池田市の塗装業者をご紹介! 塗装工事の方法とポイントをチェック!

池田市は、大阪府北部の北摂豊能(ほくせつとよの)地域に位置する市です。池田市で塗装をお考えの方は、その土地の気候・特徴を把握しておくとよいでしょう。なぜなら、塗装は屋根と外壁を守るための塗料でもあるため、外気と密接に関係しているからです。そして、池田市の塗装傾向もきちんと確認しておきましょう。本記事では、池田市できちんと塗装を行うために必要な知識を解説します。

  1. 池田市の塗装について
  2. 池田市の塗装業者をご紹介
  3. オフィスチャンプに依頼するメリットは?
  4. 池田市の塗装に関してよくある質問

この記事を読むことで、池田市で塗装工事をスムーズに行う方法とポイントが分かります。池田市内の塗装業者について知りたい方や塗装を考えている方は、ぜひチェックしてください。

1.池田市の塗装について

池田市の塗装傾向をチェックする前に、塗装とはどんなものなのか理解することが大切です。塗装の主な種類と工法をきちんと把握しておきましょう。

1-1.塗装とは?

塗料を物体の表面に塗って塗膜をつくることを「塗装」といいます。一体どんな効果や必要性があるのでしょうか。

1-1-1.どんなもの?

塗装は、建築物の壁面・柱などの粗面に塗装します。主な目的は、外観を美しく保つためですが、防災の目的でモルタル・セメント・漆喰(しっくい)・ペンキなどの塗装も行うのです。建築物の外側は、常に雨風に当たる場所となるので経年劣化が起こります。外壁が剝がれたり、カビが生えたり、色あせたりしたときは、できるだけ早めに塗り替えなければなりません。劣化を放置すると、雨漏りが発生し内部の下地や木材まで腐ってしまいます。建物全体の耐久性が低くなるため、地震・台風に弱い建物になってしまうのです。安心して生活するためにも、建築物の塗装は必要不可欠な作業となります。

1-1-2.主な種類

塗装に使われる塗料は、主に「アクリル樹脂」「ウレタン樹脂」「シリコン樹脂」「フッ素樹脂」の4種類があります。それぞれの特徴と耐久年数を以下にピックアップしてみました。

  • アクリル樹脂:一般的に使われる種類で、最も安価な塗料。耐久年数は約4年
  • ウレタン樹脂:密着性とコストパフォーマンスに優れている。耐久年数は約6年
  • シリコン樹脂:アクリル樹脂と同じく、よく使われている塗料で価格と耐久性のバランスがよい。耐久年数は約13年
  • フッ素樹脂:比較的に価格が高い塗料だが、耐久性に優れている。耐久年数は約18年

1-1-3.主な工法

さまざまな塗装の工法がありますが、主な方法は「吹付け塗装」「ローラー塗装」「刷毛(はけ)塗装」の3点です。それぞれの特徴を以下にピックアップしたので、ぜひ参考にしてください

  • 吹付け塗装:塗料を専用ガンから細かく霧状に吹き付ける工法
  • ローラー塗装:最も使われる工法で、ローラーを用いて均一に塗る工法
  • 刷毛塗装:古来から採用されてきた工法で、刷毛を使って塗料を塗る工法

1-2.池田市の塗装傾向をチェック!

池田市の気候区分は、暖温帯(だんおんたい)です。温帯のうち、亜熱帯に近い気候のことを指しています。夏は高温になり、冬には極端な低温にならない点が特徴です。1番温かい月となる8月は約27℃まで達し、最も寒い1月は平均気温が約3℃となります。また、池田市は降水量が多い地域です。降水量が穏やかな月でも多くの雨があり、1年の平均降雨量は1,570mm程度となります。雨の日が多いため、塗装をする際は雨期の時期を避けて乾燥した時期を選ぶとよいでしょう。雨の日は塗料の乾きが遅く、工事の進行や塗装のつきに影響が出る可能性があります。

2.池田市の塗装業者をご紹介

それでは、池田市の塗装業者をいくつか紹介します。また、業者選びのポイント・価格の目安・依頼前に知っておきたいこともチェックしておきましょう。

2-1.どんな塗装業者があるのか

池田市を中心に塗装を行っている業者をピックアップしてみました。

2-1-1.株式会社藤重

住所:池田市鉢塚3-7-13
屋根・防水・塗装などの建築工事から水まわり・内装等のリフォームを行っている創業明治34年の会社です。日本屋根診断士協会認定屋根診断士が在籍しています。

