サイディング塗装ならお任せ! 失敗ないためのコツを詳しく解説!

外壁の仕上げで、最近特に人気があるのがサイディング塗装です。サイディングは、パネルを外壁に貼り付ける工法で、簡単に美しくリフォームできることから人気が高まっています。最近では、さらに自分の好きな色にしたり断熱機能などを追加したりなどを希望する人が増えているのです。しかし、理想の仕上がりを手に入れるためには、サイディング塗装に関するさまざまな知識が必要になります。そこで、今回は、サイディング塗装で失敗しないコツなど詳しく解説しましょう。

  1. サイディングの基礎知識
  2. サイディング塗装について
  3. サイディング塗装工事について
  4. サイディング塗装の業者選び
  5. サイディング塗装に関するよくある質問

この記事を読むことで、サイディングの基本が身につき、適切な業者を選んで工事を依頼できます。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.サイディングの基礎知識

最初に、サイディングの基礎知識として、種類や最近の傾向を含め詳しく解説します。

1-1.サイディングとはどんなもの?

サイディングとは、工場で生産したパネルを外壁に貼り付けることを指します。大量生産が可能なほか、職人の技術力に左右されないことが大きなメリットです。また、工期も短いため、急ぎで外壁リフォームを行いたい場合にも向いています。気軽にイメージチェンジを行いたい人にも、サイディングがベストでしょう。

1-2.サイディングの種類

サイディングには、さまざまな種類があります。主なものは以下のとおりです。

1-2-1.金属系サイディング

金属系サイディングは、材料に金属を使っています。金属の種類により、ガルバリウム鋼板(こうはん)・アルミニウム合金板・ステンレス鋼板(こうはん)などに分類可能です。メリットは、軽量で建物への負担が少ない点にあります。たとえば、地震などの揺れにも強いのです。また、金属性であるため防水性にも優れています。製品バリエーションも多いため、選ぶ楽しみもあるでしょう。

1-2-2.窯業(ようぎょう)系サイディング

窯業(ようぎょう)系サイディングは、材料にセメントと特殊な繊維を用いています。メリットは防火性と断熱性に優れていることです。レンガ調など、デザイン性に優れていることでも、人気が高まっています。

1-2-3.木質系サイディング

木質系サイディングは、木を使用しているため自然な風合いを楽しみたい方に、根強い人気があります。断熱性能に優れることがメリットですが、耐火性は劣ることが特徴です。木質系サイディングは、費用が高くメンテナンスの手間が多いことがデメリットとなります。

1-2-4.樹脂系サイディング

樹脂系サイディングでは、塩化ビニール樹脂を材料にしたパネルを使用します。樹脂系のパネルは、製造時に着色済みであるため、塗装の必要がありません。耐久性に優れていることがメリットです。ただし、まだ日本国内では取り扱いが少ないため、依頼できる業者が限られることがデメリットと言えます。

1-3.サイディングの最近の傾向

サイディングは、単体でも美しくて丈夫な外壁を作ることができ、デザインの自由度も高いので人気です。最近では、サイディングに塗装を行うことで、理想に近い色合いや風合い・機能を実現する人が増えています。単に外壁に貼り付けるだけでなく、こだわりのある仕上がりを求める傾向があるのです。

2.サイディング塗装について

サイディング塗装について詳しく解説します。

2-1.サイディング塗装とは

サイディング塗装とは、サイディングの上に塗装を行うことです。サイディングは、気軽に外壁リフォームができることで人気が高いものの、パネルを大量生産しやすく、個性に欠けることがあります。オリジナル性を求めるためには、塗装をして好きな色合いや機能(防汚・断熱など)を追加することがおすすめです。外壁リフォームを気軽にしたいけど、オリジナル性も求めたいという場合に、サイディング塗装が向きます。

