壁の塗り替えは「住居を長持ちさせるため」に欠かしてはいけないことでしょう。
ですが、外壁塗装に関して調べてみても「塗装の種類」「業者の選び方」「値段の相場」など、わからないことが多いかと思います。
そこで、この記事では「壁の塗り替え」をする際に知っておきたい情報を一挙にまとめました。知識が全くない方でも、安心して見ることができるように順を追って書いていきます。

  1. 壁の塗装は家に優しい!
  2. 外壁の種類
  3. 内壁の種類
  4. 『本題』壁の塗り替えについて知ろう!
  5. 実際の工事について一挙解説!
  6. 一戸建てと集合住宅の塗り替え工事
  7. 壁の塗り替え業者の「優良」と「悪徳」を見分けるポイント
  8. 壁の塗り替えにかんするよくある質問
  9. まとめ

この記事を読むことで業者の選び方にも迷わなくなるでしょう。壁の塗り替えをするなら損をせずに賢く進めたいものです。

続きを読む


外壁リフォームは、建物の寿命を延ばすために不可欠です。塗装など定期的が必要になります。でも、どんな方法があるのか、費用はどれくらいかかるのか。普通の人にはわからないですよね?外壁リフォームの基礎知識から、工法、業者の選び方、費用まで。知って得する情報をお送りします。

  1. 外壁(外装)リフォームの基礎知識
  2. 外壁(外装)の種類と特徴
  3. 外壁リフォーム工事
  4. 外壁(外装)リフォーム業者の選び方
  5. 外壁リフォーム業者選びの注意点
  6. 外壁(外装)塗料(ペンキ)の比較
  7. 外壁リフォームのそこが知りたい

外壁は、建物のデザインやイメージを決定づける材料です。長寿命化だけでなく、新しい顔づくりにもなるでしょう。

続きを読む


内壁や外壁は、家の印象を決める大切な場所です。
面積が広いので目につきやすく、傷や汚れが目立つと築年数が新しくてもうらぶれた感じを与えるでしょう。
さらに、壁の穴や傷、汚れを放置していると家そのものが傷んでしまいます。
そこで、今回は壁の修理や補修の方法やタイミングをご紹介しましょう。
今はDIYで外壁や内壁を修理したいという方も増えていますが、どこまで素人で補修や修理が可能か、ということもご説明します。

  1. 内壁の種類と耐久性について
  2. 内壁に起こりがちなトラブル
  3. DIYで内壁はどこまで直せるの?
  4. 外壁の種類とそれぞれの特徴
  5. 外壁のトラブル
  6. 外壁補修業者の選び方

壁の補修や修理はなかなかタイミングがつかみにくいもの。
しかし、この記事を読んで目安が分かれば「ほうっておき過ぎて、家まで傷んでしまった」というような事態を防げます。
そろそろ壁の汚れが目立ってきたというお宅にお住まいの方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

続きを読む


クリアー塗装という言葉を聞いたことあるでしょうか。クリアー塗装とは、外壁塗装を行った後で仕上げ剤として塗布するものです。では、このクリアー塗装を塗ることでどのような効果があるのでしょうか。

この記事では、クリアー塗装についてまとめました。

  1. クリアー塗装とは?
  2. クリアー塗装の効果
  3. クリアー塗装を行うときの注意点
  4. 外壁塗装を業者に依頼するときの注意点

続きを読む


西日は部屋の中を暖かくしてくれます。冬場はとても心地良い空間ができるでしょう。しかし、問題は日差しが強くなる真夏です。夏場は気温が上昇するため、西日でさらに室温があがってしまいます。

そこで、西日の部屋の暑さ対策や西日で部屋が暑くなる原因、賃貸マンションの西日対策と注意点について詳しく説明しましょう。暑い部屋から抜け出すためにもコツをつかんでください。

