マンションの塗装ならお任せ! 外壁の塗り替えのコツを詳しく解説!

マンションには、多くの世帯が暮らしています。ひとつの建物を共有しているため、自分だけの判断で進めることはできません。何らかの理由で外壁を塗り替えたいときでも、きちんと手順を踏んで行うことが大切です。今回は、マンションの外壁塗装について知っておくべきことのほか、信頼できる業者の選び方なども詳しく解説します。

  1. マンションの塗装について
  2. マンションの外壁の塗り替えについて
  3. マンションの塗装工事の流れ
  4. マンションの塗装工事の注意点
  5. マンションの外壁塗装の業者選びについて
  6. ​マンションの外壁塗装に関するよくある質問

この記事を読むことで、マンションの塗装に関する知識が身につき、適切に外壁塗装を行うことができるようになります。まずは、記事をじっくり読み進めてみてください。

1.マンションの塗装について

最初に、マンションの塗装の基本を学びましょう。必要性や耐久性についても理解しておください。

1-1.マンションの塗装とはどんなものか

マンションの塗装とは、建物の外観をよくするだけでなく、雨・風・紫外線などの影響から建物を守る役割を持っています。マンションの塗装は、一般的に建物全体を均一に塗装するパターンが多く、シンプルな外観になるでしょう。なお、塗装には寿命があるため、修繕のひとつとして定期的に塗り替えを行うことになります。

1-2.マンションの塗装の必要性

マンションは、集合住宅であり多くの人々が同じ建物の中で生活をしています。適切な塗装は、マンションの耐久性や暮らしの質を高めるために必要です。きちんと塗装がなされたマンションは、見栄えが良いだけでなく、雨漏(も)りがしにくくなります。また、財産価値を高めるためにも、重要な意味を持っているのです。

1-3.マンションの塗装の耐久性

マンションの塗装は、耐久性が高いものを選びましょう。しかし、塗装にも寿命があります。日々、風雨や紫外線にさらされているため、塗装が劣化するからです。また、地震などの自然災害は、塗装にも大きな影響を与えます。耐久性が高い塗装を行っても、定期的にチェックをし、必要に応じて塗り替えを行うことが必要です。

2.マンションの外壁の塗り替えについて

マンションの外壁の塗り替えについて、塗り替えが必要な症状・塗装の耐用年数やタイミング・誰が行うべきか・主なメリットなどを解説します。

2-1.塗り替えが必要な症状とは

以下の症状を見ることができるときは、塗り替えを行うべきでしょう。

  • 雨漏(も)りがする場所がある
  • 大きなヒビやめくれが発生している
  • 塗装の変色がひどい
  • 前回塗り替えを行ってから10年以上経過している

2-2.マンションの塗装の耐用年数・タイミングについて

マンションは、大きなものになるほど、修繕も大がかりになります。塗装工事も、大規模修繕の扱いで計画的に行なうことになることが多いでしょう。マンションの塗装の耐用年数は塗料の種類や工法にもよりますが、10年程度を目安に考えてください。耐用年数を過ぎたときが、大規模修繕で塗装工事を行うべきタイミングとなります。

2-3.マンションの塗り替えは誰が行うべきか

マンションは集合住宅であり、建物は住民が共有しているものになります。従って、マンションの塗り替えは、管理組合が主体となって行うべきです。「管理費」や「修繕積立金」などの項目で、毎月数千円~数万円程度支払っていることでしょう。管理組合は、外壁塗装が寿命を迎えたり修繕の必要があると判断したりしたときに、積み立てたお金から支出をして塗り替えるのです。

2-4.マンションの塗り替えのメリット

マンションの塗り替えには、以下のようなメリットがあります。

  • 外観がよくなる
  • 耐久性が上がり建物の寿命が延びる
  • 資産価値が上がる

3.マンションの塗装工事の流れ

マンションの塗装工事の流れ・期間・費用について解説します。

3-1.マンションの塗装工事の流れについて

マンションの塗装工事の流れは、以下を参考にしてください。なお、下塗り・中塗り・仕上げ塗りにはそれぞれ乾燥させるために、1~数日程度必要になります。

  1. 作業前の現場確認を行う
  2. 塗装範囲の周辺の養生をする(必要な場合は足場を組む)
  3. 現在の塗装をはがす
  4. 下地補修を行う
  5. 下塗りをする
  6. 中塗りをする
  7. 仕上げ塗りをする
  8. 乾燥期間が終わり最終確認をして完了

