外壁リフォームの補助金を知りたい! 主な種類や使う方法を解説!

外壁リフォームの補助金について、詳しく知りたいとお考えではありませんか? 外壁リフォームは、条件が合えば補助金を利用して安く行うことができるケースがあります。しかし、実際にどんな補助金を利用できるのか、受け取るにはどんな点に注意すべきかなどよく分からないこともあるでしょう。

そこで今回は、外壁リフォームの補助金について詳しく解説します。

  1. 外壁リフォームに使える補助金は?
  2. 外壁リフォームに補助金を使う方法は?
  3. 外壁リフォームに補助金を使うときの注意点
  4. 補助金なしで外壁リフォームの費用を抑える方法は?
  5. 外壁リフォームの補助金に関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁リフォームに使える補助金の種類や注意点などがよく分かります。外壁リフォームの予定がある方は、役に立つはずです。

1.外壁リフォームに使える補助金は?

最初に、外壁リフォームにはどんな補助金が使えるか、詳しくご紹介します。

1-1.省エネリフォーム補助金

省エネリフォーム補助金とは、リフォームすることで一定の省エネ効果が見込めることなどを条件に、自治体から交付される補助金のことです。たとえば、外壁の断熱リフォームなどで使える可能性があります。より詳しい内容は、自治体のホームページや地方公共団体の住宅リフォームに関する支援制度の検索サイトをご覧ください。

1-2.一般的なリフォーム補助金

外壁リフォームでは、そのほかにも自治体によって、条件しだいで一般的なリフォーム補助金を受けられることがあります。外壁リフォームを行う時期と自治体の募集時期のタイミングが合えば、利用を検討してみるとよいでしょう。ただし、不定期に実施する自治体が多く、うまくタイミングが合うとは限らないので注意してください。

2.外壁リフォームに補助金を使う方法は?

外壁リフォームに補助金を使う方法について、主な手順ごとに見ていきましょう。

2-1.信頼できる業者に相談する

最初に、信頼できる業者へ外壁リフォームの補助金について相談しましょう。信頼できる業者なら、的確なアドバイスをもらえるはずです。具体的には、以下のポイントに当てはまる業者に相談することをおすすめします。

  • 外壁リフォームの補助金制度に詳しい
  • 外壁リフォームの実績が豊富にある
  • 丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある
  • 現場視察や見積もりは無料
  • 分かりやすくてリーズナブルな料金システム
  • 希望の工期に合わせてもらえる
  • スタッフの教育が行き届いており顧客からの評判もよい
  • 保証やアフターサービスが充実している

なお、当オフィスチャンプでも、ビルやマンションの外壁リフォームを中心に多数の実績があり、大変ご好評をいただいています。まずは、お気軽にお問い合わせください。

2-2.外壁リフォームの補助金申請を行う

次に、自治体へ外壁リフォームの補助金申請を行ってください。外壁リフォームの補助金申請に必要なものは、以下のとおりです。

  • 外壁リフォーム補助金の申請書
  • 外壁リフォームの見積書や契約書
  • 建物の登記事項証明書
  • 施工前の現場写真
  • 設計図書(平面図・立面図・工事内容が分かるもの)

なお、自治体によっても必要な書類などが異なるため、きちんと確認して抜かりがないようにしてください。

2-3.申請した内容に沿って外壁リフォームを行う

外壁リフォームの申請が無事に受理されたら、申請した内容に沿って外壁リフォームを進めましょう。何らかの理由で工事内容に変更があった場合は、速やかに自治体へ届け出を出すようにしてください。届け出に不備があると、補助金を受け取れないことがあるので注意しましょう。また、こまめに現場に足を運んで、申請どおりに進んでいるかチェックすることも大切です。

2-4.自治体の担当者にチェックを依頼する

外壁リフォームが完了したら、自治体の担当者に依頼して申請どおりに外壁リフォームが行われているか、確認してもらいましょう。完了後のチェックを忘れると外壁リフォームの補助金を受けることができないので、注意してください。チェックの結果、問題なしと判断されれば、完了申請を行うことで、無事に外壁リフォームの補助金を受け取ることができます。

3.外壁リフォームに補助金を使うときの注意点

外壁リフォームに補助金を使うときには、いくつか注意すべき点があります。

3-1.補助金を受けるための条件をきちんと確認しておく

外壁リフォームの補助金を受けるための条件を、最初にきちんと確認しておきましょう。外壁リフォームの補助金を受けるには、リフォーム内容・業者の所在地など、自治体によりさまざまな条件が指定されていることがほとんどです。また、申請者が自治体の住民票を持っていることや税金の滞納がないことなども、基本的な条件になります。

