屋上の防水工事は必要? 方法や防水塗料の種類・業者選びについて

1.防水工事の基礎知識

防水工事を行う前に、必要な基礎知識を身につけておかなければなりません。工事の内容や必要性・メリットについて説明します。

1-1.防水工事とは

防水材料を使用して、コンクリート構造物の地下室や屋上・屋根、室内床、水槽類などに防水・防湿のために行う工事を「防水工事」といいます。雨水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が浸入するのを防ぐのです。

1-2.防水工事の必要性

建物外部から室内への水の浸入を防ぐためには、「水が存在すること」「水が通過するすき間があること」「水を移動させる力が働くこと」の3つの条件のうち、いずれか1つを取りのぞくことが大切です。3つの条件がそろってしまえば、室内に水が浸入し、カビや腐朽菌(ふきゅうきん)が繁殖することになります。カビと腐朽菌は、建物の老朽化につながり、耐久性が弱くなってしまうのです。地震などの自然災害に弱い建物となるため、早めの対応が必要となります。

1-3.防水工事のメリット

防水工事は、雨水の浸入を防ぐだけでなく、家の耐久性をアップさせることができます。耐久性を保っている下地や柱の老化を防げるため、家の寿命を延ばすことにつながるのです。安心・安全に暮らし、家全体を守るためには、防水工事が必要となるでしょう。

2.屋上の防水工事について

それでは、屋上の防水工事についてお話します。必要性や防水工事のメリット・デメリット、工事のタイミング、定期点検の必要性、耐用年数、一戸建てと集合住宅の違いについて詳しくチェックしていきましょう。

2-1.必要性

建物の屋上・屋根防水は、とても重要な部分だといわれています。なぜなら、屋上防水することで、雨水から建物を守っているからです。雨水が直接当たる部分でもあるため、防水機能が低下するほど建物内に水が浸入しやすくなってしまいます。

2-2.防水工事のメリット・デメリット

屋上の防水工事は、雨水を防げることが最大のメリットといえるでしょう。長期にわたって保護する防水材の役割は大きく、建物を雨漏りから守り寿命を延ばすメリットを持っています。逆に、防水工事を怠れば、建物の耐久性が低くなり、寿命も短くなってしまうのです。すぐに雨漏りが発生したり、地震などの自然災害に弱くなったりと、さまざまなデメリットが出てくるでしょう。

2-3.工事のタイミングは?

雨漏りがしている場合、雨水が浸入している証拠となるので早めの工事が必要です。できれば、雨漏りが発生する前に工事を終わらせておかなければなりません。また、防水工事は春と秋にすると良いでしょう。なぜなら、冬場は防水塗料が乾燥するまでに凍結・結露してしまい、夏場は暑い日差しが続くので防水シートがダメになってしまうからです。天候が穏やかで塗料が乾燥しやすい春・秋がベストな時期でしょう。

2-4.定期点検の必要性

雨水の浸入を未然に防ぐためには、定期点検が必要です。また、定期点検を行っておけば、雨漏りしやすい部分が発見でき、素早く対処することができます。定期点検を行わずに発見が遅れると、長期にわたり建物内に水が浸入し続け、劣化を早めてしまうのです。また、防水の効果は約10~15年といわれているため、定期的に点検を行いましょう。

2-5.耐用年数について

屋上・屋根に使われている素材・塗料によって耐用年数が異なります。日本でよく使われている素材と耐用年数を以下にピックアップしたので、ぜひチェックしてください。

  • 日本瓦:50~100年
  • ガルバリウム鋼板:30~50年
  • 洋瓦・セメント瓦:30~40年
  • スレート:20~25年
  • 陸屋根(りくやね)・FRP防水:10~13年

2-6.一戸建て・集合住宅の違いとは

集合住宅は、1つの建物内に複数の部屋があり、たくさんの人が住んでいます。屋上部分の範囲も一戸建てより広いため、どこから雨水が浸入しているのか判断しにくいところがあるのです。さらに、一戸建てよりも集合住宅の防水工事のほうが、時間と手間がかかります。共有部分以外の場所から雨漏りしている場合は、その部屋の住人が費用を支払わなければなりません。しかし、屋上は共有部分となるため、管理人が負担することになります。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!