マンションの外壁補修をしたい! 主な種類やタイミングを詳しく!

「マンションの外壁補修はいつ、どんなタイミングでするべきなのだろう」とお悩みではないでしょうか。築年数が経過すると、経年などの理由で外壁の傷みが気になることがあります。適切な外壁補修をして資産価値を維持したいですよね。そこで、今回は、マンションの外壁補修について詳しく解説します。

  1. マンションの外壁補修を行う必要性
  2. マンションの外壁補修の種類
  3. マンションの外壁補修工事の流れ
  4. マンションの外壁補修に関するよくある質問

この記事を読むことで、マンションの外壁補修についてよく分かり、適切なタイミングで依頼できます。まずは、記事を読んでみてください。

1.マンションの外壁補修を行う必要性

最初に、マンションの外壁補修の必要性やタイミングなどを見ていきましょう。

1-1.定期的な外壁補修が必要

マンションは、定期的な外壁補修が必要です。外壁は、経年による素材の劣化だけでなく、紫外線や酸性雨などの影響も大きく受けます。ひび割れやタイルの脱落を放置したままでは、建物の強度が下がり、災害時などに心配です。また、マンションの見た目が悪くなるため、入居希望者も減少してしまうことでしょう。入居者の安全を守り、資産価値を維持するためにも、マンションの外壁補修は重要なのです。

1-2.マンションの外壁補修のタイミング

マンションの外壁補修は、約10年ごとに行うといいでしょう。塗料の寿命は10年程度からとなります。一見して問題なく見えても、チョーキング(なぞると白い粉が付く)やヘアークラック(髪の毛程度の細く浅いひび割れ)が発生していることがあるからです。劣化が進まないうちに補修しましょう。また、台風や地震などの自然災害後なども、外壁補修のタイミングです。

2.マンションの外壁補修の種類

マンションの外壁補修の主な種類を詳しく解説します。

2-1.塗装の塗り替え

外壁補修では、塗装の塗り替えが主な手段となります。塗料は経年などにより徐々に劣化してくるため、定期的な塗り替えが必要です。塗り替えにより美観を高めるだけでなく、外観のイメージチェンジも行うことができます。最近では、防汚機能や断熱機能など、塗装に機能性を付加するケースも増加中です。

2-2.タイルの張り替え・補修

タイル張りの外壁では、全体的な張り替えひび・欠けなどの補修作業を行います。前面張り替えの場合は作業に手間がかかるため、塗装の塗り替えよりも工事期間が長引くことが多いでしょう。また、タイルの目地の補修作業も欠かすことができません。

2-3.コンクリート補修

外壁のコンクリートにひび割れが発生している場合は、速やかな補修が必要です。外壁のひび割れや脱落は、建物の強度を弱くします。地震などの災害時に安心できるよう、きちんと補修してください。

2-4.防水加工

防水加工の補修も必要です。防水加工は雨水の浸入を予防し、外壁の寿命を延ばす効果があります。また、シミやカビの発生を予防し、マンションの美観を維持する効果もあるため、定期的に補修しておきましょう。すでに雨もりが発生している場合は、すぐに対応してください。

3.マンションの外壁補修工事の流れ

マンションの外壁補修工事について、工期の目安や流れなどを解説します。

3-1.工事期間は30~60日程度

マンションの外壁工事期間は、30~60日程度が目安です。実際の日数については、業者に見積もりをもらって確認してください。なお、日数や工事規模・内容・天候条件などで変わるので注意しましょう。特に、雨天続きになると塗料を塗ったり乾かしたりすることが難しく、工事期間が延びがちです。

3-2.外壁補修工事の流れ

マンションの外壁補修工事の流れは、以下のとおりです。

  1. 現地調査による修復部分の確認・施行主の希望のヒアリング
  2. 現場事務所・従業員用トイレなどの設置(必要に応じて)
  3. 足場の設置(必要に応じて)
  4. 外壁の洗浄作業
  5. 外壁の補修工事
  6. 外壁の塗装工事
  7. 足場解体・現場事務所撤退作業(必要に応じて)
  8. 依頼主と業者が仕上がりを確認し、完了

