外壁塗料が劣化してくると、壁面にひびが入ってくることがあります。
ひび割れた壁は見た目が悪いだけではなく、放っておけば雨水が入りこんで外壁自体がいたむこともあるでしょう。
そこで、今回はこんな外壁のひび割れに効果的な弾性塗料についてご紹介します。
普通の塗料と弾性塗料は何が違うのでしょうか?
また、弾性塗料を使った外壁塗装が向いている壁の種類もご紹介します。
外壁の塗り直しを考えている方や外壁がひび割れてきたという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 外壁にひびが入る理由とは?
  2. 弾性塗料って何?
  3. 微弾性塗料の特徴や効果とは?
  4. 弾性塗料で外壁塗装をする際の注意点とは?
  5. 安すぎる業者は要注意?
  6. おわりに

続きを読む


ペンキは色が鮮やかなので、床や壁、洋服に付いてしまうと目立ちます。
付かないように気を付けていても、付いてしまうことはあるでしょう。
ペンキが付いてしまったとき「きれいに落ちるのだろうか」と心配になる人は多いはず。
逆に言うと、落とし方さえ知っていたら、気にせずペンキを使用することができますよね。

  • ペンキが付いてしまって困っている
  • ペンキの落とし方を知りたい
  • ペンキは簡単に落とすことができるのか?

そんな人のために、床や壁、車、洋服、肌などにペンキが付いてしまったときの落とし方をまとめてみたいと思います。

目次

  1. ペンキの種類について
  2. ペンキの落とし方
  3. ペンキを落とすときの注意点
  4. まとめ

続きを読む


外壁は家の印象を大きく左右するもの。いつまでもきれいであってほしいものです。
しかし、外壁は風雨にさらされていますから、年月がたつにつれてどうしても汚れてしまうでしょう。
経年とは関係なく外壁にコケやカビがはえる場合もあります。
そこで、今回は外壁にコケやカビがはえる原因や落とし方をご紹介しましょう。
コケやカビが外壁にはえると、見栄えが一気に悪くなります。
これから家を建てるという方やコケやカビを予防したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. コケやカビがはえる原因とは?
  2. 外壁に水分がつきやすい条件とは?
  3. カビやコケが繁殖した場合はどうすればいいの?
  4. カビやコケをはえにくくする方法とは?
  5. おわりに

続きを読む


自宅の外壁にタイルを使用している家が多くなっています。
タイル外壁は見た目もよくメンテナンスが簡単というメリットがあるでしょう。
しかし、経年劣化によってタイルが剥がれてくることも。
外壁のタイルが剥がれると、さまざまな問題につながります。
自宅外壁のタイルが剥がれてお困りの人は、その原因や対処法について知っておくべきではないでしょうか。

  • 自宅外壁のタイルが剥がれて困っている
  • 外壁タイルが剥がれる原因を知りたい
  • タイルが剥がれたときどう対処すべきなのか

そんな人たちは、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 外壁タイルが剥がれる原因
  2. タイルが剥がれたときの対処法
  3. 業者に依頼する際の注意点
  4. まとめ

続きを読む


地球温暖化問題や東日本大震災後の電力不足などをきっかけに、省エネや節電など、エコに関する関心が高まってきました。具体的な取り組みの1つとして、建物への遮熱塗料・断熱塗料の採用があります。近年、急速に増えてきました。あなたも、住まいの新築やリフォーム時に、遮熱・断熱塗料をご検討されてはいかがですか?
遮熱・断熱塗料とはどんな塗料なのか、その違いなどとともに、採用するときに気をつけたいポイントを紹介します。

  1. 遮熱塗料・断熱塗料とは?
  2. どこにあるのか遮熱塗料と断熱塗料の違い
  3. 選ぶ際の4つのポイント
  4. まとめ

続きを読む


外壁は住宅を守る大切な役割を担っています。定期的にメンテナンスを行うことで、建物の寿命をのばすことにつながるでしょう。しかし、外壁塗装には高額な費用がかかります。外壁塗装を検討している人の中には「できるだけ安く済ませたい」という人も多いでしょう。

「外壁塗装をする必要があるが、費用の面で悩んでいる」「外壁塗装を安く済ませるポイントとは?」「注意しなければならないことはあるのか?」そんな人たちのために、外壁塗装を安くする方法についてまとめてみたいと思います。

  1. 外壁塗装の役割
  2. 外壁塗装を安くするポイント
  3. 依頼する際の注意点
  4. まとめ

続きを読む


家を建てたりリフォームしたりする際に悩みやすいのが、外壁素材です。
最近主流になっているのがサイディングですが、その中でも窯業系のものと金属製のもの(ガルバリウム)があります。
そこで、今回はサイディングとガルバリウムを比較してみましょう。
それぞれの特徴やメリット・デメリットを知れば選ぶ際の参考になります。
これから家を新築するという方や外壁をリフォームしたいという方は、ぜひこの記事を読んでそれぞれの外壁の特徴を知ってください。

目次

  1. 窯業系サイディングとガルバリウムの違いとは?
  2. 窯業系サイディングとガルバリウムはどうやって使い分ければいいの?
  3. 外壁工事をした結果、不具合が発生したら?

続きを読む


外壁をぬり替える際、「艶ありと艶なしのどちらにしようか?」と悩む人も多いです。
艶ありの外壁塗装も艶なしの外壁塗装もそれぞれにメリット・デメリットがあります。
そこで、今回は外壁塗装の艶ありと艶なしの違いについてご説明しましょう。
いったいどちらを選んだ方が見栄えがよいのかということや、耐久性についてもご説明します。
さらに、両方のいいとこどりをしたい、という方向けの塗料の選び方もご紹介しましょう。
外壁塗装の塗り直しを考えている人や家を建てる人は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. 外壁塗装の艶あり艶なしとは?
  2. 艶あり・艶なしのメリット・デメリットは?
  3. 外壁の素材によっても塗料を使い分けよう
  4. 外壁塗装で失敗しないコツとは?

続きを読む


建物の外壁は常に外にさらされている状態であるため、どんどん劣化していきます。その劣化を放置していると、さまざまな悪影響が出てくる可能性があること、ご存知(ぞんじ)ですか? 
この記事では、外壁の劣化を放置したときに起こりやすくなる悪影響や、外壁の劣化を防ぐための豆知識などをご紹介します。外壁の劣化についての基礎知識を身に付けたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 外壁の劣化を放置しているとどんな悪影響が起こるのか?
  2. 外壁の劣化によって内部に湿気が入るとどうなる?
  3. 外壁の劣化を防ぐ方法

続きを読む


最近の住宅は、高気密高断熱がより進んでいます。
冷暖房が効きやすくなったのはよいことですが、新しい問題も発生しているのです。
そのひとつが内部結露。
それを防止するために考え出されたのが外壁通気工法です。
そこで、今回は外壁通気工法の仕組みやメリット・デメリットをご紹介しましょう。
外壁通気工法は1980年代の北海道で発案され、全国に広まった工法です。
この工法のメリットを説明するサイトは多いですが、実はデメリットもしっかりあります。
これから家を建てるという方は、ぜひこの記事を読んで外壁通気工法の知識を深めてくださいね。

  1. 高気密高断熱住宅の問題点は?
  2. 外壁通気工法って何?
  3. 外壁通気工法のメリットとデメリットとは?
  4. おわりに

続きを読む