外壁工事の足場代の相場 〜平均的な足場代っていくらぐらい?〜

家の外壁工事をする場合、別途「足場代」という料金が必要になります。
足場とは工事をする人が作業する部分のこと。
家の工事代とは関係の無いように見えますが、ちゃんとした工事をするために必ず必要なものです。
しかし、見積もりをとってみると会社によって足場代にばらつきがある場合も・・・
外壁工事は何度も行うものではありませんから、相場が分かりづらく妥当な価格なのかどうかが分かりません。
そこでここでは外壁工事の足場代の相場をご紹介しましょう。
いまから外壁工事を行う方はぜひ参考になさってください。

足場価格の計算方法は?

足場代は以下の計算方法で算出します。
まずは足場架面積を求めます。
足場架面積とは足場をかける面積のことです。

・足場架面積・・・(住宅の外周+8m)×高さ

一般的な2階建て住宅の高さは約5.5m〜6mです。
ここで求めた面積に平米単価をかけます。

・足場費用・・・足場架面積×平米単価(800円〜1,000円)

これは一つの例ですが、ほとんどの場合は「足場面積×平米単価」で足場代を算出します。

足場代の相場ってあるの?

上記の計算方法で算出した場合、平均的な足場代は

・一般的な30坪程度の2階建て住宅・・・14万円〜18万円程度

この金額になります。
これは外壁工事だけの場合です。
違うタイミングで屋根工事などを行うと、また足場代がかかってしまいますので外壁と屋根の工事を考えている方は、同じタイミングで行ったほうがずっとお得です。
一般的には足場代は15万円程度が平均と考えておきましょう。

見積もりを見る場合は平米単価の欄をよく見て!
単価が1,000円程度なら妥当ですが、それ以上となると平均に比べて高いと言えます。

中には一昔前の単価のまま、1,300円程度で見積もりしてくる業者もいます。
また、まれに家の平米数が大豪邸のような広さになっていることもありますので計算式には十分注意しておきましょう。

上の計算式は家の外周さえわかればすぐに計算できますので、自分で計算して確認するのがおすすめです。

■外壁の足場代の相場まとめ

  • 平均的な足場代は「足場架面積(住宅の外周+8×高さ)×平米単価(800円〜1,000円)」で求められる
  • 一般的な2階建て住宅なら14万円〜18万円が妥当
  • 平均的な足場代は15万円程度
  • 単価が1,000円を超えている場合は平均より高め

素人には知識がないだけに、見積もりの足場代が妥当かどうかは自分で確認しておきたいところです。
あまりにも法外な価格(20万円以上など)で見積もりされている場合は計算式をよく見ておきましょう。
見積もりは複数社に行い、業者間の違いも確認しておくのがおすすめです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!