3-3.費用相場は5階建てで470万円程度~

マンションの外壁工事は、5階建て1,290㎡で470万~650万円程度が相場です。費用を抑えるコツは、以下を参考にしてください。

  • 安い塗料や材料を使う
  • 工事費用の安い業者に依頼する
  • 数社に相見積もりを依頼して比較する

なお、当オフィスチャンプでは、足場を設置しない「無足場工法」を採用し、工事費用を安く抑えています。高品質でリーズナブルな工事には自信がありますので、ぜひご検討ください。

3-4.信頼できる業者に依頼しよう

マンションの外壁補修工事は、信頼できる業者に依頼しましょう。たとえば、以下のポイントに当てはまる業者なら安心です。

  • 外壁補修工事の実績が豊富
  • 高品質な工事で定評がある
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルな費用設定
  • スタッフの教育が行き届いている
  • 顧客からの評判がいい
  • 保証・アフターサービスが手厚い

なお、当オフィスチャンプでも数多くの外壁補修工事実績を誇ります。まずは、お気軽にご相談ください。

3-5.入居者への告知は2~3か月前に始める

入居者への告知は、2~3か月前から始めることをおすすめします。マンションの外壁補修工事は、入居者への影響が長期間におよぶからです。具体的な告知方法は、以下をご覧ください。

  • 入居者説明会を開く(大規模工事の場合には必要)
  • 直接訪問して説明する(戸数が少ないマンションなど)
  • 回覧板や掲示板で通知する

入居者への告知は、後日のクレーム予防にも効果的です。なお、塗料の臭いや化学物質の影響などのデリケートな内容については、業者から説明してもらうことをおすすめします。

4.マンションの外壁補修に関するよくある質問

最後に、マンションの外壁補修に関する質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.マンションの外壁補修で保険を使えるケースは?
A.自然災害などで受けたダメージを補修する場合は、保険が使えることがあります。まずは、保険会社に相談してください。なお、保険会社に連絡する前に補修工事を済ませた場合は、保険が下りないことがあります。

Q.前回と同じ業者に外壁補修を依頼するべきか?
A.前回の工事で特に不満がないのなら、同じ業者に依頼してもいいでしょう。しかし、何らかの不満があったり費用を抑えたかったりなどの場合は、ほかの業者を検討することをおすすめします。

Q.屋根の補修工事も同時にするべきか?
A.同時に補修工事するかどうかは、屋根の状態を業者にチェックしてもらい、よく相談して決めましょう。なお、屋根と外壁の補修工事を同時に行うほうが、それぞれ行うよりも手間がかからない・まとめて工事を行うことで費用が安くなるなどのメリットがあります。

Q.マンションの外壁補修を入居者に反対された場合は?
A.外壁補修が必要な理由を入居者に理解してもらえるまで、丁寧に説明を繰り返しましょう。入居者の安全を確保するために必要なことだと分かれば、納得してもらえるはずです。入居者の反対を押しきって工事に踏みきると、トラブルの原因となるので避けましょう。

Q.外壁補修が予定より遅れたら補償してもらえる?
A.理由によります。遅れた理由が業者による落ち度である場合は、補償を受けられる可能性もあるでしょう。依頼者が追加工事の依頼をしたり天候など不可抗力な問題によるものだったりした場合は、受けられません。

まとめ

今回は、マンションの外壁補修について詳しく解説しました。マンションの外壁は、経年などの理由で徐々に劣化します。適切な時期に補修することで、入居者の快適な暮らしを守ると共に、資産価値も維持することが可能です。まずは、信頼できる業者によく相談してみてください。なお、補修費用を安く抑えるためには、無足場工法などにより高品質でリーズナブルな価格を実現している業者を選ぶといいでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!