家庭にも地球にも優しい。外張り断熱リフォームを検討してはいかが?

住まいを外側からすっぽり包んで断熱する外張り断熱工法。断熱性能の高さが理解されて、近年、日本でも徐々に増えてきています。外張り断熱にすれば、どんな効果があるのでしょうか、従来の断熱工法と、どう違うのでしょうか。外張り断熱工法のこと知ると、「なるほど」とうなずける利点がいっぱい。住まいのリフォームに合わせて、あなたも外張り断熱工法を検討してみませんか?

  1. 外張り断熱工法とは
  2. 外張り断熱工J法のメリット
  3. 外張り断熱工法の注意点
  4. 外張り断熱工法の費用相場
  5. 外張り断熱リフォームをお考えの方に
  6. まとめ

1.外張り断熱工法とは

1-1.木造住宅向けの外断熱工

建物の断熱工法には、2種類あります。外断熱工法と内断熱工法です。外張り断熱工法とは、主に木造住宅における外断熱工法のことをいいます。住宅の壁の外側に断熱材を切れ目なく貼り、その上からサイディングなどの外装材を施工していく工法です。
アメリカなどの住宅では外断熱工法は古くから採用されてきました。一般的な断熱工法です。しかし、日本では内断熱工法が主流になっています。でも、最近、北海道などの寒冷地で普及してきました。断熱性能が内断熱工法より高いからです。

1-2.高い断熱性能で地球環境にも優しい

外張り断熱工法による一番の効果は、断熱性能が高いので省エネルギーになる点です。地球温暖化防止対策を始め、地球環境に優しい工法といえるでしょう。省エネ効果以外にも、さまざまなメリットがあります。一方、外張り断熱工法にする場合、注意すべき点(デメリット)もあるのも確かです。以下、内断熱工法と比較しながら紹介します。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!