2-2.サイディング塗装の工法について

サイディングは、「通気工法」か「直(じか)張り工法」かによって適する塗装が異なります。通気工法は、防水塗膜シートの上に銅縁を取り付けてからボードを貼り付けるため、通気性が確保できる方法です。サイディングは湿気がこもると劣化しやすいため、通気性があるほうが長持ちします。通気工法のサイディングなら塗装を行い、必要に応じて塗り替えしていけばいいでしょう。しかし、直張り工法のサイディングは通気性がなく、塗装が劣化しやすいため、張り替えてから行うことをおすすめします。

2-3.サイディング塗装の種類や色について

サイディング塗装では、好みの色を選ぶことができます。まずは、業者にサンプルを見せてもらい、検討してください。なお、単色塗装のほか、ストライプやツートンカラーに仕上げることも可能です。ただし、業者の技術力やセンスに大きく影響されるため、依頼するときには十分に注意してください。

2-4.サイディング塗装に関する注意点

サイディング塗装の仕上がりは、塗料の種類と業者の技術力で決まります。満足度の高い仕上がりにするためには、十分に検討してください。外壁塗装で豊富な実績を誇る業者なら、高品質な仕上がりを望むことができます。技術力と知識が豊富な業者を選ぶことが成功のコツです。

3.サイディング塗装工事について

サイディング塗装工事について、流れ・期間。耐用年数やメンテナンス・費用相場など詳しく解説します。

3-1.サイディング塗装工事の流れ

サイディング塗装工事は、以下のような流れで進みます。

  1. 業者による現場確認
  2. 足場の設置・作業周辺の養生
  3. サイディングの補修
  4. 下塗り
  5. 中塗り
  6. 上塗り
  7. 仕上げ作業
  8. 足場や養生資材の取り外し
  9. ​すべての作業を終えた後、依頼者と業者で確認して完了

なお、当オフィスチャンプでは、足場を設置しない工法を採用しています。工期が短くなる・費用を抑えることができるなど、メリットがたくさんあるのでぜひご検討ください。

3-2.サイディング塗装工事の期間

サイディング塗装工事は、10~14日程度かかるものです。塗装には、下塗り・中塗り・上塗りなど、いくつかの工程があります。また、それぞれに塗料を乾かす時間が必要です。急ぎであっても、乾燥を軽視すると仕上がりに影響が出たりすぐにはげたりしてしまいます。なお、サイディング塗装工事は、雨天中止です。工事期間は余裕を持って設定しましょう。

3-3.サイディング塗装の耐用年数やメンテナンスについて

サイディングの耐用年数は、30~40年ほどです。しかし、塗装部分は約10年と考えてください。サイディング塗装は、常に紫外線や風雨の影響を受けています。また、経年による変化は防ぐことができません。表面に細かなヒビ割れやめくれが発生した・変色している部分があるなど、気になる点が出てきたときは、業者に相談して塗り替えを検討してください。

3-4.サイディング塗装工事の費用相場

サイディング塗装工事の費用は、以下を目安にしてください。

  • 2階建て一戸建て住宅(約200㎡)の場合:100万~150万円程度

なお、実際の費用については、建物の条件や塗料の種類などによって異なるため、業者に問い合わせてください。

4.サイディング塗装の業者選び

サイディング塗装は、信頼できる業者を選ぶことが成功のコツです。業者選びのポイントや注意点など詳しく解説します。 

4-1.業者選びのポイントをチェック

サイディング塗装は、以下のポイントを満たす業者を選びましょう

  • サイディング塗装で実績が豊富
  • 希望に添った仕上がりを提案してくれる
  • 工事品質が高い
  • リーズナブルな料金設定
  • 希望の工期にできるだけ合わせてくれる
  • 担当者の態度がよく説明が分かりやすい
  • 顧客からの評判がいい
  • 保証やアフターサービスが手厚い

なお、当オフィスチャンプでも、高品質なサイディング塗装工事にて多くのご依頼を受けています。ぜひご相談ください。

4-2.業者の見積もりについて

業者からの見積もりでは、以下のポイントをチェックしましょう。

  • 要望に添った内容か
  • 不明な項目で計上していないか
  • 金額の合計が合っているか(計算ミスはないか)
  • 金額が予算内か
  • 社名・担当者名・有効日付などの記載があるか

