外壁塗装のひび割れは放っておいては危険!? 補修の方法とは?

1.塗装にひび割れが生じる原因とは?

外壁塗装は、液状の塗料を壁に塗布します。そのため、塗料が乾く際に縮んだり膨張したりすることは決して珍しくありません。ですから、外壁塗装をしたての壁面にもひび割れが生じることがあります。このようなひび割れはいくら注意ても、完全に防ぐことはできません。また、家が建っている場所の環境や外壁塗装をした時期によっても、ひび割れが起こりやすかったり起こりにくかったりします。
このほか、経年劣化による外壁塗料の落剝(らくはく)も、ひび割れの原因です。家を建てて時間が経ってからひび割れができはじめ、経年と共に増加していくという場合は、経年劣化の可能性があります。では、原因別によるひび割れの違いはあるのでしょうか? それを、次の項でご紹介します。

2.塗装のひび割れの種類について

この項では、塗装のひび割れの種類と対処方法を解説します。どのようなひび割れがあるのでしょうか?

2-1.浅いひび割れ

幅1㎜未満、深さ4㎜以下の浅いひび割れをチェッキングといいます。チェッキングの中でも幅0.3㎜以下のものをヘアークラックといい、前項でご紹介した塗料の膨張や収縮が原因で起きるひび割れです。このようなひび割れは塗膜部分がひび割れたものがほとんどで、目だった影響はありません。しかし、チェッキングやヘアークラックがたくさんあると見た目も悪くなります。ですから、見た目を気にする場合は塗装を重ね塗りするなどして、補修することも可能です。

2-2.深いひび割れ

幅1㎜以上、深さ4㎜以上のひび割れをクラックといいます。クラックは経年劣化等で発生することが一般的です。クラックの場合は外壁の下地にまで達していることもあり、外壁劣化や雨漏りの原因にもなります。特に、クラックからサビが浮き出ている場合は、ひび割れがかなり深くまで達している証拠なので、すぐに対処が必要です。

2-3.コーキングのひび割れ

ここ20年の間に外壁の主流になったサイディングは、コーキングと呼ばれる接着剤の一種で外壁に貼りつけて使われます。このコーキングも、経年と共に劣化するものです。細かいひびが無数にできている場合は、劣化によって弾力性を失っている可能性があるので、補修が必要になります。

2-4.ひび割れのセルフチェック

外壁でひび割れを見つけたら、幅と長さと数を確認しておきましょう。幅が1㎜以下の場合は下地まで達している可能性は低いのですが、数が多い場合は注意をして経過を観察してください。遠目からでもはっきりとひびが確認できる場合や、ひびから水がしみ出している様子があるようならば、すぐに業者に修理を依頼する必要があります。
また、ひび割れと一緒に外壁の状態もチェックしましょう。壁に触ると白い粉がついたり、コケや黒カビが広範囲にわたって発生したりしている場合は、外壁塗装の寿命がきています。放っておけば、壁から雨漏りがすることもあるでしょう。

2-5.ひび割れのセルフケア

ヘアークラックの場合は、ホームセンターなどで販売されている外壁塗装用の塗料を使い、自分で修繕することができます。しかし、完全に外壁と同じ色合いの塗料を探すのはなかなか難しいでしょう。そのため、塗り重ねた部分が目立ってしまうこともあります。ですから、よく考えてセルフケアを行ってください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!