  1. 西日の部屋の暑さ対策
  2. 西日で部屋が暑くなる原因
  3. 賃貸マンションの西日対策と注意点

続きを読む


外壁は建物の外見だけでなく、構造の耐久にも関係しています。より丈夫な建物にするためにも定期的に塗り替えていかなければなりません。外壁塗装に使う塗料にはさまざまな種類があります。中でも伸び率が高い「弾性塗装」について詳しく説明しましょう。

これから、弾性塗装とは何なのか、メリット・デメリット、工法の種類など一緒にチェックしていきたいと思います。

  1. 弾性塗装の特徴
  2. 弾性塗装のメリット・デメリット
  3. 弾性塗装の工法の種類

続きを読む


雨戸の耐久性は、定期的に塗装することで大きく変わります。マイホームを長く大切に使うためにも忘れずメンテナンスをしましょう。しかし、いつどのようなタイミングで雨戸を塗装すればよいでしょうか。雨戸は、塗装方法だけしっかりおさえておけば自分で塗装するのも可能です。それでは、雨戸塗装の相場とDIYで塗装するときの手順をご紹介します。

  1. 雨戸塗装の相場価格
  2. 雨戸の塗装時期
  3. 雨戸塗装の流れ

続きを読む


環境に配慮したエコロジー住宅が注目を浴びる中、塗料にも自然由来のものを希望する方が増えています。塗料は外観を美しくするだけではなく、住宅に使われている木材を保護する目的を持っているもの。腐食・劣化・変質を予防する働きを持っています。
古くから日本では、漆や柿渋などが使用されてきたものです。しかし、耐久性・施工費用などの面から石油化学系塗料が主流になっていました。近年、石油化学系塗料より自然塗料に流れが移ってきている理由には、石油化学塗料に含まれている成分によるシックハウス症候群や化学過敏症などを心配する声が出ているからです。
住宅は、建物を維持していくために定期的な塗り替えを行うことが必要。塗り替えのタイミングで自然塗料を取り入れようか悩んでいる方は、自然塗料の良さや得られるメリットなどを知る材料にしてください。

  1. 自然塗料の特徴
  2. 自然塗料の種類
  3. 自然塗料と石油化学系塗料の比較
  4. まとめ

続きを読む


家を建てるときに、外壁材の種類の多さに驚かれた方も多いでしょう。
昔は一戸建ての外壁というとモルタルが主流でしたが、今はサイディングボードだけでもいろいろな種類があります。
その一方で自然素材の外壁も人気です。
そこで今回はそんな自然素材の一種珪藻土を外壁塗装に使うメリットとデメリットをご紹介します。
珪藻土は内壁にも使われることの多い壁材ですが、「自然素材の方が体によさそう」という理由だけで選ぶと後悔するケースもあるのです。
これから家を建てたり外壁を塗り替えたりする計画がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  1. 珪藻土とは?
  2. 珪藻土外壁のメリット・デメリットとは?
  3. 珪藻土を使った外壁塗装が向いている家とは?
  4. 珪藻土を外壁塗装に使いたい場合は?
  5. おわりに

続きを読む


マイホームのメンテナンスはされていますか?外壁は紫外線にさらされ、雨や風による劣化が進行しやすい場所。屋根も同様です。
定期的なメンテナンスは、家が長くきれいな状態にするために必要なこと。費用はかかっても、維持するためには大切です。家を覆っている塗料の膜は、1mmに満たない薄いもの。塗膜には耐用年数があるため、経年劣化で次第に剥(は)げてしまいます。塗り替えせずに放置しておくと、建物自体の劣化にも発展してしまうのでメンテナンスが必要なのです。
塗り替え時にはさまざまな塗料から選ぶことになりますが、最近では機能性塗料が注目を集めています。ナノテク塗料という言葉をご存じですか?最新テクノロジーを駆使した次世代塗料の1つ。今回は、ナノテク塗料がどのようなものかご紹介します。塗料選びの参考にしてみてください。

  1. ナノテク塗料の特徴
  2. 塗り替えの目安
  3. ナノテク塗料のメリット
  4. ナノテク塗料のデメリット
  5. まとめ

続きを読む