろん条件によって劣化のスピードは異なります。10年たつ前から劣化が目立ってくる場合もありますし、10年以上たっても問題が見られないケースもあるでしょう。定期的に外壁をチェックし、ひび割れや塗料の剥離などを確認した場合は、塗り替えのタイミングと考えるべきです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!