【注目】屋根の塗装時期はいつが最適? 耐用年数の長い塗料がお得!

「屋根の色があせてきている」「塗り替えのタイミングがわからない」など、屋根塗装について悩んでいる人もいることでしょう。普段は意識しない部分だからこそ、メンテナンスをしっかり行って安心して暮らしたいものですよね。しかし、塗装時期のタイミングなど、よくわからないことも多いでしょう。そこで、今回は、屋根の塗装時期はいつが適切なのか、耐用年数の長い塗料の紹介を含めて詳しく解説します。

  1. 屋根塗装について
  2. 屋根塗装をすべき時期とは?
  3. 屋根塗装の方法
  4. 屋根塗装業者の選び方
  5. 屋根の塗装時期に関するよくある質問

この記事を読むことで、屋根塗装の基本が身につき、適切な時期に行うことができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.屋根塗装について

最初に、屋根塗装の基本として、塗装ができる素材や必要性・メリットなど詳しく解説します。

1-1.屋根塗装とは

屋根塗装とは、屋根に施す塗装のことです。塗装をすることで屋根の強度が上がり、機能性が増します。屋根は、風雨や紫外線にさらされているため、材質が劣化しやすいものです。屋根塗装は、材質の劣化を防ぐと共に、寿命を長くする効果もあります。また、家の外観を決定づける重要な要素であることも忘れないようにしましょう。

1-2.屋根塗装ができる屋根素材について

屋根塗装は、多くの素材に適用できます。たとえば、以下のようなものですね。

  • セメント瓦
  • スレート
  • トタン
  • ガルバリウム鋼板

なお、古くから使われている日本瓦には屋根塗装は必要ありません。日本瓦の耐用年数は、長い場合で100年とも言われています。また、わらぶき屋根も昔から存在していますが、自然素材の屋根であるため、屋根塗装には向きません。

1-3.屋根塗装のメリットや必要性

屋根塗装には、多くのメリットがあります。

  • 外観がよくなる
  • 家の耐久性が上がる
  • 屋根に機能を追加できる(遮光・断熱・防水など)

屋根は、風雨や紫外線などから家を守る部分であり、常に適切な状態で維持することが大切です。数年に1回の定期チェックやメンテナンス、10~15年に1回の塗り直しを目安にするといでしょう。

2.屋根塗装をすべき時期とは?

屋根塗装をすべき時期について、年数・劣化サイン・外観チェック・雨漏(も)りの点から解説します。

2-1.屋根塗装の年数について

屋根材別でも、塗装をすべき年数が異なります。詳しくは、以下を参考にしてください。

  • セメント瓦:約10年
  • スレート:約10年
  • トタン:約8年
  • ガルバリウム鋼板:約15年

2-2.屋根塗装の劣化サインについて

外観をチェックして以下の症状があるときは、屋根が劣化している可能性が高くなります。

  • 塗装が色あせている
  • 部分的にめくれたりはげたりしている
  • ふくらんでいる部分がある
  • ひび割れが見える
  • コケが生えている

2-3.雨漏(も)りがある場合

雨漏(も)りは、屋根塗装がはがれているなどの不具合を意味しています。寿命を迎えた場合だけでなく、台風などの自然災害の後にも起こりやすいので注意しましょう。なお、雨漏(も)りは、実際に屋内で被害にあっている場所のすぐ上で起きているとは限りません。専門業者に診断してもらい、特定してもらいましょう。

3.屋根塗装の方法

屋根塗装の方法について、主な塗料の種類や足場のこと・工事日数や費用の目安など詳しく解説します。

3-1.屋根用塗料の種類

屋根用塗料には、以下のような種類があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、実際の塗料選びは業者に相談して進めましょう。

  • アクリル塗料
  • ウレタン塗料
  • シリコン塗料
  • フッ素塗料
  • 光触媒(しょくばい)塗料
  • 断熱塗料
  • 遮熱塗料

3-2.足場を作る場合と作らない場合

屋根塗装でも、足場を作る場合と作らない場合があります。2階建て以上の家などで作業を安全に行うために足場を組む場合は、足場代として工事費用に100万~200万円程度上乗せとなるものです。業者によっては、できるだけ足場を組まずに屋根塗装を行っているところもあります。費用を抑えたいときは、足場を組まずに進めてくれるところを中心に選ぶといいでしょう。

3-3.屋根塗装の大体の日数について

屋根塗装工事は、多くの工程を必要とします。塗装面積が広い場合は、作業も多くなるでしょう。さらに、塗装を乾かす時間も必要です。そのため、10~14日程度かかることがあります。また、雨天では工事が進みません。場合によっては、14日以上になることも考え、工期は余裕を持って設定してください。

