外壁塗装のひび割れは放っておいては危険!? 補修の方法とは?

家を建ててから時間が経つと、外壁にひび割れが出てくることは決して珍しくありません。ひび割れといっても、外壁自体にひびが生じることはごくまれで、ほとんどが外壁塗装の塗膜がひび割れてくるものです。だからといって、放っておいてよいわけではありません。
そこで、今回は塗装のひび割れの種類と対策方法を解説します。

  1. 塗装にひび割れが生じる原因とは?
  2. 塗装のひび割れの種類について
  3. 業者に塗装の塗り替えを依頼する方法
  4. 外壁塗装のひび割れに関するよくある質問

この記事を読めば、外壁にひび割れを発見してもすぐに対処方法が分かるでしょう。興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.塗装にひび割れが生じる原因とは?

外壁塗装は、液状の塗料を壁に塗布します。そのため、塗料が乾く際に縮んだり膨張したりすることは決して珍しくありません。ですから、外壁塗装をしたての壁面にもひび割れが生じることがあります。このようなひび割れはいくら注意ても、完全に防ぐことはできません。また、家が建っている場所の環境や外壁塗装をした時期によっても、ひび割れが起こりやすかったり起こりにくかったりします。
このほか、経年劣化による外壁塗料の落剝(らくはく)も、ひび割れの原因です。家を建てて時間が経ってからひび割れができはじめ、経年と共に増加していくという場合は、経年劣化の可能性があります。では、原因別によるひび割れの違いはあるのでしょうか? それを、次の項でご紹介します。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!