漆喰外壁について知りたい方へ~漆喰のメリットやデメリットについて~

家の美しさを表す「外壁」は時間の経過とともに劣化するものです。
外壁がはげる、色あせる、汚れやカビ・コケが生えるなどさまざまな現象が起きるでしょう。
いつまでもキレイにするためには定期的なメンテナンスが必要です。
また、外壁にもさまざまな種類があるのでそれぞれの特徴をきちんと把握しなければなりません。
そこで、外壁の1種である「漆喰(しっくい)」について詳しく説明します。
「漆喰(しっくい)」外壁について知りたい人はぜひチェックしてください。

目次

  1. 漆喰(しっくい)とは
  2. 漆喰(しっくい)のメリット・デメリット
  3. 漆喰(しっくい)の注意点やメンテナンス法
  4. まとめ

1.漆喰(しっくい)とは

外壁にも使用している素材はさまざまです。
それぞれメリットやデメリットはもちろん、特徴があります。
理想な家にするためにも漆喰(しっくい)について詳しく知識を身につけてください。「漆喰(しっくい)」とはどのような外壁なのか説明しましょう。

1‐1.主成分は水酸化カルシウム(消石灰)

外壁の1種である「漆喰(しっくい)」は水酸化カルシウム(消石灰)でできています。
水酸化カルシウムや炭酸カルシウムが主成分になっているため、もとは「石灰」という表示で使っていました。
主に、瓦・石材の接着剤や壁の上塗りなどで使用されてきたのです。
漆喰(しっくい)は不燃素材として利用できるので外部保護材料として大活躍していました。
現在でも民家や土蔵だけでなく、城郭や寺社にも利用しています。
主成分が水酸化カルシウムであることはぜひ覚えておいてください。
また、水酸化カルシウムは二酸化炭素を吸収しながら徐々に硬化する特徴を持っています。
よって、施工後は、長い年月をかけて硬化していくでしょう。

1‐2.漆喰(しっくい)の種類は主に5つ

外壁に使用している漆喰(しっくい)は業者によって異なります。
しかし、日本で使用している漆喰(しっくい)は現在において「5つ」です。

  • 本漆喰(ほんしっくい)・・・海藻でのりをつくって麻の繊維と塩焼き消石灰を混ぜたもの
  • 土佐漆喰(とさしっくい)・・・3か月以上発酵したワラと水、塩焼き消石灰を混ぜて熟したもの
  • 既調合漆喰(きちょうごうしっくい)・・・塩焼き消石灰、麻すさ、炭酸カルシウム、粉末海藻のりを混ぜた粉末製品
  • 琉球漆喰(りゅうきゅうしっくい)・・・ワラ、生石灰、水を混ぜて熟成したもの
  • 漆喰(しっくい)関連商品・・・漆喰の機能を持っている塗料と海外製の消石灰を混ぜたもの

以上の5つが主な種類になります。
それぞれ特徴を持っているため、利用する前は必ず確認してください。

1‐3.「漆喰(しっくい)」そのものを塗る?漆喰(しっくい)のうえから違う塗料を塗る?

漆喰(しっくい)の使用用途は主に2つあります。
先述したとおり、漆喰(しっくい)は外部保護材料としても利用できるため、使用用途の違いを把握しなければなりません。
業者によっては言い方によって漆喰(しっくい)の使い道も変わります。
たとえば、「漆喰(しっくい)に塗装する」という表現では今ある漆喰(しっくい)に塗料を塗る方法です。
一方、「漆喰(しっくい)を施工する」という表現では、下地の下に漆喰(しっくい)を塗る方法になります。
以上のように使用用途が異なるため、必ず業者に確認してください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!