3-2.マンションの塗装工事の期間

マンションの塗装工事の期間は、数週間~数か月程度となります。大規模マンションの塗り替えは、時間がかかるものです。また、雨期をはさんだり予想外の雨天が多くなったりした場合は、当初の工事期間が延びることがあります。塗装工事期間中は、においの問題や洗濯ものへの影響などが起こりやすいので入居者の理解が必要です。

3-3.マンションの塗装工事の費用について

マンションの塗装工事の費用は、管理組合からの支出となります。具体的な金額については、塗料の種類・塗り替えする面積・場所によって異なるため、業者に見積もりを依頼して確認してください。一般的には、数百万円~となります。同じ工事を依頼しても業者によって金額が異なるため、複数の業者の見積もりを比較検討することも大切です。なお、塗装工事には足場を組む場合が多くなります。しかし、当オフィスチャンプでは足場を組まない方法で基本的に進めるので費用負担を軽くすることが可能です。

4.マンションの塗装工事の注意点

マンションの塗装工事には、いくつかの注意点があります。具体的に解説するので参考にしてください。

4-1.一戸建てやアパートとの違いは?

マンションは、一戸建てやアパートと比べ入居者が多く大きな建物になるため、外壁塗装工事も大がかりになるものです。一戸建ては、個人所有の物件となるため所有者の自由に塗装工事を進めることができます。工期も、塗装面積が少ないため、全体を塗り替えた場合でも1~2週間程度で終わるはずです。アパートは、マンションと同様に集合住宅ですが、小規模な建物が多いため工事期間はマンションと比べて短くなります。また、入居者の数も少なく、告知も大変ではありません。

4-2.入居者への告知について

マンションの塗装工事を行う前には、入居者に事前告知を行いましょう。告知なしに工事に入るとさまざまなクレームが起こります。塗装工事は、入居者からの修繕積立金が元になっているため、勝手に進めるわけにはいきません。必ず告知してから工事に入りましょう。告知方法は、管理組合の会合で通達する・回覧版で回す・廊下などの掲示板を利用する・管理組合のホームページに掲載する・個別に電話連絡するなど、いろいろあります。告知漏(も)れが発生しないように複数の方法を使いましょう。

4-3.マンションの塗装工事に関するそのほかの注意点

マンションの塗装工事は、入居者だけに影響を与えるわけではありません。工事車両の出入りやにおいの問題で、周辺住民にも迷惑がかかることがあります。トラブルを避けるためにも、塗装工事の期間や車両の出入りに関する内容を告知しておきましょう。戸別訪問が基本ですが、不在の場合は書面および担当者の名刺(連絡先の掲載があるもの)をポストに入れておいてください。

5.マンションの外壁塗装の業者選びについて

マンションの外壁塗装は、腕がよくて信頼できる業者に依頼しましょう。業者選びのポイント・アフターフォローやメンテナンスに関すること・注意点について詳しく解説します。

5-1.外壁塗装業者の選び方のポイント

マンションの外壁塗装は、以下のポイントを満たす業者に依頼すると安心です。

  • マンションの外壁塗装で豊富な実績を持っている
  • 工事の品質が高い
  • 依頼者の希望に添った提案ができる
  • 見積もりを無料で行っている
  • 工事費用がリーズナブル
  • 希望の工期を優先してくれる
  • 顧客からの評判がいい
  • アフターサービスが充実している

なお、当オフィスチャンプでもマンションの外壁塗装を数多く手がけており、好評をいただいています。ぜひ、ご相談ください。

5-2.アフターフォローやメンテナンスについて

外壁塗装業者を選ぶときは、アフターフォローやメンテナンスの内容についてもじっくり検討してください。万が一、やり直しが必要になったときなど、アフターフォローが充実していると安心です。また、外壁塗装は定期的にチェックすることで、劣化を最小限にとどめることができます。工事の完了後、まったく連絡がない業者では困るのです。アフターフォローやメンテナンスの良さは外壁塗装の満足度に大きく影響することでしょう。