3-2.必ず工事開始前に申請する

必ず工事開始前に申請することも、外壁リフォームに補助金を使うときのポイントです。外壁リフォームの補助金を受けるには、ほとんどの場合で、工事前に所定の手続きにて自治体に申請し、許可を得る必要があります。すでに着工済みの外壁リフォームについては、そのほかの条件が合っていても申請できないので気を付けてください。工事開始前に申請し、希望の工期までに外壁リフォームを完了できるよう、計画的に動くことが大切です。

3-3.できるだけ早く申請する

外壁リフォームに補助金を使う場合、できるだけ早く申請することも大切です。外壁リフォームの補助金では、多くの場合、数か月程度の申請期間が設定されています。しかし、まだ余裕があるとのんびりしていると、いつの間にか期限直前になっていたり過ぎてしまったりすることがあるものです。また、外壁リフォームの補助金は、予算の上限が決まっていることがあります。そのため、申請するタイミングによっては、すでに予算が上限に達している理由から受け付けてもらえないこともあるので注意しましょう。

4.補助金なしで外壁リフォームの費用を抑える方法は?

補助金なしでも、工夫しだいで外壁リフォームの費用を抑えることができます。

4-1.必要な部分だけリフォームする

補助金なしで外壁リフォームの費用を抑えるには、必要な部分だけリフォームする方法があります。外壁全体をリフォームするより、費用が安く済むほか、工期を短くすることも可能です。ただし、足場を組む必要がある場合は、想定より安くならないこともあります。また、リフォームした部分と周辺とで、新旧の差が目立ちやすいのがデメリットです。

4-2.安い材料や方法でリフォームする

安い材料や方法でリフォームすることも、外壁のリフォーム費用を抑える方法の一つです。予算が厳しいけど外壁全体をリフォームしたいといった場合などに、検討してみるとよいでしょう。ただし、初期費用が安く済んでも、劣化しやすいなどの理由でメンテナンスの手間がかかることがあります。また、耐用年数が短い塗料では、早く塗り替える必要があり、長い目で見ると安くならないことがあるので気を付けましょう。

4-3.安くリフォームできる業者に依頼する

外壁リフォームの費用を抑えるためには、安くリフォームできる業者に依頼するとよいでしょう。ただし、単に安いだけで業者を選ぶと、仕上がり悪い、工期を守らない、スタッフのマナーが悪いなど何かと不満が残りがちです。ここは、安くても高品質な仕上がりを提供している業者をじっくり吟味して選びましょう。たとえば、当オフィスチャンプでは、足場を組まない無足場工法を採用することで足場費用が不要になり、外壁リフォーム費用を大幅に抑えています。現場視察や見積もりは無料ですから、お気軽にお申し付けください。

5.外壁リフォームの補助金に関するよくある質問

最後に、外壁リフォームの補助金に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.両親が住む実家の外壁リフォームに補助金を使いたいのですが?
A.外壁リフォームの補助金を使うには、多くの場合で、申請する自治体に住民票があり、実際に居住していることが条件になります。したがって、両親が申請者として手続きする必要があるでしょう。

Q.外壁リフォームの補助金を着工前に受け取ることはできる?
A.いいえ。着工前に受け取ることはできません。外壁リフォームの補助金は、申請どおりの内容で完了した後、自治体によるチェックを受けることが条件になっているからです。

Q.外壁リフォームの補助金を受けるまでにどれぐらいの期間がかかる?
A.自治体によるチェックを受けて問題ないと判断された後、1~2か月後に指定した口座へ振り込まれるのが一般的です。

Q.外壁リフォームの補助金を受け取った後、そのほかの目的で使ってもよい?
A.はい。外壁リフォームの補助金を受け取った後なら、そのほかの目的で自由に使うことができます。

Q.外壁リフォームに火災保険を使うことはできる?
A.たとえば、地震や台風などにより外壁が損傷した場合などは、加入中の火災保険により外壁リフォーム費用を受け取れることがあります。しかし、経年や紫外線などによる劣化での外壁リフォームは、火災保険の適用対象外です。

まとめ

今回は、外壁リフォームの補助金について詳しく解説しました。条件が合えば、外壁リフォームに補助金を受けられることがあります。まずは、居住中の自治体で外壁リフォームに使える補助金制度があるか調べてみてください。外壁リフォームの補助金を受けるには、事前に申請する、募集期間内で早めに申請する、条件に合う内容でリフォームするなどが必要です。なお、当オフィスチャンプも、マンションやビルの外壁リフォームなどで豊富な実績があります。まずは、お気軽にお問い合わせください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!