ビルの外壁塗装がなぜ大事なのか徹底検証!タイミングや注意点とは?

「ビルの外壁塗装をするべきか迷っている」というオーナさまは多いでしょう。外壁は常にさまざまな影響を受け続けています。そのままにしておくと劣化がすすみ、見た目にも悪くなってしまうでしょう。そうなる前に検討しなければならないのが、塗装の塗り替えです。建物自体の寿命を延ばすだけでなく、さまざまなメリットがあるということをご存じでしょうか? オーナーさまにとって、建物の価値を維持することは大切な仕事です。しかし、塗り替えにあたって知っておかなければならないことはたくさんあります。この記事では、ビルの外壁塗装にかんする情報をご紹介しましょう。塗り替えを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。 

  1. ビルの外壁塗装にかんして
  2. ビル外壁塗装のすすめ
  3. ビルと一戸建て、それぞれの外壁塗装
  4. ビルの外壁に使う塗料の種類
  5. ビル外壁塗装工事の流れ
  6. テナントへの告知について
  7. ビル外壁塗装の業者選び
  8. ビルの外壁塗装にかんするよくある質問

この記事を読むことで、ビルの外壁塗装について、どのように行うべきなのかがわかります。建物の価値を維持するためにも、適切な塗装を行いましょう。

1.ビルの外壁塗装にかんして

まずは、外壁塗装の定義や必要性について解説します。

1-1.外壁を守るもの

外壁塗装とは、外壁に塗ってある塗料を塗り替えることです。塗料には耐用年数というものがあり、ある一定の期間を経過すると劣化が目立つようになります。耐用年数は塗料の種類によって異なりますが、劣化が目立つようになってくるころから、塗り替えを検討する必要が出てくるでしょう。もちろん建物の立地条件や気象条件によっても耐用年数は変わってきます。どの程度劣化してきているのかを把握し、適切なタイミングで塗り替えを行いましょう。

1-2.なぜ必要なのか?

塗り替えを行うことで見た目の美しさを維持することも大切でしょう。しかし、もっと大切なのは、建物の寿命を延ばすことです。外壁は常に紫外線や雨風にさらされています。そういったダメージから建物を守るのが、外壁塗装の役割なのです。たとえば、外壁の防水性が失われて建物内に雨水が浸入するとどうなるでしょうか。断熱材が湿気を含み、カビが発生します。そういった2次被害を防ぐためにも、外壁塗装は絶対に必要なのです。特に、マンションやビルのようにたくさんの人が利用する建物において、外壁塗装はオーナーの「修繕義務」と言えるでしょう。

1-3.耐久性について

外壁の寿命を左右するのは、使用する塗料です。外壁に使用される塗料にはいくつか種類があり、それぞれ耐久性が異なります。たとえば、ウレタン樹脂塗料だと耐用年数は7~10年、フッ素樹脂塗料だと15~20年と言われており、その差は歴然です。ビルの外壁を塗り替える際には、どの塗料を使うのが最適なのか、予算と耐用年数をしっかりと把握した上で検討する必要があります。

1-4.最適なタイミングとは?

一般的に、建物の外壁塗装は築10年で劣化すると言われています。そのため、建ててから10年経過したあたりで塗り替えを検討する人が多いでしょう。しかし、もちろん条件によって劣化のスピードは異なります。10年たつ前から劣化が目立ってくる場合もありますし、10年以上たっても問題が見られないケースもあるでしょう。定期的に外壁をチェックし、ひび割れや塗料の剥離などを確認した場合は、塗り替えのタイミングと考えるべきです。

2.ビル外壁塗装のすすめ

タイミングを見極めるためにも、ビル外壁の劣化にはどのようなものがあるのか具体的にご紹介します。

2-1.劣化にはどのようなものがあるのか?

ビルの外壁が劣化してきたサインには、ひび割れや塗料のはがれ、雨漏りなどがあります。このような症状が現れると、外壁だけでなく建物内部にも影響が及ぶ可能性が出てくるでしょう。そのほかにも、落ちない汚れが付着している場合、触れると手に白い粉がつく場合なども、外壁塗装を検討するタイミングと言えます。

2-2.放置するとどうなるのか?

