外壁の漏水は何が原因?漏水修理方法や業者に依頼する際の注意点

1.外壁の漏水原因

漏水が起こっている場合、外壁には何かしらの異常が起きています。
漏水を改善するには原因を把握しなければなりません。
なぜ漏水が起こっているのか、外壁を調査して原因をチェックしましょう。

1‐1.主な原因は外壁の「ひび割れ」と「穴あき」

タイルやalcなど外壁にはさまざまな種類があります。
外壁の種類によって原因は異なりますが、主な原因は外壁の「ひび割れ」や「穴あき」の2点です。
外壁は定期的な塗り替えが必要不可欠になります。塗り替えやメンテナンスをすることで外壁の状態が維持できるのです。
経年劣化によって、外壁にはひび割れが起きやすくなっています。
ひび割れは時間がたつほど悪化するでしょう。
ひびの幅が大きくなった結果、雨水が隙間から入ってしまうのです。
隙間から雨水が入ると外壁の内部も傷んでしまいます。
また、外壁の「穴あき」も原因の1つになるでしょう。穴あきも雨水の侵入経路になるので要注意です。

1‐2.塗膜のすり減りが速い「ベランダ・バルコニーの劣化」

外壁の漏水は「ベランダ・バルコニーの劣化」も関係しています。
マンションには必ずベランダ・バルコニーがついているでしょう。
ベランダ・バルコニーはマンションの中でも劣化しやすい場所になっています。
なぜなら、塗膜のすり減りが非常に速いからです。
外壁の塗膜がすり減ることで外壁が乾燥しやすい、ひび割れが起こりやすい、劣化しやすくなっています。
雨水や台風などによるダメージが大きくなるのです。
よって、ベランダ・バルコニーに異常が起きている際は、できるだけ早めに調査・改修しなければなりません。
実際、マンションにおいて漏水が起きているのは「ベランダ・バルコニー」の部分が非常に多いです。
マンションのオーナーは常に住居者から状態をチェックしておきましょう。

1‐3.防水対策の不備

基本的に、ほとんどの外壁はしっかり「防水対策」をしています。
金属系・窯業系サイディングやalc、タイル張り、モルタル塗りなどの湿式工法と外壁の外部に使う材料はさまざまです。
それぞれの特徴に合った方法で防水対策をしていかなければなりません。
しかし、防水対策に不備があったせいで漏水が起こるケースもあります。
不十分な防水対策によって外壁に雨水が侵入しやすくなっているのです。
きちんと防水対策をしておかなければ漏水する可能性は高いでしょう。
改修の工事を依頼する際は、防水対策をきちんとしているかどうか確認してください。

2.外壁の漏水修理方法

2‐1.漏水発生状況を確認するための「調査」

外壁の漏水修理をするには、まず「調査」をしなければなりません。
漏水発生状況を確認することで原因が判明します。
原因が判明すれば正しい修理法ができるでしょう。
調査内容は、主に外壁からの雨水侵入経路や外壁の状態、漏水の発生原因を推定することになります。
業者によっても異なりますが、外壁にひびが入っていないかどうか確認しなければなりません。
ひび割れが起きている場合はすぐにひび割れを防ぐ必要があります。
外壁の状態によって修理法も異なるので注意してくださいね。
そして、しっかり調査をしてくれるかどうか業者の様子もチェックしましょう。

2‐2.シーリング材や防水シートを利用する

外壁にひび割れが発生している場合、割れている部分を修繕していかなければなりません。
ひび割れから水が浸入しているため、侵入経路を防ぐことが大切です。
侵入経路を防ぐため、一般的に「シーリング材」を利用します。
シーリング材をひび割れの部分に補充していくでしょう。
もし、下地まで悪影響を受けている場合は防水シートを導入します。下地もきちんと改修しなければ、そとを改修しても意味がありません。
下地を補修する際、費用はかかってしまいますが大切なことです。
そして、同時に「防水対策」も必要不可欠になります。
業者に調査を依頼して正しい方法で改修していきましょう。
状況によってまったく異なるので、きちんと調査することが大切ですよ。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!