屋根リフォームにはどんな種類がある? リフォーム費用は?

お家の屋根の状態を気にしたことはあるでしょうか?
一口に屋根と言っても洋風なものや、色のバリエーションのあるもの等、色々あります。この記事を読んで、屋根の知識を蓄えると共に、来るべき屋根工事の日までどのようなことに気を付けるべきか学習していきましょう。

目次

  1. 屋根の劣化はこんなことにつながる
  2. 屋根工事・屋根のリフォームの種類
  3. 屋根リフォームをする時
  4. 業者を選ぶ注意点

1.屋根の劣化はこんなことにつながる

屋根材の交換の時期は20年と言われていますが、5年ほどで塗装や瓦が劣化具合が見えてきます。
屋根の劣化を放置しておくと、室内にも被害が出てくると言います。

  • 天井にシミができる
  • 天井のクロスが破れてくる
  • 天井近くの壁が色あせている

天井だけに被害があるのではなく、放っておくと更なる被害になる可能性があります。

  • 水が天井から壁へ侵入し、胴縁が腐食する
  • 水が壁に侵入し、壁クロスのはがれやヒビが発生
  • シロアリが繁殖しやすい環境になる

このような状況にならないために、屋根の点検は5年ごとには受けることがおすすめです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!