アパートの外壁塗装のやり方や工程を知りたい。戸建てとの違いは?

アパートは、木造や軽量鉄骨造りの集合住宅のことです。賃貸住宅として建てられるのが一般的であり、定期的に大規模な修繕も必要になります。修繕の種類にはいろいろありますが、中でも外壁塗装は、アパートの寿命を左右することもある重要なものです。
そこで、今回は修繕としてアパートの外壁を塗装する意味や塗装するまでの手順、業者の選び方などを解説しましょう。

  1. 外壁塗装の基礎知識
  2. アパートの外壁塗装とは?
  3. アパートの外壁塗装を行うまでの流れ
  4. アパートの塗装に関するよくある質問

この記事を読めば、外壁塗装の必要性やメリットがよく分かります。アパートの外壁をそろそろ塗り替えようかと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.外壁塗装の基礎知識

はじめに、外壁塗装とはどのようなものか、役割や必要性などを解説します。なぜ、外壁塗装は必要なのでしょうか?

1-1.外壁塗装とは?

外壁塗装とは、文字どおり外壁に施す塗装のことです。外壁は、家を風雨から守ってくれる大切なものですが、外壁塗装は外壁を保護する役割をしています。外壁塗装は、断熱性や防水性・防汚性を持ち、外壁を紫外線や風雨・汚れから守るのです。塗装が剥げれば、外壁はより傷みやすくなり、家の寿命が短くなることもあります。

1-2.外壁塗装はすべての壁に必要なの?

外壁塗装は、レンガやタイル・コンクリート打ちっぱなしなど一部の外壁を除いて、必要です。アパートの場合は、築年数が20年以上ならモルタルの外壁、20年未満ならサイディングボードの外壁が多いでしょう。どちらも外壁塗装が必要です。

1-3.外壁塗装を行うメリット

前述のとおり、外壁塗装は外壁を保護する役目のほかに、建物の印象も左右します。家を建ててから年月がたつにつれて、外壁はどうしても汚れてくるものです。外壁塗装を行えば、建物の印象はかなりよくなるでしょう。アパートの場合は築年数がたっている物件ほど、外壁塗装を行うことで、入居者が増えるなどのメリットがあります。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!