コンクリートにひび割れが起こる原因は? リフォーム業者へ依頼するコツ

コンクリートのひび割れを放置すると劣化が進行し、建物全体の耐久性が著しく落ちてしまいます。しかし、どのように補修すればいいのか、どのリフォーム業者に依頼すればいいのかなど、コンクリートのひび割れで悩んでいる方は多いでしょう。早めにひび割れの補修を行うことで、費用節約にもつながります。

本記事では、コンクリートのひび割れが起こる原因や補修方法などを解説しましょう。

  1. コンクリートにひび割れが起こる原因は?
  2. コンクリートのひび割れを放置するとどうなるのか?
  3. コンクリートを補修・補強する方法
  4. コンクリートのひび割れはリフォーム業者へ
  5. コンクリートのひび割れに関してよくある質問

この記事を読むことで、コンクリートのひび割れをリフォーム業者へ依頼するコツなども分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.コンクリートにひび割れが起こる原因は?

まずは、コンクリートにひび割れが起こる原因をチェックしておきましょう。

1-1.乾燥と収縮

コンクリートは頑丈というイメージを持っている方は多いと思いますが、乾燥と収縮によってひび割れが起こりやすい傾向があります。コンクリートを型へ流し込むと、時間の経過と共にコンクリート内の水が蒸発し乾燥してしまうのです。その結果、コンクリートの体積が減少して収縮し、柱や壁などの部材がその収縮を抑えようと引っ張る力が加わります。そして、この引っ張る力にコンクリートが耐えられず、ひび割れが発生してしまうというわけです。コンクリートは固まると変形しにくい性質を持っているため、引っ張る力が加わるとひび割れが起こりやすくなります。

1-2.そのほかの原因をチェック!

コンクリートのひび割れが起こる原因は乾燥収縮がほとんどですが、そのほかにもいろいろな原因があります。たとえば、以下のような原因です。

  • セメントの水和熱
  • コンクリートの沈下・ブリーディング
  • 環境温度や湿度の変化
  • 荷重・構造物の不等沈下
  • 施工不良

コンクリートは温度が上昇すると膨張し、降下すると収縮するので、セメントの水和熱量が大きいケースや環境温度・湿度の変化によってひび割れが発生することがあります。また、鉄筋のかぶり不足・材料の問題や施工不良などでコンクリートにひび割れが起こることもあるでしょう。

2.コンクリートのひび割れを放置するとどうなるのか?

ここでは、コンクリートのひび割れを放置するとどうなるのか、詳しく説明します。

2-1.雨漏りが発生する

ひび割れは放置するほど悪化し、大きなひびになってしまいます。そこからどんどん広がってしまうのはもちろんのこと、雨が降った日には雨漏りが発生することになるでしょう。水などの液体が浸入することでコンクリートはさらに劣化します。あちこちに雨漏りが発生しやすくなり、もともとひび割れがなかった場所にも発生してしまう可能性もあるのです。ひび割れでコンクリートの床にゆがみが生じ、建物のバランスが崩れる恐れもあります。

2-2.建物の耐久性が著しく落ちてしまう

コンクリートのひび割れを放置すればするほど、建物の耐久性が大きく低下します。前述したように、雨水がコンクリートに染み込んでしまうとさらに伸縮し、ひび割れがどんどん大きくなるからです。大きくなったひび割れから浸入した雨水が内部の鉄筋にまで達してしまうと、鉄筋にサビが発生してしまいます。その結果、基礎部分の強度が大幅に低下してしまうでしょう。建物の耐久性が低下することで、地震や台風に弱い建物になってしまいます。また、基礎コンクリートの破損だけでなく、建物の沈下・内部鉄筋の腐食も発生することになるでしょう。

2-3.注意しておきたい構造クラック

コンクリートのひび割れには大きく分けて、ヘアークラックと構造クラックの2種類があります。ヘアークラックは幅は0.3mm、深さは4mm以内の微小なひび割れのことです。ひび割れの初期に起こるものですので、早期に対処することで基礎部分の寿命を延ばせるでしょう。そして、ヘアークラックよりも特に注意してほしいのが構造クラックです。構図クラックはヘアークラックよりも深刻な状態ですので放置しておくと建物が脆くなってしまいます。幅0.3mm以上、深さ0.4mm以上の太いひび割れを見かけた際は、早急に対処したほうがいいでしょう。

3.コンクリートを補修・補強する方法

ここでは、コンクリートを補修・補強する方法を解説します。

3-1.まずは原因を明らかにすることが大事!