なお、見積もりを出すときの態度でも業者の質が分かります。ぞんざいな態度を取ったり、分かりにくい説明だったりする業者は、トラブルの原因になるので契約を見送りましょう。

4-3.サイディング塗装の工事費用について

サイディング塗装の工事費用は、業者によって大きく差が出るものです。できるだけ安くて高品質な工事を望むのなら、費用の安さだけでなく内容もきちんとチェックしましょう。安いだけの業者は、塗料の品質を落としたり塗装工程を省略したりする場合があります。安くても、仕上がりが悪くて不満が出るのでは困るため、工事費用と品質のバランスを考えて決めましょう。

4-4.業者選びの注意点

業者を選ぶときには、信用度を第一にすることが大切です。飛び込み営業や電話勧誘する業者の中には、契約を取ることだけが目的の場合がよくあります。サイディング工事の質が悪い・担当者の態度が悪い・工事費用が見積もりより大幅に高いなど、さまざまなトラブルが起こりやすいものです。業者選びも手を抜かず、ここなら安心だと思うところに依頼しましょう。

4-5.サイディング塗装工事の相談先

サイディング塗装工事について、よく分からない点や不安な点があるときは、業者の問い合わせ窓口を利用するといいでしょう。親切な業者なら、自社のホームページなどに連絡先を明示しているものです。当オフィスチャンプでも専用の問い合わせフォームをご用意しておりますので、サイディング塗装工事に関するご質問やご相談などお気軽にご利用ください。

5.サイディング塗装に関するよくある質問

最後に、サイディング塗装に関するよくある質問に回答します。理想の仕上がりを得るためにも参考にしてください。

Q.サイディング塗装の色にこだわりたい場合のコツは?
A.業者とよく相談して、塗装サンプルを見せてもらいましょう。また、サンプルの色合いと実際の色合いでは差が出ることもあるものです。イメージに近い色合いを追求するためには、実例を紹介してもらい、見学することをおすすめします。

Q.サイディング塗装の仕上がりに不満がある場合は?
A.まずは、業者に連絡し、不満内容を伝えましょう。スマートフォンなどでもいいので、画像撮影をしておくと業者との話し合いの際に便利です。業者に落ち度がある場合は、やり直してもらいましょう。万が一トラブルが発生したときのためにも、保証やアフターフォローが充実している業者を選べば安心です。

Q.サイディング塗装の費用はクレジットカードで支払えますか?
A.業者によるため、見積もりのときにクレジットカードでの支払いができるか確認してください。業者独自のショッピングクレジットを用意していることもあります。いずれの方法も不可の場合は、業者の指定口座に工事代金を振り込むことになるでしょう。振り込みの場合でも、前払いか後払いか確認してください。

Q.外壁の一部だけサイディング塗装することはできますか?
A.技術的には可能です。しかし、塗装をする部分としない部分と比べると違和感が出やすくなります。外壁デザインのために一部だけの塗装を考えているのなら、おすすめできません。サイディング塗装をする場合は全体に行い、必要に応じて部分的に色を塗り替えましょう。

Q.サイディング塗装が長持ちするコツは?
A.普段は、特別な手入れをする必要はありません。ただし、大雨などの後は、水でざっと表面を洗い流してください。また、業者に依頼して定期的にチェックをしてもらうことをおすすめします。サイディング塗装も、小さな不具合の時点で修繕すれば費用も少なくて済み、長持ちするでしょう。

まとめ

今回は、サイディング塗装について詳しく解説しました。サイディングは、外壁にパネルを貼り付けるだけで気軽にリフォームできることで人気です。さらに塗装を行えば、オリジナル性や機能性を加えることもできます。しかし、サイディングの状態によっては、張り替えや修繕をしてからの対応になるでしょう。まずは、信頼できる業者に依頼して、サイディング塗装が適するか診断してもらいましょう。理想の外壁を手に入れるためにも業者とよく相談することが大切です。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!