2-1-2.株式会社イーエックス

住所:旭丘2-4-11
水まわり・インテリア(内装)・外構・ガーデニング・屋根・壁などのリフォーム全般を行っている株式会社です。アフターフォローも万全なので、工事後も安心できる快適リフォームが可能でしょう。

2-1-3.屋根修理・外壁塗装サービスリフォームの生活救急車JBR

住所:池田市豊島北1-5
屋根と外壁のリフォームをはじめ、畳・襖(ふすま)などの内装・扉・窓・水まわり等のさまざまな工事を行っています。年中無休で相談を受けつけているので、いつでもお問い合わせ可能です。

2-2.業者の選び方ポイント

適切で安心な塗装ができるか否かは、業者選びにかかっています。中には、きちんと塗装を行わずに費用だけ請求する悪徳業者も存在しているため、十分に注意しなければなりません。どの業者に依頼すべきか悩んだときは、以下のポイントに注目してください。

  • 外壁・屋根塗装の実績があるか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 低費用かつ高品質の塗装が行えるか
  • 無料見積もり・無料相談を受けつけているか
  • 口コミ・評判がよいか
  • 適切なアドバイスをしてくれるか
  • 施工例がホームページに記載されているか

2-3.価格の目安

外壁と屋根の塗装にかかる費用は、塗料の種類と面積・業者などによって異なります。一般的な2階建て住宅(塗り面積200㎡)で約80万~150万円でしょう。しかし、あくまでも相場価格なので、外壁の劣化の進行具合などさまざまな要因で大きく変動します。具体的な費用を知りたいときは、無料見積もりを依頼してください。

2-4.依頼する前に知っておきたいこと

外壁の塗装を行う前に、外壁の診断チェックをしておきましょう。以下のチェックリストに当てはまる場合は、早めの塗装が必要です。

  • 壁をさわると手に白い粉がつく
  • コケやカビが生えている
  • 外壁にヒビが入っている
  • 塗装がボロボロはがれ落ちる
  • 外壁の一部がふくらんでいる
  • 壁の継ぎ目にヒビが入っている
  • 色があせている

特に、チョーキング現象(外壁を触ると白い粉がつく)、幅1mm以上のヒビ割れが起きている場合は、できるだけ早めの補修が必要です。ヘアークラックと呼ばれている幅0.3mm以下のヒビ割れであれば、状態が進行していないか定期的なチェックが必要でしょう。

3.オフィスチャンプに依頼するメリットは?

外壁・屋根工事などを行っている「オフィスチャンプ」では、池田市の塗装も対応しています。ここでは、オフィスチャンプの特徴と魅力、依頼するメリットを解説しましょう。どの業者に依頼すべきか悩んでいる方は、ぜひチェックしてください。

3-1.オフィスチャンプの特徴

オフィスチャンプの大きな特徴は、足場をかけずに外装リフォームができることです。一般的に、外装リフォームを行う場合は、最初に足場をかけて塗装を行います。しかし、足場代がかかるのがデメリットです。実は、足場代は全体の費用の半分以上を占めているといわれています。そのため、足場をかけずに行うだけでも、大幅な費用のカットが実現可能なのです。「足場をかけなくて安全対策は大丈夫なのか?」と思われがちですが、オフィスチャンプは経験豊富なスタッフが対応します。安全保護具着用・工具落下防止処置・命綱の使用をきちんと徹底しているので、安全第一での施工が可能です。

3-2.足場をかけないメリットは?

大幅な費用削減が可能になるだけでなく、ほかにもさまざまなメリットが生まれます。たとえば、常時足場がかかっていないので、依頼者の精神的負担が少なくなることです。足場のせいで太陽光が当たらない・作業員から見られているようで気が休まらないなど、さまざまな問題が出てくるでしょう。しかし、足場をなくすことで気分的な閉塞感から解放されます。
また、足場をつくると外部から進入しやすくなり、防犯上不利になるデメリットがありました。しかし、足場をなくせば防犯面でも安心できます。
さらに、足場をかける通常の外壁工事では、塗装・シーリング・洗浄などすべての工事作業をまとめて行っていました。1つ1つの工事で足場をかけなおさなければならないため、費用だけでなく手間と時間もかかるのです。足場をかけない工事は、手間と時間が省くことができます。

3-3.オフィスチャンプならではの魅力は?

