羽村市で外壁塗装を成功させるポイントは? 外壁塗装業者の選び方も

羽村市で外壁塗装を成功させるためには、その土地の気候について把握しておく必要があります。また、外壁塗装業者によっても仕上がりが左右されるため、業者選びは慎重に行わなければなりません。しかし、どのようなところに注意すればいいのか、どういうタイミングで外壁塗装を行えばいいのかなど、外壁塗装で頭を抱えている方は多いでしょう。

そこで、本記事では、羽村市で外壁塗装を成功させるポイントなどを解説します。

  1. 羽村市の気候的な特徴は?
  2. 羽村市で外壁塗装をするならいつがいいか?
  3. 羽村市の外壁塗装業者を紹介
  4. 羽村市で外壁塗装を依頼する際の注意点
  5. 外壁塗装に関してよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装を行うタイミングや外壁塗装をする際の注意点も分かります。羽村市で外壁塗装を検討している方は、ぜひチェックしてください。

1.羽村市の気候的な特徴は?

まずは、羽村市の気候的な特徴をチェックしておきましょう。

1-1.温暖な気候

羽村市は比較的暖かく、温暖な気候となっています。夏の平均気温は25℃、冬の平均気温は1.7℃です。外壁塗装に適した気候条件は気温15~30℃、湿度75%以下といわれているため、暑い日が続く夏場と寒くなる冬場は避けたほうがいいでしょう。外壁塗装は1年を通して行えますが、気候条件によってはスケジュールに遅れが出ることもあります。外壁塗装をスムーズに進めたい方は、気候が安定する時期を選ぶのがベストです。

1-2.降水量が多い

羽村市は周辺の地域と比べて降水量が多いようです。極端に多いというわけではありませんが、最も穏やかな月でさえ多くの雨が降ります。羽村市における降水量の平均は267mm、降水量は12月が最も低く平均は70mmです。特に、梅雨時期は雨の日が多くなるため、外壁塗装のスケジュールにも大きな影響をおよぼすでしょう。また、最近では、地球温暖化の影響でゲリラ豪雨も増えています。夏に外壁塗装を行う際は、ゲリラ豪雨や雷に注意しなければなりません。

2.羽村市で外壁塗装をするならいつがいいか?

ここでは、羽村市で外壁塗装をする時期とタイミングを紹介します。

2-1.ベストな時期は春と秋

前述したように、外壁塗装は1年を通して行えますが、ベストな時期は春と秋です。春と秋は夏と冬よりも気候が安定しており、外壁塗装しやすい時期といえるでしょう。スムーズに外壁塗装を終わらせることができますが、この時期に外壁塗装をする方も増えるので業者の予約が取りづらくなります。人気がある外壁塗装業者ほど予約を取るのが困難になるため、早めに予約をしておいたほうがいいでしょう。

2-2.夏と冬に外壁塗装を行う注意点

外壁塗装は夏と冬にも外壁塗装はできますが、いくつか注意しておきたいことがあります。まずは、工期のスケジュールが変動しやすい点です。近年、夏は気温が高くなり、職人も熱中症対策として適度な休憩を挟みます。また、ゲリラ豪雨などの心配もあるので、なかなか思うように工事が進まない可能性もあるでしょう。冬は日照時間が短く、塗料が乾きにくい傾向があります。これらのデメリットを踏まえた上で、夏と冬に外壁塗装を行う必要があるのです。逆に、春と秋よりも業者の予約が取りやすい・費用を抑えることができるというメリットがあります。

2-3.外壁塗装のタイミングは10年に1回

どのようなタイミングで外壁塗装を行えばいいのか悩みがちですが、目安は10年に1回だといわれています。なぜ10年に1回かというと、外壁塗装に使われる塗料の耐久年数が約10年だからです。具体的な耐久年数は外壁塗料の種類で異なりますが、だいたいが10年を境に劣化が始まります。外壁塗装は1回行えばいいというものではありません。定期的に外壁塗装をすることで、より丈夫かつ美しい外壁となります。外壁の状態を維持するためにも、10年に1回の外壁塗装を心がけてください。

2-4.外壁塗装を行うべき症状をチェック!

