外壁を断熱リフォームするメリットは? 施工業者選びのポイントも解説

快適な生活を送るために、外壁の断熱リフォームを検討している方は多いのではないでしょうか。高額な費用をかけてリフォームするからこそ、絶対に失敗したくないですよね。断熱リフォームを行うことで得られるメリットや、どんな種類があるのかきちんと把握しておかなければなりません。

そこで、本記事では、外壁の断熱リフォームの種類や施工業者選びのポイントなどを解説します。

  1. 外壁を断熱リフォームするメリットは?
  2. 外壁の断熱リフォームにはどんな種類があるの?
  3. 外壁断熱リフォームの施工業者を選ぶポイント
  4. 外壁の断熱リフォームに関してよくある質問

この記事を読むことで、最適な方法で断熱リフォームを行うポイントが分かります。気になっている方はぜひチェックしてください。

1.外壁を断熱リフォームするメリットは?

最初に、外壁を断熱リフォームする主なメリットをチェックしておきましょう。

1-1.夏は涼しく冬は暖かい環境になる

外壁に断熱リフォームを施すことで、夏は涼しく冬は暖かい環境を維持し続けることができます。断熱材を外壁に導入すると外気温の影響を受けなくなるのが大きなメリットと言えるでしょう。夏は外からの熱で室内も暑くなりますが、断熱材によって外からの熱がカットできるのです。また、エアコンを入れると涼しい風を外に逃がすこともありません。よって、夏は涼しい環境が維持でき、冬は暖かい空気を外に逃がさず常に暖かい環境が維持できるというわけです。夏は涼しく冬は暖かい環境になると、エアコン代など光熱費の節約にもつながります。

1-2.ヒートショック現象を未然に防ぐことができる

外壁の断熱リフォームを行うことで快適な環境が手に入るだけでなく、ヒートショック現象を未然に防ぐことができます。ヒートショック現象とは、急激な温度変化で血圧がいきなり変わることです。血圧が急激に変化すると心筋梗塞や脳卒中などの病気を引き起こすリスクが高くなると言われています。特に、外と室内の気温差が激しくなる冬は、さらにリスクが高くなるのです。だからこそ、気温差をなくすことができる断熱リフォームを行うことで病気のリスクを減らすことができます。ヒートショック現象だけでなく、手足の冷えやアレルギー系の病気も改善が期待できるのです。

1-3.カビや結露を防ぐことができる

カビや結露の発生を未然に防ぐことができるのも、外壁に断熱リフォームを行う大きなメリットです。特に、カビや結露は冬場に発生することが多く、窓まわりや北側の部屋は経年劣化しやすい傾向にあります。天井や壁に黒いシミが発生したら、カビが繁殖していると思ってください。室内にカビが発生すると健康に悪影響を及ぼしかねません。しかし、断熱リフォームを行えば、カビや結露の発生を最小限に抑えることができるので健康被害を未然に防ぐことができます。以前よりも健康的な生活を送ることができるでしょう。

2.外壁の断熱リフォームにはどんな種類があるの?

それでは、外壁の断熱リフォームはどのような種類があるのでしょうか。それぞれの特徴もしっかりと確認することが大切です。

2-1.コンクリート構造の建物に採用する「外断熱工法」

外断熱工法は、主にコンクリート構造の建物に用いられる断熱リフォームです。建物の外側に断熱材を配置して、外側から外気温を断熱し室内の熱を外に逃がしません。具体的な工法としては、湿式工法と乾式工法の2種類があります。それぞれの特徴は以下のとおりです。

  • 湿式工法:コンクリートの躯体(くたい)に直接断熱材を接着させる施工方法
  • 乾式工法:コンクリートの躯体から支柱を張り出し、外壁を支える施工方法

湿式工法は断熱材を直接貼りつけることになるため、できるだけ軽いものを使用します。通気層がない特徴もあるので断熱材および外壁材は透湿性があるものに限られるでしょう。一方の乾式工法では、断熱材と外壁に用いるタイル・石版など重い材料を使うことができます。ただ、コストが高くなるので注意が必要です。

