店舗の外壁塗装のメリットとは? 知らないと得すること損すること!

店舗における外装は軽視されがちです。内装は頻繁に模様替えしても、外壁塗装を定期的に行う店舗はさほど多くありません。しかし、外装は店のイメージに直結します。汚らしければ入ることを戸惑いますし、キレイならば入ろうと思うかも知れません。意外と外装というのは重要な要素なのです。そこで、今回は店舗における外壁塗装の基礎知識をご紹介します。

  1. 店舗の外壁塗装のメリットとは?
  2. 店舗における外壁塗装の選び方
  3. 店舗の外壁塗装について
  4. 外壁塗装に関するQ&A

この記事を読むことで店舗における外壁塗装のメリットを知ることができます。塗装業者選びのポイントなどについてもご紹介しているので、ぜひご一読ください。

1.店舗の外壁塗装のメリットとは?

まずは、店舗の外壁塗装にはどのようなメリットがあるのかを学びましょう。塗装の重要性を把握して、今後に生かしてくださいね。

1-1.必要性と効果

1-1-1.店舗の保護

塗装本来の目的は建物の保護です。外壁をそのままにしていれば、雨風や紫外線、排気ガスなどさまざまなものにさらされて劣化していきます。それを避けるために塗装を施してガードするわけですね。塗装状況によって、建物の寿命は大きく変化します。店舗を長くキレイに使い続ける上でも塗装は非常に重要なのです。

1-1-2.イメージアップ

お店の外壁は最初にお客様の目に入る場所ですから、店のイメージに大きく影響します。第一印象は強く記憶に残るので、後から挽回するのはとても大変です。外壁が汚れていたりひび割れて廃墟(はいきょ)のような見た目だったりすれば、それだけ不衛生な印象を持たれている可能性もあります。これは特に飲食店には致命的ですよね。外壁塗装を定期的に行い、外観をキレイに保つことは店舗のイメージを保つことにつながります。

1-1-3.ブランディング

複数の店舗がある場合などに特に効果的なのですが、店の象徴になるような色・デザインの外壁塗装をすることで顧客にブランドイメージを確立させることができます。たとえば、通信会社のソフトバンクの色を思い浮かべてみてください。思い浮かんだ色は「白」ではありませんでしたか? 色・デザインというのはブランドのイメージに直結します。ですから、ブランドを確立させる上でも外壁塗装は非常に重要なのです。

1-2.店舗にはどんな外壁がいいの?

1-2-1.記憶に残りやすい色・デザイン

たとえば黒一色だったり、お店のロゴマークがちりばめられていたりなど、一目見れば分かるような記憶に残る色・デザインを意識しましょう。

1-2-2.コンセプトを統一する

たとえばイタリアンレストランなら、国旗をイメージして赤・緑・白などの色を使うとか、アンティークショップなら外壁もクラシックな色や模様にするなど、お店のコンセプトに合った塗装をすることが大切です。

2.店舗における外壁塗装の選び方

外壁に使われる塗料にはさまざまな種類があります。どれを選べばいいのか分からない方も多いはずです。塗料の特徴を知って、自分の店に合ったものを見つけましょう。

2-1.店舗におすすめの外壁塗装の種類

店舗に使う塗料はコストパフォーマンスを重視するのが一般的です。そこで、コストパフォーマンスに優れた3つの塗料を3つご紹介します。

  • アクリル塗料(ピュアアクリル)
  • シリコン塗料
  • ラジカル塗料

2-1-1.アクリル塗料

アクリル塗料は非常に安価な代わりに寿命が短いため、あまり人気はありません。しかし、アステックペイントが開発したピュアアクリルはアクリル塗料の概念を覆した逸品です。15年以上の寿命を持つ上、伸縮率が600%と非常に高いため地震などが起きてもひび割れしにくいことで知られています。

2-1-2.シリコン塗料

シリコン塗料は現在最も普及している塗料です。最も普及しているだけあってカラーバリエーションが豊富なので、店舗の塗料にうってつけの塗料と言えます。また、どの業者も必ず扱っているので塗装技術がしっかりしており、良い仕上がりが期待できるのも良い点です。ちなみに、寿命は10年前後となっています。

2-1-3.ラジカル塗料

ラジカル塗料は近年普及が進んでいる塗料です。シリコンよりもわずかに価格が高いものの、15年を超える長寿命で知られています。普及があまり進んでいないので対応している業者が少なく、カラーバリエーションも限られているのが難点です。