3-4.屋根塗装の費用の目安

屋根塗装の費用は、塗料の種類によっても異なります。以下を目安にしてください。いずれも30坪(つぼ)の家の場合です。

  • アクリル塗料:25万円程度~
  • ウレタン塗料:27万円程度~
  • シリコン塗料:30万円程度~
  • フッ素塗料:50万円程度~

4.屋根塗装業者の選び方

屋根塗装業者の選び方のポイントやよくあるトラブルを含め、詳しく解説します。

4-1.屋根塗装業者選びのポイント

屋根塗装業者を選ぶときは、以下のポイントを参考にしてください。

  • 屋根塗装で豊富な実績がある
  • 豊富な実例を見せながら提案してくれる
  • 見積もりは無料
  • 工事費用がリーズナブル
  • 希望の工期で進めてくれる
  • 担当者が親切で丁寧な対応をしている
  • 顧客からの評判がいい

4-2.屋根塗装業者でよくあるトラブル

屋根塗装業者でよくあるトラブルには、以下のようなものがあります。

  • 仕上がりの色がイメージと違う
  • 納期が予定より延びた
  • 見積もりと実際の請求で大きな差がある
  • 屋根塗装の際に家を傷つけた

業者とのコミュニケーション不足もトラブルを大きくするものです。トラブルを避けるためにも、不安や疑問が残る点は必ず確認し、うやむやにしないようにしましょう。また、塗装工事の際に家に傷をつけた場合は、業者に事実をそのまま告げ、保証してもらうように話し合ってください。

4-3.無料見積もりを活用しよう

屋根塗装を考えているときは、無料見積もりを活用すると便利です。多くの業者では、屋根塗装の無料点検・見積もりを行っています。希望の仕上がりや納期などを伝え、費用などを見積もってもらいましょう。工事費用や納期の目安がわかります。なお、見積もりの際には、業者の対応もチェックしてください。いい加減な対応をしたり見積もりを出すのが遅かったりなど、気になる点がある業者とは契約を見送ったほうが賢明です。

4-4.アフターフォローも重視すること

屋根塗装は、10年程度で寿命を迎えます。しかし、できるだけ長持ちさせるためには、日ごろのメンテナンスが大切です。アフターフォローがしっかりしている業者を選べば、安心できます。工事後に気になる点があるときも、できるだけ早く相談し、必要に応じて対応してもらいましょう。

5.屋根の塗装や時期に関するよくある質問

最後に、屋根の塗装時期に関するよくある質問に回答します。それぞれの内容を確認し、役立ててください。

Q.屋根塗装の色で迷っているときのいいアイデアは?
A.実例を多く見せてもらうといいでしょう。塗料の色だけを見ていると、よくわからなくなるものです。実際の屋根塗装の色を見れば、イメージがわきやすくなります。また、自分でも住宅情報誌やインタネットで調べたり、モデル住宅や近所の家を参考にしたりなど、いろいろと動くことも大切です。

Q.仕上がりの色が気にいらない場合はやり直しできますか?
A.塗料の色見本と、実際の仕上がりでは印象が異なることがあるものです。業者からも、色選びのときに説明があったことでしょう。たとえば、塗料の色指定ミスなど、業者に落ち度があった場合は、業者負担でやり直しができるものです。しかし、指定の塗料の色で塗装している場合、もう1回やり直してもらうには依頼者負担となるでしょう。

Q.工事直後に不具合を発見した場合の対処方法は?
A.まずは、業者に連絡してください。不具合を発見してすぐに連絡することが大切です。また、見えるところの不具合はスマホの画像撮影でもいいので、記録を残しておきましょう。業者との話し合いに役立ちます。なお、保証がきちんとしている場合なら、誠実な対応をしてくれるはずです。

Q.屋根塗装の工事中は在宅の必要がありますか?
A.業者に確認しましょう。突発的な確認が必要にあることもあるため、在宅が望ましいのは事実です。しかし、仕事を持っている場合は、日中に不在がちなこともあるでしょう。多くの場合、ほとんどの工程で在宅の必要はないはずです、なお、不在にする場合は、緊急連絡先を業者に伝えてください、

Q.屋根塗装に向いていない季節はいつですか?
A.屋根塗装は、晴れもしくはくもりの日に行います。従って、雨が多い時期は避けたほうがいいでしょう。たとえば、6月の梅雨(つゆ)の時期や秋の長雨になりやすい時期などです。しかし、天候を正確に予測することはできません。自分たちに都合のいい日にちを優先してください。ただし、雨が降った場合も考え、工事日程には余裕を見ておきましょう。

まとめ

今回は、屋根塗装について詳しく解説しました。屋根は、家を風雨や紫外線などから守ってくれる重要な部分です。しかし、屋根塗装にも寿命があるため、定期的にやり直す必要があります。屋根塗装の種類やグレードについては、業者ともよく相談して適切なものを選ぶことが大切です。満足できる仕上がりにするためには、実績が豊富にあり信頼できる業者に依頼することをおすすめします。大切な家の屋根塗装で失敗しないためにも、しっかり業者選びをしましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!