外壁洗浄の頻度はどのくらい? 費用・注意点を詳しく教えます!

「外壁の汚れが気になるが、外壁洗浄の頻度はどのくらいが適切なのだろう」とお考えではありませんか? 外壁には、排気ガスや土ぼこりなどさまざまな汚れが付着します。たとえば、本来は白い壁なのに、いつの間にか灰色になっていたということもあるでしょう。また、自分たちで洗浄できるのか、業者に依頼した場合の費用はいくらぐらいかなども気になりますよね。

そこで今回は、外壁洗浄の頻度について詳しく解説しましょう。

  1. 外壁洗浄の目的は?
  2. 外壁洗浄の頻度は?
  3. 外壁洗浄は自分で行うことができる?
  4. 業者による外壁洗浄の費用相場
  5. 外壁洗浄の頻度に関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁洗浄の頻度やコツがよく分かります。まずは、記事を参考にしてください。

1.外壁洗浄の目的は?

最初に、外壁洗浄の主な目的などを見ていきましょう。

1-1.土ぼこりや排気ガスなどの汚れがつく

外壁には、土ぼこりや排気ガスなどさまざまな汚れが付きます。川や池が近くにある場合、湿度が高いため、カビやコケが付きやすくなることもあるでしょう。さらに、風雨を直接受けることから、雨だれが目立つこともあります。外壁の汚れは、長期間に少しずつ積み重なっていくものです。そのため、気づいたときには、ひどい汚れになっていることがあります。

1-2.建物の外観を美しく保ち長持ちさせる

外壁洗浄の主な目的には、以下のようなものがあります。

  • 建物の外観を美しく保つ
  • カビやコケの繁殖を防ぐ
  • 外壁の劣化を防いで長持ちさせる

1-3.放置すると定着して落としにくくなる

外壁の汚れは、放置せず早めに洗浄してください。放置すると、汚れが定着して落としにくくなるからです。また、汚れを放置した状態で業者に洗浄を依頼すると、費用が高くつくこともデメリットでしょう。それに、汚れたままだと外壁が劣化して寿命が短くなります。外壁が劣化すれば、ひび割れなどから雨水が内部に浸透して腐食が進み、建物の強度も下がるので危険です。

2.外壁洗浄の頻度は?

外壁洗浄の頻度やタイミングについて詳しく見ていきましょう。

2-1.1年に1~2回の洗浄が望ましい

外壁洗浄は、1年に1~2回行うことが望ましいでしょう。外壁の汚れは、徐々に積み重なっていきます。1年に1~2回、定期的に洗浄していれば、汚れがひどくならないうちにキレイにできるので、費用も少なく済むことでしょう。また、外壁材も長持ちします。

2-2.外壁の種類別による洗浄タイミングは?

外壁の種類によっても、洗浄タイミングが異なります。詳しくは、以下を参考にしてください。

  • サイディング:目地の汚れが目立つ・雨だれが激しい
  • タイル:目地の汚れが目立つ・光沢がなくなった
  • レンガ:コケや黒ずみが目立つようになった
  • 塗り壁:汚れのせいで外壁の色がくすんで見える・雨だれが激しい

2-3.大雨や台風の後なども洗浄タイミング

外壁洗浄は、以下のようなタイミングで行うのもおすすめです。

  • 大雨や台風の後
  • 特に汚れが気になる
  • 外壁工事をせずに外観イメージをアップしたい

3.外壁洗浄は自分で行うことができる?

外壁洗浄は、ごく軽いものなら自分たちで行うこともできます。

3-1.汚れの種類や範囲・外壁の状態を確認する

外壁洗浄を行う前に、汚れの種類や範囲を確認しましょう。土ぼこりなど水性の汚れは、比較的落としやすいものです。しかし、排気ガスやカビ・コケなどは、外壁の細かなひびに入り込んでしまうとなかなか落とすことができません。また、部分的な汚れなら短時間で完了しますが、広範囲にわたる汚れは時間がかかります。さらに、外壁の状態もチェックしましょう。外壁にひび割れや劣化した部分があると、洗浄作業により悪化することがあります。汚れや外壁の状態見て、自分たちで作業できるか考えてみてください。

3-2.まずはDIY洗浄に必要なものをそろえよう

DIYで外壁洗浄をするためには、以下のような道具をそろえてください。

  • 外壁掃除用液体洗剤
  • スポンジ
  • 掃除用ブラシ(柄の長いもの)
  • 延長ホース
  • バケツ
  • 脚立
  • マスク
  • 手袋
  • 滑りにくい靴
  • 汚れてもいい服装

