【注目】屋根の塗装時期はいつが最適? 耐用年数の長い塗料がお得!

「屋根の色があせてきている」「塗り替えのタイミングがわからない」など、屋根塗装について悩んでいる人もいることでしょう。普段は意識しない部分だからこそ、メンテナンスをしっかり行って安心して暮らしたいものですよね。しかし、塗装時期のタイミングなど、よくわからないことも多いでしょう。そこで、今回は、屋根の塗装時期はいつが適切なのか、耐用年数の長い塗料の紹介を含めて詳しく解説します。

  1. 屋根塗装について
  2. 屋根塗装をすべき時期とは?
  3. 屋根塗装の方法
  4. 屋根塗装業者の選び方
  5. 屋根の塗装時期に関するよくある質問

この記事を読むことで、屋根塗装の基本が身につき、適切な時期に行うことができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.屋根塗装について

最初に、屋根塗装の基本として、塗装ができる素材や必要性・メリットなど詳しく解説します。

1-1.屋根塗装とは

屋根塗装とは、屋根に施す塗装のことです。塗装をすることで屋根の強度が上がり、機能性が増します。屋根は、風雨や紫外線にさらされているため、材質が劣化しやすいものです。屋根塗装は、材質の劣化を防ぐと共に、寿命を長くする効果もあります。また、家の外観を決定づける重要な要素であることも忘れないようにしましょう。

1-2.屋根塗装ができる屋根素材について

屋根塗装は、多くの素材に適用できます。たとえば、以下のようなものですね。

  • セメント瓦
  • スレート
  • トタン
  • ガルバリウム鋼板

なお、古くから使われている日本瓦には屋根塗装は必要ありません。日本瓦の耐用年数は、長い場合で100年とも言われています。また、わらぶき屋根も昔から存在していますが、自然素材の屋根であるため、屋根塗装には向きません。

1-3.屋根塗装のメリットや必要性

屋根塗装には、多くのメリットがあります。

  • 外観がよくなる
  • 家の耐久性が上がる
  • 屋根に機能を追加できる(遮光・断熱・防水など)

屋根は、風雨や紫外線などから家を守る部分であり、常に適切な状態で維持することが大切です。数年に1回の定期チェックやメンテナンス、10~15年に1回の塗り直しを目安にするといでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!