2-1-4.そのほか

そのほかの塗料にはウレタン塗料・フッ素塗料・光触媒塗料・無機塗料などがあります。

2-2.選び方のポイント

塗料には水性・油性に大きく分けられます。水性塗料は塗料を水で溶かして使うのに対し、油性は専用の溶剤で溶かして使う塗料です。溶剤にはシンナーなどの有毒物質が含まれるものもあります。その代わり、水性に比べて耐久性が高いのが特徴です。また、油性は独特の嫌な臭いがしばらく取れません。飲食店など安全性や臭いが気になる店では水性を選ぶのが良いでしょう。オフィスビルなどの耐久性が重要な建物では油性がおすすめです。

2-3.塗装の選び方

  • コスト
  • 寿命
  • カラーバリエーション
  • 機能

重要なのはこれら4つの項目を総合的に評価して決めることです。コストが高くなりすぎると店の足を引っ張ることにもなりかねません。かといって安すぎると寿命が短いことが多いので、長期的に見ると損をすることがあります。20年・30年後のことを考えて選びましょう。また、店の独自性を出すためにカラーバリエーションも重要です。塗料の機能は優先順位が高くありませんが、遮熱性・耐火性・空気清浄機能といった機能はお店に付加価値を与えてくれるでしょう。

3.店舗の外壁塗装について

この項目では費用相場と業者の選び方について中心にご紹介します。知っておくと計画がしやすくなるので、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

3-1.費用相場

1㎡あたりにかかる費用の相場を塗料別にご紹介します。参考にしてみてください。

  • アクリル:1,000~1,200円
  • ウレタン:1,800~2,000円
  • シリコン:2,300~3,500円
  • ラジカル:2,800~3,800円
  • フッ素:3,500~5,500円
  • 光触媒:2,800~5,500円
  • 無機:5,000~5,500円

塗料によっては油性・水性両方ある場合もあります。水性には溶剤が必要ないため、基本的には水性の方が安いでしょう。

3-2.業者の選び方

3-2-1.実績の高い業者を選ぶ

塗装実績のある業者を選べば失敗するリスクを抑えることができます。特にマンションやビルなどの大きな建物の仕事を任されている業者は技術や信頼性が高い証拠です。ホームページの実績欄などを確認し、大規模な外壁塗装をしている業者を選びましょう。もちろん、施工前と施工後の写真が載っていることが大前提です。

3-2-2.外壁診断の有無

通常、外壁塗装を行う前には必ず外壁にひび割れがあるかを確認し、ひび割れがあれば修繕を行ってから塗装をします。ひび割れを放置したまま塗装すると本来の目的である建物の保護が十分に機能しないからです。優良業者は必ず外壁診断をするので、不良業者を振り分ける上で重要なポイントとなります。

3-2-3.対応の柔軟性

店舗における塗装は保護だけでなく、イメージアップやブランディングの意味もあります。店側のコンセプトや要望にしっかりと対応してくれる柔軟な業者であることが求められるのです。型どおりの対応しかできない業者は避けましょう。

3-3.悪徳業者に注意しよう

塗装業は特別な資格や許可がなくても開業できる職種です。そのため、十分な技能を持たない不良業者や、詐欺まがいのことをする悪徳業者が紛れています。前述したポイントを押さえ、悪徳業者に引っかからないように注意してください。

4.外壁塗装に関するQ&A

Q.塗装におすすめの季節はありますか?
A.春と秋は天候が安定していて気温も比較的高いため、塗料が乾きやすくおすすめです。冬は気温が低いため塗料が乾きにくく、夏は暑いので乾きやすい反面にわか雨などのリスクがあります。

Q.業者見積もりにお金はかかるのでしょうか?
A.基本的には無料の業者が多いようです。しかし、有料の場合もあるので、気になる方は業者にご相談ください。

Q.外壁診断にお金はかかりますか?
A.一般的には無料で行っている業者が多いでしょう。場合によっては最初から施工費に含まれている場合もあります。

Q.外壁塗装を行うタイミングを教えてください
A.クラックやチョーキングが見られたら塗装のタイミングです。クラックとはひび割れのことで、チョーキングは表面に白い粉が浮き出す「白亜化」と呼ばれる状態を指します。どちらも塗料が劣化していることを示すサインです。特にクラックが起きていると完全に塗料の保護能力が失われているので緊急的な処置が必要となります。

Q.中毒の危険はあるのでしょうか?
A.屋外では中毒になる可能性はほとんどありません。ただし、油性塗料にはシンナーなどの有害物質が使われ手いるのも事実です。気になるなら、塗装中はなるべく近寄らないようにすることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか? 今回は店舗における外壁塗装についてご紹介しました。店内の塗装やデザインは重視される一方、外壁塗装は軽視されています。しかし、外壁はお客様が最初に見る場所、いわば顔のようなものです。外壁の状態によってイメージが良くもなれば悪くもなります。特に、女性は外観の雰囲気によって入るか入らないかを決めることが多いので、女性の顧客を重視しているお店ではとても大切な要素です。ぜひ、今回ご紹介した情報を参考にしてくださいね。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!