高耐久性塗料で注目のジョリパット。メリットとデメリットとは?

外壁塗装にはさまざまな種類がありますが、ジョリパットをご存じですか?ジョリパットは、耐火性や防火性など安全性が高い塗装材料として注目されているもの。
モルタル外壁の上から吹き付けるのが一般的な使用方法です。実は、フランス生まれの塗装素材。
ジョリパットを使うことで多くのメリットを得られますが、施工前にはデメリットを知っておくことも重要です。特徴やメンテナンス方法を知ることで、施工後の長期的な予測もできるでしょう。
ジョリパットについて詳しくご紹介していきます。

  1. ジョリパットの特徴
  2. ジョリパットのメリット
  3. ジョリパットのデメリット
  4. ジョリパット外壁のメンテナンス
  5. まとめ

1.ジョリパットの特徴

名前は聞いたことがあるけれど、どのような特徴があり、メリットが得られるか知らないという方もいるでしょう。まずは、ジョリパットが何かを知ることから始めてみてください。

1-1.どのようなものか? 

ジョリパットは、フランスで生まれた外壁塗装素材。塗料と砂を混合した砂壁状の塗料で、モルタルの上から塗装する材料です。主な素材は、アクリル共重合樹脂。水溶性です。一般的な塗料より100倍もの厚みがあるのが特徴で、高性能と耐久性に優れた材料だとされています。

1-2.性質

ジョリパットは粘性のある性質を生かし、コテ・ローラーを使って模様を形成することも可能です。また、水で薄めて吹き付けることもできます。ニーズに合わせて、さまざまなアプローチができる塗装材料だと言えるでしょう。
実際に、新築住宅・リフォームした家などの内外装に用いられています。発想しだいで、理想を自由に実現できる素材であり、デザインにも適しているのです。

1-3.一般の外壁塗装の上から使う

リフォームをきっかけにジョリパット導入を検討する方もいるでしょう。
ジョリパットの性質として、既存の外壁・すでにジョリパット塗装を終えた外壁など、上から再塗装することができます。家の安全性を高める目的で導入するケースが多く、いかに注目されているかが理解できるでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!