コンクリートのひび割れを補修する際は、まず原因を明らかにすることが大切なポイントです。なぜひび割れが起きているのか原因を認識した上で外壁調査を行います。外壁調査は外壁がどのような状態になっているのかを詳しく調査するので、より適切な補修をするために必要です。原因を明らかにしなければ、その根本を解決できません。悪質なリフォーム業者の中には、原因をしっかりと調べずに工事をするところもあるため、十分に注意してください。なぜコンクリートにひび割れが起きているのか、ほかにも発生している場所がないかなど、最初に外壁の状態を調べる必要があります。

3-2.被覆工法と注入工法

主に、ひび割れの補修はコンクリートの防水性・耐久性を向上させる目的で行われます。ひび割れの発生原因・発生状況・ひび割れの大きさなどによって採用される工法は多種多様です。中でも、ひび割れの補修として行われることが多いのは、被覆工法と注入工法になります。被覆工法は、微細なひび割れの上に表面被覆材や目地材などを塗布する工法です。そして、コンクリート構造物全体にひび割れが発生した場合に用いられるのが注入工法で専用の治具などを使い、注入圧力0.4MPa以下の低圧かつ低速で注入材をひび割れに入れます。注入工法は注入材の量が管理でき、ひび割れ幅が狭い場合でも確実に注入することが可能です。

3-3.充填工法

1.0mm以上の大きなひび割れが発生した場合、充填工法が適しています。充填工法とは、ひび割れに沿って専用器具でコンクリートをカットした後、その部分に補修材を充填する方法です。なお、充填工法は鋼材が腐食しているかしていないかによって、方法が大きく異なります。

3-3-1.鋼材が腐食しているケース

鋼材が腐食している場合、まずは鋼材が露出するまでコンクリートを削ります。そして、鋼材に発生しているサビを徹底的に落とし、防サビ処理を行ってからポリマーセメントモルタルなどで断面修復を行うことになるでしょう。

3-3-2.鋼材が腐食していないケース

鋼材が腐食していない場合は、Uカット(Vカット)シーリング工法が適しています。ひび割れの部分をU字またはV字型にカットし、そこにシーリングを埋め込む方法です。シーリングを埋め込んだ後は、表面をモルタルなどの補修材でカバーすることになるでしょう。シーリングを使った補填のほか、エポキシ樹脂で充填したり強度の高いシールを張り付けたりする方法もあります。

4.コンクリートのひび割れはリフォーム業者へ

ここでは、コンクリートのひび割れをリフォーム業者へ依頼する方法を解説します。

4-1.実績があるリフォーム業者へ依頼する

基本的に、ひび割れの補修はリフォーム業者へ依頼することになりますが、実績のあるところを選んでください。前述したように、ひび割れの補修方法によっては作業員の腕で左右されることがあります。実績がなく、ひび割れ補修に長(た)けていないリフォーム業者を選んでしまうと失敗する可能性が高くなるでしょう。コンクリートのひび割れ補修が失敗すると、別のリフォーム業者へ依頼しなければなりません。二度手間にならないためにも、リフォーム業者選びが大切なポイントです。

4-2.補修費用は1か所あたり1万~2万円

ひび割れ補修の費用は、1か所あたり1万~2万程度です。どの程度のひび割れが起きているか、何か所に発生しているのかなど外壁の状態によって異なりますが、一戸建てだと全体で約10万はかかるでしょう。マンションやビルのひび割れ補修になると、500万~1,000万円が相場となります。あくまで目安となるため、具体的な補修費用が知りたい方は無料見積もりを依頼してください。複数のリフォーム業者に比較することで、補修費用の目安が分かります。