足場をかけない工事の実績があること、そして、足場をかけられない・かけるのが困難な場所でも施工が可能になることです。足場をかけるためには、最低60cmほどのスペースが必要だといわれています。隣の家との距離がない場所では、なかなか足場をかけることができません。しかし、オフィスチャンプは今まで施工してきた経験をもとに、ブランコによる外壁工事を行います。依頼者が安心できるように、打ち合わせを重ねた上で工事内容を決めているのです。無料見積もり・無料相談を行っているので、ぜひ1度問い合わせてみてはいかがでしょうか。「こういう塗装にしたい」と要望を伝えれば、劣化状態や外壁の様子を見て適したプランを提案いたします。

4.池田市の塗装に関してよくある質問

池田市の塗装に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.遮熱塗料・光触媒塗料はどんなもの?
A.遮熱塗料は、太陽熱をはじき、外壁・屋根の表面温度を下げる効果がある塗料です。室内の温度も下げることができるため、省エネにつながり、光熱費を安くしたい方に人気があります。光触媒塗料は、太陽光で汚れを浮かせて雨で洗い流す効果がある塗料です。汚れがつきにくく、遮熱効果も期待できるでしょう。次世代塗料とも呼ばれており、今注目度が上昇している塗料の1つです。どちらとも、耐用年数は約18~20年となります。

Q.定期的に塗装を行わないとどうなるのか?
A.塗料でおおっている下地まで傷んでしまいます。下地が傷むと、塗装工事が大がかりな内容となるため、工期が伸び費用も高くなってしまうので要注意です。また、定期的に塗装を行わなければ、外壁のヒビ割れが進行し、雨漏りをするおそれがあります。外壁の美観だけでなく、耐久性も大きく損なわれることになるので気をつけなければなりません。

Q.注意すべき悪徳業者の特徴は?
A.工事を行う前に外壁の状態をチェックするのが当たり前ですが、悪徳業者はきちんとチェックしてくれない傾向があるので正しい判断ができません。劣化状態を確かめないまま工事に入り、誤った工法や塗料を使うことになります。その結果、工事後にヒビ割れ・雨漏りなどのトラブルが起きるのです。また、適正価格を提示してくれない・見積書に根拠が明示されていない・保証体制が整っていないなどの特徴があります。

Q.どんな塗料を塗ればいいのか?
A.まずは、現在の外壁に使用している塗料をチェックしておきましょう。そして、外壁材との相性を踏まえながら、外壁にどんなことを求めるのか考えてください。たとえば、メンテナンスの間隔を伸ばしたいのであれば、耐久性に優れているフッ素塗料・シリコン塗料を使うとよいでしょう。防水・防汚性を重視したい方は、ウレタン系塗料がおすすめです。池田市は降雨量が多いため、防水・防汚性のある塗料を使用するのも選択肢の1つでしょう。

Q.池田市で塗料を行うべきタイミングは?
A.できれば、梅雨の時期は避けることがベストです。池田市の降水量を見てみると、6月と7月が多い傾向があります。夏場も台風が起きる可能性があるため、春または秋がおすすめです。春と秋はちょうどよい気候でもあるので、塗料が乾きやすく工事もしやすい時期といえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 大阪府北部に位置する池田市は、夏は暑く冬場も適度な寒さになる暖温帯の地域です。特に、降水量が多くなる傾向にあるため、雨水で外壁・屋根の塗料が汚れるでしょう。塗料の耐久年数をきちんと把握した上で、年数が近づいてきたら塗料をチェックしてみてください。大きなヒビ割れが起きている場合は、下地に影響がおよんでいる可能性があります。プロによる調査のもと、外壁の状態を確認してください。そして、塗料を塗りなおす場合は、池田市の気候・特徴に適した種類を選択するとよいでしょう。個人では分からないところがあるため、プロの業者と相談しながら工事をすすめることが大切です。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!