屋上の防水工事は必要? 方法や防水塗料の種類・業者選びについて

屋根や外壁などの建造物の外まわりは、時間の経過とともに亀裂やヒビが入ります。亀裂やヒビから雨水が浸入することで、建物の大切な部分である鉄骨や鉄筋・木材が傷み、建物の寿命を縮めてしまうのです。雨水の浸入を防ぎ、建物を長続きさせるためには防水工事が必要だといわれています。しかし、どうすれば屋上の防水工事ができるのか、悩んでいる方は多いでしょう。そこで、本記事では、防水工事の基礎知識やチェックポイント・方法・業者の選び方について説明します。

  1. 防水工事の基礎知識
  2. 屋上の防水工事について
  3. 屋上の防水工事~チェックポイント
  4. 屋上の防水工事~主な方法
  5. 屋上の防水工事~業者の選び方
  6. 屋上の防水工事に関してよくある質問

この記事を読むことで、屋上の防水工事を正しく行うために必要な知識を身につけることができます。検討中の方はぜひチェックしてくださいね。

1.防水工事の基礎知識

防水工事を行う前に、必要な基礎知識を身につけておかなければなりません。工事の内容や必要性・メリットについて説明します。

1-1.防水工事とは

防水材料を使用して、コンクリート構造物の地下室や屋上・屋根、室内床、水槽類などに防水・防湿のために行う工事を「防水工事」といいます。雨水にさらされる部分を防水処理することで、建物内部に水が浸入するのを防ぐのです。

1-2.防水工事の必要性

建物外部から室内への水の浸入を防ぐためには、「水が存在すること」「水が通過するすき間があること」「水を移動させる力が働くこと」の3つの条件のうち、いずれか1つを取りのぞくことが大切です。3つの条件がそろってしまえば、室内に水が浸入し、カビや腐朽菌(ふきゅうきん)が繁殖することになります。カビと腐朽菌は、建物の老朽化につながり、耐久性が弱くなってしまうのです。地震などの自然災害に弱い建物となるため、早めの対応が必要となります。

1-3.防水工事のメリット

防水工事は、雨水の浸入を防ぐだけでなく、家の耐久性をアップさせることができます。耐久性を保っている下地や柱の老化を防げるため、家の寿命を延ばすことにつながるのです。安心・安全に暮らし、家全体を守るためには、防水工事が必要となるでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!