3-3.自分たちで外壁洗浄を行う方法と流れ

自分たちで外壁洗浄を行うときは、以下の方法と流れを参考にしてください。

  • 洗浄部分を確認する
  • 汚れている部分を中心にホースもしくはバケツで水をかけて流す
  • 水をかけて落ちない汚れは、洗剤を使って掃除用ブラシやスポンジでこする
  • 汚れが落ちたら洗剤成分を水でしっかり流す
  • 外壁を乾燥させて完了

3-4.周囲への飛び散りや屋内への浸水などに注意する

DIYで外壁洗浄をするときは、以下のような問題があります。作業時には、十分な配慮をしてください。

  • 建物の周囲に水が飛び散りやすい
  • 屋内に浸水することがある
  • 水圧による外壁の劣化
  • 洗剤成分による体調の悪化
  • 高所で作業する場合の落下事故

4.業者による外壁洗浄の費用相場

業者による外壁洗浄の費用相場やメリットなどを詳しく解説します。

4-1.高所・傷みがある場合などの外壁洗浄は業者に依頼しよう

以下のような場合は、DIYで外壁洗浄せずに業者に依頼しましょう。

  • 高所が汚れている
  • 外壁が傷んでいる
  • 広範囲にひどい汚れがある

なお、自分たちで洗浄してみたものの汚れを落としきれなかったときも、業者に相談してみるといいでしょう。

4-2.業者による外壁洗浄の方法

業者に外壁洗浄を依頼した場合、汚れの種類や状態に応じて、以下のような方法で行われます。

  • 高圧洗浄:洗剤と高圧洗浄機を使用して汚れを除去する
  • バイオ洗浄:専用薬剤を使用してコケ・カビなどを除去する

4-3.自分たちでやるよりも短時間で確実にキレイになる

業者に外壁洗浄を依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 自分たちでやるよりも短時間でキレイに仕上がる
  • 自分たちでは落とせない汚れも落ちる
  • 時間や労力を節約できる
  • 外壁補修も同時に依頼できる

4-4.30㎡で4~15万円程度が費用相場

業者に外壁洗浄を依頼した場合、高圧洗浄で4~9万円程度・バイオ洗浄で7~15万円程度が費用相場となります。いずれも、外壁洗浄だけなら半日~1日程度で完了するでしょう。ただし、ひびやめくれなどの外壁補修が伴う場合は、数日かかることもあり費用も数万円~上乗せになります。詳しくは、業者に見積もりをもらって確認してください。

4-5.高品質でリーズナブルな業者に依頼する

外壁洗浄は、高品質でリーズナブルな業者に依頼しましょう。ただ安いだけの業者では、洗浄ムラがあったりスタッフの態度が悪かったりなど、何かと問題があるものです。業者の中には、独自の企業努力により、リーズナブルな価格設定でありながら高品質な仕上がりで定評のあるところもあるでしょう。当オフィスチャンプでも、作業時に足場を設置しないことで洗浄費用を安く抑えています。まずは、お気軽にご相談ください。

5.外壁洗浄の頻度に関するよくある質問

最後に、外壁洗浄の頻度に関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.頻繁に洗浄するほど外壁の寿命が延びる?
A.いいえ。洗浄作業は、頻繁に行うと外壁に負担をかけることがあります。必要以上に洗浄作業を行わないほうがいいでしょう。

Q.外壁洗浄におすすめの時期は?
A.晴れが続き、乾燥している時期をおすすめします。作業がしやすく、洗浄後も早く乾燥するからです。

Q.業者が外壁洗浄をしても汚れが落ちない場合はどうする?
A.外壁工事後10年を経過している場合は、外壁材の寿命が考えられるため、外壁工事のやり直しをおすすめします。信頼できる業者によく相談し、検討してみてください。

Q.業者に外壁洗浄を依頼した後に雨漏りが発生したのですが?
A.まずは、今すぐ雨漏りの証拠写真を撮影しましょう。その後、業者に連絡して事情を説明し、現場チェックをしてもらってください。雨漏りの原因が、業者によるものであれば、業者負担により修繕してもらえます。

Q.外壁洗浄は同じ業者に続けて依頼したいほうがいい?
A.業者に対して特に不満がないのなら、同じ業者に依頼したほうが依頼が楽に済むなど、何かと都合がいいでしょう。しかし、費用が高い・仕上がりに不満があるなどの場合は、ほかの業者への変更も検討してください。

まとめ

今回は、外壁洗浄の頻度について詳しく解説しました。外壁洗浄は、1年に1~2回程度の頻度で行うといいでしょう。外壁の汚れを放置すると、汚れが定着化して落としにくくなるので注意してください。また、台風や大雨の後は、外壁がひどく汚れているので洗浄をおすすめします。なお、外壁洗浄は自分たちでできること場合もありますが、手間や労力がかかるものです。仕上がりの良さなどのメリットを考えると、信頼できる業者に依頼することをおすすめします。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!