外壁の状態もチェックしておきたいポイントです。以下のような症状が外壁に現れた際は、外壁塗装を行うタイミングだと思っておきましょう。

  • チョーキング現象(外壁に触れると白い粉がつく)
  • 鉄部のサビ
  • 色あせ・変色
  • 大きなひび割れ
  • 剝がれ・膨れ
  • コーキングの亀裂

上記の中でも特に気をつけておきたいのは、外壁のひび割れです。ヘアークラックのような小さなひび割れでも、すぐに大きなひび割れへと劣化が進んでしまいます。小さなひび割れでも見かけたら、できるだけ早めに外壁塗装業者へ相談しましょう。

3.羽村市の外壁塗装業者を紹介

ここでは、羽村市の外壁塗装業者をいくつか紹介します。

3-1.外壁塗装のプロ「株式会社美装」

羽村市に店舗を構えている株式会社美装では、外壁・屋根塗装を中心に工事を請け負っています。外壁塗装を始めて35年以上の実績と経験があり、外壁の状態や要望に合わせた塗装プランの提案が可能です。徹底した下処理はもちろんのこと、3度塗りで外壁の美しさを長持ちさせることができます。また、近隣住宅へ配慮した施工をしているため、外壁塗装による近隣住民とのトラブルが不安な方でも安心して依頼できるでしょう。

3-2.外壁塗装専門店「塗り猿」

親身になって相談にのってくれる外壁塗装専門店です。外壁に関するどのような悩みでも話を聞いてくれるので、初めて外壁塗装を行う方も安心して相談できます。現場調査をしっかりと行い、外壁がどのような状態になっているのか説明を受けてから、次の段階へと進められるでしょう。適正な施工提案だけでなく、適正な価格を提示してくれるのも安心できるポイントです。

3-3.恒栄建装有限会社

100%自社施工にこだわりを持っている外壁塗装業者です。完全自社施工の業者だからこそ、下請け業者に依頼する大手外壁塗装業者とは違って中間マージンが発生しません。中間マージンがない分、コストカットができます。また、訪問販売は一切していないので押し売りされる心配もありません。強引な勧誘としつこい営業は一切ないため、何の心配もなく外壁塗装を進めることができるでしょう。

3-4.ヤマカワ塗装

自社職人で外壁塗装を行っている業者です。1級塗装技能士が外壁塗装を行うため、質の高い外壁塗装を施すことができるでしょう。丁寧さはもちろんのこと、要望に合わせた塗装に仕上げてくれます。外壁・屋根塗装の専門店ならではの強みだけでなく、アットホームな雰囲気があるのでどのようなことでも相談しやすいと評判です。

3-5.マルヤマ塗装

地域密着型の外壁・屋根塗装専門店です。親子で経営しており、自社職人できめ細かい外壁塗装を行っています。地域密着型なので、塗装後にトラブルが起きてもすぐに対応してもらえるので安心です。どのようなことでも相談しやすく、丁寧に対応してもらえるため、安心感があります。

4.羽村市で外壁塗装を依頼する際の注意点

ここでは、羽村市で外壁塗装を依頼する際の注意点を解説します。

4-1.外壁の劣化を放置しない

羽村市に限らず、外壁に劣化症状を見つけたら早めに対処することが大切です。「まだそこまで劣化がひどくないから大丈夫」と思って放置していると、いつの間にかひどい状態になってしまいます。また、対処が遅くなればなるほど、塗装費用+補修費用が高くなりがちです。外壁の劣化がひどくなると、塗装だけでなく補修が必要になるので注意してください。塗装費用を最小限に抑えたい方は、劣化を見つけたら早めに対処しましょう。

4-2.外壁調査を依頼する

外壁に異変を見つけたら、外壁塗装業者に外壁調査を依頼してください。外壁調査とは、外壁がどのような状態になっているのか、さまざまな方法を用いて調査することです。外壁の表面だけでなく、下地や内部の状態も確かめることができます。優良業者は外壁塗装をする前に外壁調査を行っているため、外壁調査をしていない業者は悪徳業者の可能性が高いといえるでしょう。