5-3.マンションの外壁塗装業者に関する注意点

満足できる仕上がりを手に入れるためにも、顧客の立場や予算を十分に考えてくれるような業者を選びましょう。たとえば、売り上げを重視するばかり、必要以上に高価格な塗料や工事をすすめてくる業者もいます。しかし、信頼できる業者なら顧客の立場を理解し、できるだけ予算内で最高品質のものを提案してくれるはずです。また、見積もりを依頼した途端に本契約を急ぐ業者にも気をつけましょう。契約を交わした後に態度が変わるような業者は信頼できません。

6.マンションの外壁塗装に関するよくある質問

最後に、マンションの外壁塗装に関するよくある質問に回答します。それぞれの内容を参考にし、疑問を解決しておきましょう。

6-1.マンションの外壁塗装におすすめの付加機能はありますか?

外壁塗装用の塗料にも、機能性を求めることができます。たとえば、防汚性の高いものであれば雨などによる汚れをつきにくくすることが可能です。耐紫外線の機能があれば強い日差しを受けても劣化しにくく、長持ちすることでしょう。このほかにも、防水性や断熱性に優れたものもあります。いずれも、建物の寿命を長くするために必要なものです。どんな機能性を求めるかについては、業者とも相談して決めてください。

6-2.マンションの外壁塗装は明るめの色と暗めの色のどちらがいいでしょうか?

マンションの塗り替えをいい機会として、外観のイメージを変えたいということであれば、現在の色と異なるトーンを選ぶといいでしょう。しかし、最終的にはマンションの入居者の意見や好みを反映することをおすすめします。マンションの外壁は共有部分ですが、それぞれの入居者にとっては自分の資産の一部でもあるのです。入居者の希望や意見を無視して色を決めるとトラブルの原因になるのでやめましょう。

6-3.雨漏(も)りが起きている部分だけ塗り替えすればいいですか?

雨漏(も)りが起きている場合、実は広範囲にわたって問題があることもあります。まずは、業者に相談して診断してもらいましょう。雨漏(も)り部分だけをやり直しても、すぐに再発することもあるのです。安く済ませるつもりが、かえって高い費用を支払うことになるので注意しましょう。

6-4.業者に依頼した色調と実際の仕上がりが異なる理由は?

業者が示す色見本と、実際の外壁塗装の仕上がりでは、微妙に色合いが異なることがあります。理由はさまざまですが、塗料本来の色と下地の上に塗った色では、異なるのは当然です。また、屋内と屋外では光源が異なるだけでなく、距離の問題もあります。そのため、まったく同じになるとは限らないことを承知しておきましょう。できるだけギャップをなくすためにも、実際の施工例を見せてもらうとベストです。

6-5.外壁塗装工事費用を安くするためのコツはありますか?

外壁工事費用を安くしたいときは、以下のポイントを参考にしてください。

  • 安い価格の塗料にする
  • 工事時期を業者の都合に合わせる(繁忙時期より費用が安くなることがある)
  • 工事費用の安い業者を選ぶ
  • 費用の交渉をしてみる

なお、当オフィスチャンプでは、足場を組まない工法を採用しているため、ほかの業者よりも安く上がることが多くなりますのでご検討ください。

まとめ

今回は、マンションの外壁塗装について詳しく解説しました。マンションの耐久性を高め、外観の向上を図るためにも、定期的に外壁を塗り替えましょう。しかし、高品質な仕上がりにするためには、信頼できる業者を選ぶことが大切です。外壁塗装の費用に関しては、安いことに越したことはありませんが「安かろう悪かろう」では困ります。安くても高品質な工事を行っている業者にしましょう。マンションの外壁塗装は、大がかりなものになるため、失敗は許されません。入居者も満足できる結果を残すためにも妥協はしないでください。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!