2-2.木造住宅に使われる「外断熱工事」

木造住宅における外壁の断熱リフォームとして、外断熱工事があります。外断熱工事は、コンクリート躯体に施す外断熱工法とほとんど同じです。壁内にある空洞を活用するので電気配線などの工事が簡単になるというメリットがあります。もう1つの断熱リフォームである内断熱工法よりも結露が発生しにくいのも大きなメリットと言えるでしょう。外断熱工法と同じく、木造建築物の場合は費用が50万~150万円ほど、工事期間は約2~3週間が目安となります。

2-3.日本の木造建築のほとんどは「内断熱工法」

現在の日本木造建築に使われる断熱リフォームは、内断熱工法がほとんどです。内断熱工法は充填断熱工法という名前が正式名称で、家の内壁と壁との間に断熱材を差し込みます。外気温を断熱できるため、夏は涼しく冬は暖かい環境になるのです。使用する断熱材としては、グラスウールやロックウールなどがあります。本格的な大規模リフォームになると室内の屋根裏・壁・床・天井を取りはずして断熱材を入れ込むことになるでしょう。そのため、室内に置かれている家具などを部屋の外に出さなければなりません。費用は40坪ほどの建物で約150万~300万円、工期は3週間~1か月はかかる可能性があります。

2-4.断熱効果のある外壁塗料を使う「塗装工事」

外壁の断熱リフォームは、断熱材を導入するだけではありません。断熱塗料による塗装工事も外壁断熱リフォームの1つです。断熱塗料を用いることで、断熱効果を高めることができます。もともと、断熱塗料はNASAで打ち上げられるロケットの塗料として開発されました。高音や紫外線に耐えられるように作られた塗料で、サイディングの劣化防止効果も期待できます。また、塗装工事の大きなメリットは、工期が短く抑えられる点です。ほかのリフォーム工事よりも短期間で工事が終わります。ただ、通常の塗料より割高になるため、見積書を細部まで確認しておかなければなりません。30坪の戸建て住宅の場合、約120万~160万円かかるでしょう。

3.外壁断熱リフォームの施工業者を選ぶポイント

外壁断熱リフォームが無事に終えられるかどうかは、施工業者の腕にかかっています。それでは、リフォーム業者を選ぶポイントをチェックしておきましょう。

3-1.断熱リフォームの実績があるか

まず注目してほしいのは、断熱リフォームの実績です。優良業者ほど断熱リフォームの実績があるため、予算内でどんな断熱リフォームができるのか具体的な提案ができます。逆に、実績がなく、施工技術を持っていない業者は具体的なアドバイスをせずにすぐ工事を始めてしまいがちです。その結果、「高額な料金を支払ったのに断熱効果が感じられない」などのトラブルに発展します。断熱リフォームの実績の有無は、スタッフの対応やホームページの記載内容でチェックできるでしょう。また、口コミや評判を確かめるのも方法の1つです。悪い評判がついていたり、設立年が新しかったりする業者には安易に依頼しないでください。

3-2.施主が気づかないことも提案してくれるか

施工業者選びの際は、施主が気づかないこともきちんと提案してくれるかも大切なポイントとなります。施主の希望ばかりを聞き入れるのではなく、どうすればより良い断熱リフォームを行うことができるのか提案してくれる業者は安心して依頼できるでしょう。「この断熱方法を採用すればこのようなメリットがある」など、具体的な理由や説明をしてくれるかもチェックしてください。「なぜ?」と尋ねても納得できる説明をしてくれない施工業者は、悪徳業者の可能性が高いので要注意です。

3-3.具体的な見積書を出してくれるか

「見積書に記載された金額と違う費用を請求された」など、施工業者との間で金銭トラブルがよく起きています。トラブルを未然に防ぐためには、見積書を細部まで確認することが大切です。契約前に、見積書の内訳がきちんと記載されているか、具体的な見積書を出してくれるか必ずチェックしてください。具体的な数字で説明をしてくれる業者なら安心して依頼できるでしょう。明確で分かりやすい見積書ほど安心できます。逆に、見積書を明確に出してくれない・質問してもどの作業にいくらかかるのか説明してくれないというような業者は要注意です。