外壁の劣化を放置すると、さまざまな影響が及びます。防水効果が低下することで湿気や雨が建物内に侵入しやすくなり、内部の劣化にもつながるでしょう。外壁の内部が劣化すると建物自体が傾いてしまう可能性も出てくるため、大変危険です。また、ビルは大きな建物であるため、一般住宅より早めに外壁塗装を検討する必要があります。下地が傷んでしまうと補修しなければならないため、費用がより多くかかってしまうのです。そうなる前に手を打つ必要があります。

3.ビルと一戸建て、それぞれの外壁塗装

ビルの外壁塗装は、一戸建ての場合と何が違うのでしょうか。

3-1.ビル外壁塗装の特徴

ビルは一戸建てと違って多くの人が利用する建物であるため、シンプルな塗装になっていることが多いでしょう。もちろん面積が広い分、塗料のコストも考えなければなりません。ただし、見た目がシンプルでも耐久性の高い外壁塗装を施しているビルは、利用者の安全を考えていると言えるでしょう。

3-2.誰が行うのか?

通常、外壁塗装を行っている業者は、建物の規模に関係なく工事を受け付けています。そのため、一戸建ての場合もビルの場合も、同じように塗装業者に依頼することになるでしょう。中には、超高層ビルやマンションなど大規模な建物の塗装を得意としている業者もあります。実績を考え、そのような業者に依頼するのがおすすめです。

3-3.一戸建てとの違い

一戸建ての外壁塗装とは、大きな違いがあります。まず、工期が長くなるという点です。ビルの外壁塗装工事は一戸建てに比べて範囲が広く、より耐久性を高めることを考えなければなりません。個人の意志だけで外壁塗装を行うことはできないのです。そこが、一戸建てとの違いと言えるでしょう。

3-4.費用相場

外壁塗装工事には、塗料の費用以外に作業員の人件費や車両代などがかかります。ビルとなると大がかりな作業であるため、一戸建てとはかかる費用もまったく違うのです。同じ品質でもビルの方が高額な費用がかかるということを覚えておいてください。

3-5.耐用年数

塗料の耐用年数はあくまでも目安ですが、ビルの場合も8~10年で塗り替えを検討する必要があります。もちろん、耐用年数を迎える前に不具合が発生する可能性もあるでしょう。その場合はすぐに塗り替えを行う必要があるため、定期的にメンテナンスを行い、不具合がないか確認しておくことが大切です。

4.ビルの外壁で使う塗料の種類

使用する塗料の種類や費用的効果などをご紹介します。

4-1.ビル外壁の種類とは?

ビルの外壁にはいくつか種類があります。それぞれの特徴をまとめてみました。

  • コンクリート壁:最も強度が強い反面、防水性が低下すると内部に水が染みこみやすい。
  • ALCボード:コンクリートを軽量気泡化したもの。断熱性、耐火性、耐久性にすぐれている。
  • 金属系サイディングボード:スチールやアルミニウムなど。軽くて耐久性が高く、さびにくい。
  • モルタル壁:防火性にすぐれており、強度がある。防水性が低下すると急激に劣化がすすむ。

4-2.使う塗料について

使用される塗料には、いくつか種類があります。範囲が広い分、より耐久性のすぐれたものを選ぶ必要があるでしょう。塗料の特徴や耐用年数だけでなく、色合いや風合いなどもチェックしてください。ビルの外観を大きく左右することになるため、見た目の問題も重要になります。

4-3.塗料の種類

塗料は主に4種類あります。それぞれの特徴を把握しておきましょう。

  • アクリル系塗料:価格の安さと発色のよさがメリット。耐久性に乏しく、塗り替え用として使われる例は少ない。
  • ウレタン系塗料:下地になじみやすいが、汚れがつきやすいというデメリットがある。価格と耐久性のバランスがよい。
  • シリコン系塗料:塗装直後の美観を長期にわたって維持できる。品質に対して価格が手ごろである。
  • フッ素系塗料:耐熱性・防寒性・対候性にすぐれているが、価格が高いため住宅への使用は一般化されていない。

4-4.塗料の種類別、費用対効果について

種類別に塗料の特徴をまとめてみました。

  • アクリル系塗料:耐用年数は4年程度で価格は最も安い
  • ウレタン系塗料:耐用年数は7年程度で価格はアクリル系の次に安い
  • シリコン系塗料:耐用年数は10年以上で価格はウレタン系より高い
  • フッ素系塗料:耐用年数は15年以上で価格は最も高い