4-3.無足場工法を採用している「オフィスチャンプ

東京と大阪を中心に外壁リフォームを行っているオフィスチャンプでは、無足場工法を採用しています。無足場工法とは、足場を架けずに改修工事や修繕工事を行うことです。一般的に、建物の改修・修繕工事を行う際は、足場を設置することになります。工事全体費用のおよそ半分を占めているほど、足場の設置と解体には費用がかかってしまいがちです。けれども、無足場工法を採用すれば足場を設置することはないため、費用節約につながります。また、オフィスチャンプの職人は難関の外壁リフォームをこなす技術力と経験を持っているのでご安心ください。

5.コンクリートのひび割れに関してよくある質問

コンクリートのひび割れに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.中性化とは?
A.コンクリートが二酸化炭素を吸い込むことで起こる現象です。中性化が起こると内部の鉄筋がサビてしまい、コンクリートのひび割れが発生してしまいます。中性化の原因は、コンクリートの経年劣化です。中性化が起こるコンクリートはひび割れのほか、損傷や剝がれも目立つようになるので注意しなければなりません。すでに、中性化が見られるコンクリートは建て替えなどを視野に入れたほうがいいでしょう。

Q.ひび割れの補修はDIYできるのか?
A.ヘアークラックといった軽微のクラックであれば、DIYでも補修が可能です。たとえば、ホームセンターなどで販売されているシーリングをひび割れの箇所に注入し、モルタルを表面に塗って対応できます。ただし、DIYでの補修は応急処置であること、素人が行う補修は完成度が低いことを知っておかなければなりません。補修を間違えてしまうと再びひび割れが発生してしまうため、不安な方はリフォーム業者への依頼をおすすめします。

Q.ひび割れの補強工法とは?
A.コンクリートの耐久性を回復させる工事です。ひび割れによってコンクリートの耐久性が下がっているため、早めに補修を行い、耐久性を回復させる必要があります。主に、鋼材や炭素繊維シート等をエポキシ樹脂で接着させたり、コンクリートの増打ちを行ったりすることになるでしょう。そのほか、部材断面を大きくする補強方法もあります。

Q.補修工事の流れは?
A.補修工事の大まかな流れは以下のとおりです。

  1. リフォーム業者に無料見積もりや無料相談を申し込む
  2. 工事前にひび割れや外壁の状態をチェックする
  3. 調査結果を踏まえた上で、補修工事の内容や見積書を確認する
  4. 見積書に納得した後、スケジュールどおりに工事がスタート
  5. 工事終了後に状態をチェックし完了

ひび割れ箇所や外壁の状態によっては、流れが大きく変わる可能性があります。リフォーム業者とトラブルにならないためにも、流れをしっかりと確認してから工事を始めるようにしてください。

Q.リフォーム業者選びのポイントは?
A.どのリフォーム業者に依頼したほうがいいか分からない場合は、下記のポイントを参考にしてください。

  • ひび割れの補修工事に長けているか
  • ホームページ等に施工事例が記載されているか
  • 無料相談や無料見積もりを受け付けているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • どのような質問にも分かりやすく説明してくれるか
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 口コミや評判がいいか

上記の内容を踏まえた上で、複数の業者を比較してください。比較することで悪徳業者が見極められるようになります。なお、オフィスチャンプでは無料相談を受け付けているので、コンクリートのひび割れでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

まとめ

コンクリートにひび割れが起こる原因は、乾燥による収縮がほとんどです。コンクリート自体、圧縮には強いですが、引っ張る力には弱い傾向があります。固まると変形しにくい性質を持っているため、引っ張る力が加わることでひび割れが起きやすくなるのです。また、施工不良によってもひび割れが起きることもあります。コンクリートのひび割れを放置すると建物の耐久性が落ちてしまうため、早めに対処してください。なるべく、コンクリートの補修工事に長(た)けているリフォーム業者を選びましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!