「リフォーム」することで、現在の住まいをライフスタイルに合わせて改善できます。
リフォームを成功するには、ポイントをつかんでおかなければなりません。
また、リフォームは手抜きしやすい工事だと言われています。
失敗しないためにもリフォームの注意点を把握しておきましょう。
これから、リフォームの見積書の見方とポイント、悪徳業者の見積もりの特徴、業者を選ぶ際のポイント・注意点について説明します。
住宅リフォームを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

  1. リフォームの見積書の見方とポイント
  2. 悪徳業者の見積もりの特徴
  3. 業者を選ぶ際のポイント・注意点
  4. まとめ

続きを読む


雨戸の耐久性は、定期的に塗装することで大きく変わります。マイホームを長く大切に使うためにも忘れずメンテナンスをしましょう。しかし、いつどのようなタイミングで雨戸を塗装すればよいでしょうか。雨戸は、塗装方法だけしっかりおさえておけば自分で塗装するのも可能です。それでは、雨戸塗装の相場とDIYで塗装するときの手順をご紹介します。

  1. 雨戸塗装の相場価格
  2. 雨戸の塗装時期
  3. 雨戸塗装の流れ

続きを読む


外壁塗装にかかる足場の相場をご存じですか?
外壁の塗り替えをする際、ほとんどの場合で足場を組まなければなりません。
最近は足場なしの「無足場工法」を行う業者が増えてきていることもあり、足場がなぜ必要なのか、費用はどのくらいなのか、気になる人も多いでしょう。
足場には「単管足場」「単管ブラケット足場」「クサビ足場」の3種類があり、それぞれ特徴や価格は異なります。

  • 足場の相場費用を知りたい
  • 種類によってどう違うのか?
  • 時間短縮のためには無足場工法がよいのか?

そんな疑問にお答えしましょう。

続きを読む


マイホームのメンテナンスで外壁塗装はかかすことができません。しかし、頻繁に依頼するものではないため、相場がどのぐらいの価格なのか、見積書でどこを確認するべきか迷うこともあるでしょう。しっかり確認しないなら、相場よりも大幅に高い金額になることもあるのです。それでは、外壁塗装の見積書の見方とチェックするべき3つのポイントをご紹介します。

  1. 塗装の手順を確認しよう
  2. 塗装部分の明細を確認しよう
  3. 足場や養生をチェックしよう

続きを読む


環境に配慮したエコロジー住宅が注目を浴びる中、塗料にも自然由来のものを希望する方が増えています。塗料は外観を美しくするだけではなく、住宅に使われている木材を保護する目的を持っているもの。腐食・劣化・変質を予防する働きを持っています。
古くから日本では、漆や柿渋などが使用されてきたものです。しかし、耐久性・施工費用などの面から石油化学系塗料が主流になっていました。近年、石油化学系塗料より自然塗料に流れが移ってきている理由には、石油化学塗料に含まれている成分によるシックハウス症候群や化学過敏症などを心配する声が出ているからです。
住宅は、建物を維持していくために定期的な塗り替えを行うことが必要。塗り替えのタイミングで自然塗料を取り入れようか悩んでいる方は、自然塗料の良さや得られるメリットなどを知る材料にしてください。

  1. 自然塗料の特徴
  2. 自然塗料の種類
  3. 自然塗料と石油化学系塗料の比較
  4. まとめ

続きを読む


家を建てるときに、外壁材の種類の多さに驚かれた方も多いでしょう。
昔は一戸建ての外壁というとモルタルが主流でしたが、今はサイディングボードだけでもいろいろな種類があります。
その一方で自然素材の外壁も人気です。
そこで今回はそんな自然素材の一種珪藻土を外壁塗装に使うメリットとデメリットをご紹介します。
珪藻土は内壁にも使われることの多い壁材ですが、「自然素材の方が体によさそう」という理由だけで選ぶと後悔するケースもあるのです。
これから家を建てたり外壁を塗り替えたりする計画がある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  1. 珪藻土とは?
  2. 珪藻土外壁のメリット・デメリットとは?
  3. 珪藻土を使った外壁塗装が向いている家とは?
  4. 珪藻土を外壁塗装に使いたい場合は?
  5. おわりに

続きを読む


マイホームのメンテナンスはされていますか?外壁は紫外線にさらされ、雨や風による劣化が進行しやすい場所。屋根も同様です。
定期的なメンテナンスは、家が長くきれいな状態にするために必要なこと。費用はかかっても、維持するためには大切です。家を覆っている塗料の膜は、1mmに満たない薄いもの。塗膜には耐用年数があるため、経年劣化で次第に剥(は)げてしまいます。塗り替えせずに放置しておくと、建物自体の劣化にも発展してしまうのでメンテナンスが必要なのです。
塗り替え時にはさまざまな塗料から選ぶことになりますが、最近では機能性塗料が注目を集めています。ナノテク塗料という言葉をご存じですか?最新テクノロジーを駆使した次世代塗料の1つ。今回は、ナノテク塗料がどのようなものかご紹介します。塗料選びの参考にしてみてください。

  1. ナノテク塗料の特徴
  2. 塗り替えの目安
  3. ナノテク塗料のメリット
  4. ナノテク塗料のデメリット
  5. まとめ

続きを読む


外壁塗装の基本は、下塗り・中塗り・上塗りの3段階です。塗料の効果や性質によっては中塗り・上塗りの2段階で完了するケースもあります。
特に、1番最初にする下塗り塗料は“下地処理”も入っているので大切です。
そこで、下塗り塗料の役割や種類、下塗りをする際の注意点について詳しく説明します。
自分で外壁塗装を考えている人や外壁塗装を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 下塗り塗料の役割
  2. 下塗り塗料の種類
  3. 下塗りをする際の注意点
  4. まとめ

続きを読む


外壁塗装にはさまざまな種類がありますが、ジョリパットをご存じですか?ジョリパットは、耐火性や防火性など安全性が高い塗装材料として注目されているもの。
モルタル外壁の上から吹き付けるのが一般的な使用方法です。実は、フランス生まれの塗装素材。
ジョリパットを使うことで多くのメリットを得られますが、施工前にはデメリットを知っておくことも重要です。特徴やメンテナンス方法を知ることで、施工後の長期的な予測もできるでしょう。
ジョリパットについて詳しくご紹介していきます。

  1. ジョリパットの特徴
  2. ジョリパットのメリット
  3. ジョリパットのデメリット
  4. ジョリパット外壁のメンテナンス
  5. まとめ

続きを読む


外壁塗装は手抜きしやすい工事だと言われています。
専門知識を持っている人でないとなかなか見極めることができません。
そこで、これから手抜き工事の見わけ方や工事中にチェックしておきたいポイント、外壁塗装業者の選び方、について詳しく説明します。
手口は非常に巧妙なので、手抜き工事をしていないかどうかチェックしていきましょう。
特に、外壁塗装を格安業者に依頼した人は要注意です。

  1. 手抜き工事の見わけ方
  2. 工事中にチェックしておきたいポイント
  3. 外壁塗装業者の選び方
  4. まとめ

続きを読む