価格が安い塗料は耐用年数が短いのが特徴です。できるだけ安く済ませたいならアクリル系などの塗料を使用するべきですが、次回の外壁塗装工事までの期間を考えてみてください。今回は安く済んでも、またすぐに塗り替えをしなければならないのでは意味がないでしょう。長い目で見て、どの塗料が最もコストパフォーマンスにすぐれているのか、じっくりと考えてみるべきです。

4-5.人気の塗料とは?

ビルの外壁塗装に使われる塗料として人気が高いのは、フッ素樹脂塗料です。もともとマンションなど長期的に塗り替えを行わない建物のために作られた塗料であり、光沢感があり、耐光性や耐久性にも非常にすぐれています。ただし、コストの高さがデメリットとして挙げられるため、予算と相談しながら決める必要があるでしょう。

5.ビル外壁塗装工事の流れ

次に、ビルの外壁塗装工事を行う際の流れについてご紹介します。

5-1.工事箇所

ビルの外装塗装を業者に依頼した場合、工事箇所は外壁だけでなく屋根や屋上、ベランダまで及びます。必要な場合は足場を組むことになるため、そのための期間や費用も計算に入れる必要があるでしょう。「オフィスチャンプ」では、足場を使用しない「無足場工法」による外壁塗装を取り入れています。工期の短縮や費用の節約になるため、ぜひチェックしてみてください。

5-2.工事期間の目安

工事期間は、ビルの規模によって変わります。広範囲にわたる作業になるため、1か月~2か月を目安にしておくと間違いないでしょう。もちろん、作業のスピードは天候にも左右されます。思っていた以上に時間がかかることもあるため、工事期間は十分余裕を持って考えておくのがおすすめです。

5-3.工事の流れ

まずは業者に見積もりを依頼すると、現地診断が行われます。見積もりの内容に納得できたら本契約となり、工事着手です。高圧洗浄によりビルの外壁を洗い、養生や下地補修作業を行います。下塗り・中塗り・仕上げ塗りの順で塗装をし、最後に養生はがしと清掃をして完了という流れになるでしょう。

5-4.費用相場

外壁塗装にかかる費用は、使う塗料や塗装業者によって異なります。特に大きな建物の場合は、一戸建てよりも業者ごとの差が大きくなるのです。相場としては、平米単価が3,500~5,000円程度と言われています。

5-5.低価格にするには?

ビルの塗装工事を行う際には、基本的に足場を仮設します。実は、この足場を組み立てる費用が意外と高いことをご存じでしたか? 無足場工法によって作業している業者に依頼することで、全体の費用を大きく節約できます。また、複数の業者に見積もりを依頼し、比較して決めるようにしましょう。そうすることで、より低価格な外壁塗装が可能になります。

5-6.見積もりについて

外壁塗装の見積書には、平米単価のほかに高圧洗浄や足場代など、各項目の費用が記載されています。よくわからない項目がある場合は、必ず業者に確認するようにしてください。不明確な点が多い場合や、質問に対して的確な答えが返ってこない場合は、その業者に依頼しない方がよいでしょう。見積書の内容は、信頼できる業者を見極める上で重要なポイントになります。

6.テナントへの告知について

ビルの外壁塗装を開始する前に、テナントへの告知が必要になります。告知のタイミングや方法などをご紹介しましょう。

6-1.いつ告知するのか?

ビルにはさまざまなテナントが入っているため、外装工事を行う際は事前の告知が必要です。テナントによっては工事の騒音や振動などを営業妨害ととらえ、何らかの対処を必要とする場合もあります。十分に余裕を持って告知しておかなければ、クレームの原因になることもあるでしょう。そのため、最低でも工事開始の10日前には全テナントに告知をしておくことをおすすめします。

6-2.告知の重要性と方法

ビルの外壁工事がテナントに不利益を与える場合も十分にあります。そういったトラブルを最小限に減らすためにも、事前の告知は絶対に必要です。「テナントには関係のないことなので」と考えず、いつからいつまで工事を予定しているのか、なぜ工事が必要なのかをしっかりと伝えておかなければなりません。テナントに告知する方法としては、ビルのロビーなど共有スペースにある掲示板で告知するか、テナント1店舗ずつ回って告知をすることになるでしょう。また、案内状を回覧する方法も手間が短縮できておすすめです。

