【注目】モルタル塗装で外壁リフォーム! 知っておくべきポイントは?

1.モルタルの基礎知識

最初に、モルタルとはどんなものか・主な特徴・最近の傾向について解説します。

1-1.モルタルとはどんなもの?

モルタルとは、セメント・水・砂を混ぜたものです。外壁などによく使われる建材のひとつで、20~30年前には外壁塗装の主流でした。現在でも、安価な外壁塗装として行われています。

1-2.モルタルの特徴

モルタルは、外壁など、広範囲の塗装剤として適しています。低価格で強度が強いことが特徴です。しかし、防水性に乏しい点もあります。こまめにメンテナンスを行い、クラック(ひび割れ)を修復できれば、長持ちするでしょう。塗装後は、モルタルの特徴に合わせ、適切なメンテナンスを行いましょう。

1-3.モルタルに関する最近の傾向

最近は、耐久性とデザイン性のいずれかを重視し、選ぶ傾向があります。モルタルの中でも、特にメンテナンスが楽なものが人気です。たとえば、モルタルの種類の中でも、耐久性の高さでタイルが注目を集めています。また、デザイン性の高さを追求したい場合は、ジョリパットが人気です。

2.モルタル塗装を詳しく学ぼう

モルタル塗装の主なメリット・弱点・耐用年数について解説します。

2-1.モルタル外壁のメリットとは

モルタル外壁のメリットには、以下のような点があります。

  • 外壁のつなぎ目がなくなめらか
  • デザイン性が高い
  • 耐久性がある

サイディングと違いつなぎ目がないため、自然な風合いを表現することができるだけでなく、コーキング材が劣化する心配もありません。

2-2.モルタル外壁の弱点は?

モルタル外壁の弱点は、汚れが目立ちやすい点や防水性に乏しい点でしょう。モルタル外壁は、雨水を吸い込みやすいのでシミになりやすく、汚れもつきやすくなります。また、ひび割れると雨もりしやすくなる点も弱点です。モルタル外壁を選ぶときは、弱点もよく理解しておきましょう。

2-3.モルタル外壁の耐用年数

モルタル外壁の耐用年数は、約30年です。しかし、寿命を迎える前に10年に1回程度のメンテナンスが必要になります。ただし、耐用年数は外部環境や工事品質に大きく影響を受けるでしょう。そのため、耐用年数はあくまでも目安と考え、必要に応じて塗り替えを行いましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!