3-4.スタッフの対応がスピーディーかつ丁寧か

優良業者と悪徳業者の見極め方として、スタッフの対応に大きな違いがあるので注目してください。優良業者のスタッフは丁寧に説明してくれますが、悪徳業者のスタッフは対応が悪くきちんと説明してくれません。言葉づかいも悪い傾向があるでしょう。また、メールや電話で問い合わせてもすぐに対応してくれない・適当な受け答えばかりするなどの特徴もあります。納得できる仕上がりにするためにも、自分自身が信用できる担当者との打ち合わせが大切です。

4.外壁の断熱リフォームに関してよくある質問

外壁の断熱リフォームに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.畳やフローリングから冷えが気になる場合の断熱リフォームは?
A.床下断熱がおすすめです。床下の断熱リフォームは、床材を剝がすことなく床の裏から断熱材を入れることができるため、手間と時間をかけずに工事を終わらせることができます。ただし、床材が劣化している場合は、一緒に張り替える工事を行ったほうが効率的と言えるでしょう。また、床下の工事はほとんどが1~2日で終了し、床材の張り替えも3~6日で終わります。気になる費用は、1㎡あたり4,000~8,000円が目安と言えるでしょう。

Q.外張り断熱と外断熱の違いは?
A.外張り断熱は主に木造住宅や鉄骨住宅に用いられますが、外断熱は鉄筋コンクリート造の建物に対して外側を断熱材でおおう工法となります。大きな違いと言えば、用いられる建造物が違うことです。外張り断熱と外断熱をまとめて外断熱と呼ぶこともあるため、リフォーム業者によって認識が異なるケースもあります。また、内断熱と外断熱の両方を組み合わせたハイブリッド断熱もあるのです。

Q.窓だけに断熱リフォームを施すことはできるのか?
A.できます。窓は家の中でも外からの気温の影響を受けやすい箇所です。壁や屋根などさまざまな部分から気温の影響は受けますが、窓は夏の暑さの7割、冬の寒さの6割もの影響を受けていると言われています。カーテンを変えてみても効果がない場合は、窓ガラスを変えてみてはいかがでしょうか。たとえば、Low-E複合ガラスに交換することです。Low-E複合ガラスは断熱効果を高めるために、ガラスの表面に特殊な金属を加工しています。ほかにも、内部のサッシを樹脂製で作ったインナー樹脂サッシを用いるのも方法の1つです。

Q.外断熱工法の注意点は?
A.最近は外断熱工法を用いるケースが増えていますが、断熱リフォームに失敗したというトラブルも増えているので注意が必要です。特に、外張り断熱工法を用いる場合は、柱の外側に約25~50mmの断熱材を貼りその上に重量の重い窯業系の外壁材をビスで埋めます。外壁材が重くなるほど長いビスを用いる必要がありますが、外壁が重くなりすぎると崩れ落ちるリスクが高くなるのです。断熱リフォームを行う場合は、建物の全体的なバランスも考慮しなければなりません。

Q.断熱リフォームをお得に施すポイントは?
A.優良業者との打ち合わせを幾重に行うことが、最低限の費用で抑えるポイントとなります。断熱リフォームの実績がある業者ほど、希望どおりかつ予算内で抑えられる方法を提案してくれるからです。また、足場を作らずに塗装を行うことで、費用を最小限に抑えることができます。オフィスチャンプでは、無足場工法を用いているので費用節約が可能です。ぜひ1度ご相談ください。

まとめ

外壁の断熱リフォームを行うことで、夏は涼しく冬は暖かい住環境を手に入れることができます。外壁の断熱リフォームの方法としては、断熱材や断熱パネルを入れたり、断熱塗料を使ったりするなどさまざまです。それぞれ特徴や効果・費用が異なるため、リフォーム業者と相談しながら決めるといいでしょう。業者の腕によって仕上がりの質が大きく変わるので、実績がある優良業者を選ぶのがポイントです。施工業者選びも注意して行いましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!