6-3.そのほか、ビル塗装工事で気をつけるポイント

ビルのテナントにはさまざまな人が働いています。外装工事が入ることに対して、よく思わない人もいるでしょう。特に、工期が長くなるとクレームも増えてしまいがちです。工期についてはしっかりと業者と相談し、長くなる可能性がある場合は、テナントにもその旨をしっかりと伝えておいてください。できるだけ、迅速に動いてくれる業者を選ぶことも大切なポイントになるでしょう。

7.ビル外壁塗装の業者選び

ビルの外壁塗装はどのような業者に依頼するべきなのでしょうか。選び方のポイントや注意点をまとめてみました。

7-1.選び方のポイント

ビルの外壁塗装を行っている業者はたくさんあります。その中でも、良心的な業者を選ぶためのポイントをご紹介しましょう。

  • 実績が豊富である
  • 職人の技術力が高い
  • 見積もりの依頼に対して迅速に対応してくれる
  • 見積書の内容が明確である
  • 希望の納期に合わせてくれる

7-2.アフターフォロー・メンテナンスについて

万が一工事後にトラブルが発生した場合も、迅速に対応してくれる業者を選んでおくことが大切です。アフターフォローの内容についても、しっかりと確認しておいてください。特に、定期的なメンテナンスを行っている業者は安心です。外壁塗装は少しずつ劣化していくため、こまめにチェックしてその都度対応してくれる業者にお任せするようにしましょう。

7-3.注意点

外壁工事には定価というものがなく、相場が一般的に知られていません。そのため、料金をだまし取るような悪徳業者も中には存在しているのです。そのような悪徳業者がよく使う手口を知っておきましょう。

  • 急いで契約しようとする
  • 不安をあおる
  • 常識外の値引きをしてくる

以上のような業者には十分注意してください。

8.ビルの外壁塗装にかんするよくある質問

ビルの外壁塗装を検討している人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

8-1.無足場工法にはどのようなメリットがありますか?

A.足場を組むための期間や費用を抑えるだけでなく、足場を組むスペースがない場合も塗装工事が可能になること、工事知友も日差しや風とおしを遮らないことなどが挙げられます。また、足場を組むと上階まで簡単に行き来できるようになるため、窃盗事件などに注意が必要な状態になるでしょう。無足場工法では、そのような防犯上の不安も軽減できます。

8-2.ビルの外壁塗装を依頼する際、自分で決めなければならない項目にはどのようなものがありますか?

A.外壁の色とテクスチャー、そして、仕上げ用に使用する塗料のランクです。この組み合わせで外壁塗装工事の価格が大体決まります。

8-3.外壁のチョーキング現象とは何ですか?

A.壁を触ったときに白い粉が手に付着することを言います。紫外線や雨風などが原因で塗装の表面が劣化して起こるものです。放置しておくとひび割れやカビの原因になります。

8-4.外壁の汚れは洗浄すれば落ちますか?

A.高圧洗浄機などを利用すれば落ちる場合もあります。しかし、10年ほど経過した汚れはそう簡単に落ちないでしょう。そういった汚れが目立つようになってきたときも、外壁塗装のタイミングと考えてください。

8-5.耐用年数30年の塗料を使用しているという業者があります。信頼して大丈夫でしょうか?

A.業者のオリジナル塗料は耐用年数が参考にならないものもあります。実際に、耐用年数30年と宣伝していても10年以内にはがれてきてしまうケースもあるため、信頼しない方がよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ビルの外壁塗装を行うメリットやタイミング、方法などをまとめてご紹介しました。ビルの外壁塗装は範囲が広いため、なかなか塗り替えを決断することはできないでしょう。しかし、範囲が広いからこそ重要です。ビル全体の印象を左右するポイントになるため、タイミングを見極めて外壁塗装を行うべきでしょう。ビルの外壁塗装には注意すべき点もたくさんあるため、ぜひこの記事を参考にして最適な方法で行ってください。そして、ビルの寿命を延ばしてあげましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!