外壁の汚れは何が原因なのか? きれいな外壁を保つための方法を紹介

1.外壁の汚れについて

外壁が汚れる原因や放置する影響などをまとめました。

1-1.外壁の種類について

一般的に、外壁材の種類には以下のようなものがあります。

  • サイディング:最も主流な外壁材。デザイン性・機能性にすぐれ、価格が手ごろ
  • モルタル:水・砂・セメントを調合したもの。コンクリートより軽く、耐火性にすぐれている
  • ALC:軽量気泡コンクリート。初期費用が高く、メンテナンスに手間が必要
  • RC:鉄筋コンクリート。気密性が高く、デザインの自由度が高い
  • タイル:粘土や石材を砕いて焼き固めたもの。対候性や耐久性にすぐれている

1-2.汚れる原因

外壁は常に外気にさらされています。空気中にはホコリやチリが含まれており、外壁に「汚れ」として付着するのです。雨が降ると汚れは洗い流されますが、均一に洗い流されるわけではないため、汚れムラとなって目立つようになります。特に汚れが発生しやすいのは、雨が当たらない部分や太陽の光が当たりにくい部分、湿気が多い箇所などです。

1-3.汚れの成分とは?

空気中に含まれるホコリやチリの正体は、土や砂・排気ガス・油などです。こういった汚れが外壁に付着すると黒ずみの原因になります。また、日が当たりにくい部分に発生するカビやコケなどは、雨が降ってもなかなか洗い流されることがないため、汚れとして外壁に残ってしまうのです。

1-4.放っておくとどうなるのか?

外壁の汚れを放置しておくことは、美観の低下につながります。家の印象を左右する外壁が汚れていると、清潔感や高級感を失うことになるでしょう。また、汚れが広がると塗料の保護膜が劣化してしまい、建物の寿命を縮めてしまうことにもなるのです。外壁の耐久性が落ちるとひび割れや雨水の浸入を招き、建物内部の劣化が進行してしまいます。

2.外壁汚れの対策法

外壁の汚れを取るタイミングや自分で取る方法などをまとめました。

2-1.汚れを取るタイミングや頻度

外壁材の種類によっては、自分で汚れを掃除することも可能です。特に、サイディングやモルタルなどの外壁素材だと水洗いでも十分きれいになるため、定期的に行っておくとよいでしょう。掃除のタイミングとしては、基本的に汚れが目立つようになってきたら行うのが望ましいといえます。年に1~2回は外壁の様子をチェックし、必要であれば掃除を行うようにしましょう。

2-2.自分で取る方法

外壁の汚れを自分で取る場合は、まずホースを使って外壁の汚れを落としましょう。水だけで落ちない汚れには、外壁洗浄剤を使うと効果的です。中性洗剤を10倍ほどに薄めたものでも代用できるため、試してみるとよいでしょう。柔らかめのスポンジに水と洗剤を含ませ、優しくこすりながら落としてください。洗剤が残らないように、最後に水でしっかりと洗い流しましょう。ただし、外壁材によっては強くこすると壁が傷んでしまう可能性もあるため、十分注意しながら掃除することが必要です。

2-3.注意点

外壁の汚れを取るために、高圧洗浄機を使用する方法もあります。高圧洗浄機を使えば頑固な汚れやカビ・コケなども落とすこともできるため、大変便利です。しかし、説明書の指示どおりの圧力で使用しないと外壁を傷めてしまうこともあるでしょう。十分注意して使用してください。また、自分で外壁の掃除を行う場合は、室内への水漏れや隣家への水の飛散などにも注意しましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!