4-3.外壁塗装業者選びは慎重に

外壁塗装は業者によって仕上がりが左右します。つまり、外壁塗装に長(た)けていない業者に依頼すれば、仕上がりが悪くなり、すぐに外壁が劣化するというわけです。外壁塗装の費用は決して安くはないので、業者選びは慎重に行ってください。なお、外壁塗装業者を選ぶ際は、以下のポイントに注目するといいでしょう。

  • 外壁塗装の実績があるか
  • 施工事例がホームページ等に掲載されているか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 無料見積や無料相談を受け付けているか

4-4.見積書の内容を確認する

外壁塗装を依頼する前に、見積書の内容をしっかりと確認しましょう。見積書を確認せずに依頼すると、予算以上の費用がかかってしまったという事態になります。分からないからとすべてを外壁塗装業者に任せるのはNGです。どのような塗料を使うのか、いくらぐらいの費用がかかるのかなど、見積書や契約書の内容を細部まで確認してください。不明点や疑問点があれば、すぐに尋ねて解消することが大切です。

4-5.外壁塗装ならオフィスチャンプへ

羽村市で外壁塗装を検討している方は、ぜひオフィスチャンプにご依頼ください。オフィスチャンプでは、無足場工法を採用しています。無足場工法とは、足場をかけずに外壁工事をする方法です。一般的に、外壁工事をする際は足場をかけることになりますが、足場の設置と解体は工事全体費用の約3分の1を占めているといわれています。つまり、無足場工法を採用すれば、足場代が丸々カットできるというわけです。無料相談や無料見積も受け付けているので、ぜひ一度ご相談ください。

5.外壁塗装に関してよくある質問

外壁塗装に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.屋根塗装も行ったほうがいいのか?
A.それぞれ別で行うよりも、外壁・屋根塗装を同時に行ったほうが費用を最小限に抑えられる可能性があります。屋根塗装も定期的に行うことが大切なので、外壁塗装と同じタイミングで屋根塗装を施すケースも増えているのです。外壁調査をしてもらう際は、屋根の調査も依頼するといいでしょう。

Q.外壁塗装で使う塗料はどんなものがあるのか?
A.主に、シリコン塗料・アクリル塗料・フッ素塗料・無機塗料の4種類があります。ウレタン塗料もありますが、耐久年数が5~7年と長期的な外壁維持には不向きな塗料です。塗り替え時期や耐久性を踏まえると、シリコン塗料やアクリル塗料のほうがいいでしょう。コストが高くなっても耐久性に優れている塗料を使いたい方は、フッ素塗料と無機塗料がおすすめです。

Q.外壁塗装にかかる費用の目安は?
A.戸建住宅の場合、約70万~90万円かかります。外壁の下地や内部が損傷している場合は、100万円以上かかる可能性もあるので注意が必要です。塗装範囲が広くなるほど、劣化がひどい状態であるほど高額になります。

Q.外壁調査の際にチェックしておきたいポイントは?
A.待ち合わせ時間を守れるか、電話対応や連絡のやり取りがきちんとできているか、挨拶など最低限のマナーができているかなど、スタッフの態度をチェックしてください。また、外壁調査に30分以上かけてくれるかもチェックしておきたいポイントです。5~10分で外壁調査を終わらせる業者は、きちんと調査していない可能性が高いので注意しましょう。

Q.注意したほうがいい外壁塗装業者の特徴は?
A.見積書に「工事一式」とだけ記載している業者には注意してください。どのような工事や材料にいくらぐらいかかるのか分かりません。工事後で高額な費用を請求してくる可能性があります。また、不安を煽るような言葉を出してくる悪徳業者には依頼しないようにしましょう。

まとめ

羽村市は温暖な気候ですので、1年を通して外壁塗装ができます。けれども、降雨量が多いため、雨の日が続くと工期スケジュールに影響をおよぼすことになるでしょう。夏場はゲリラ豪雨の可能性が高く、冬場は日照時間が短いことから、外壁塗装におすすめの時期は春と秋です。また、最適なタイミングで外壁塗装をするためには、業者選びも大切なポイントになるでしょう。オフィスチャンプではリフォームの匠も認めるほどの腕を持った職人が工事をするため、安心してご依頼いただけます。ぜひ一度お問い合わせください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!