省エネ住宅ポイント制度とは? 対象や申請期間はどうなっているの?

「省エネ住宅ポイント」という制度があったのをご存じでしょうか? 一定の条件を満たすエコ住宅の新築やエコリフォームに対して、ポイントが発行される制度のことです。消費者のエコ思考が高まりつつある今の時代、食品業界や自動車業界でも、商品の省エネ化・エコ化が進んでいます。住宅業界でも「エコ住宅」や「省エネ住宅」が新常識になってきているのです。国としても、この流れを強化するために、ポイント制度を導入しました。この記事では、省エネ住宅ポイントのメリットや条件・申請方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. 省エネ住宅ポイントとは?
  2. エコ住宅の新築・エコリフォームについて
  3. 省エネ住宅ポイントの申請について
  4. 住宅のリフォーム、新築の相談について
  5. 省エネ住宅ポイントに関するよくある質問

この記事を読むことで、省エネ住宅ポイントについて大まかなことが分かるはずです。住宅の新築やリフォームを検討している人は、ぜひチェックしてみてください。

1.省エネ住宅ポイントとは?

まずは、省エネ住宅ポイントという制度について解説します。

1-1.どういう制度なのか?

省エネ住宅ポイント制度は、平成26年12月に閣議決定された「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」に盛り込まれたものです。省エネ住宅の新築やエコリフォームに対してポイントを発行する制度で、発行されたポイントはさまざまな商品などと交換できます。従来の住宅エコポイント制度は平成26年3月末でいったん終了しましたが、消費喚起策の一環として復活したのです。従来制度との大きな違いは、分譲住宅の購入も範囲に含まれた点でしょう。そのほかにも、対象性能要件に若干の変更がありました。

1-2.目的とメリット

省エネ住宅ポイント制度の目的は、以下の2つです。

  • 省エネ住宅の新築やエコリフォームの普及を図る
  • 住宅投資の拡大を図る

すべての住宅新築やリフォームを対象にするのではなく、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームに対象を限定したのは、住宅のエコ化を進めるためでもあります。省エネ住宅は、コスト削減や環境への優しさなど、メリットがたくさんある住宅です。省エネ住宅ポイント制度によって、住宅の新築やリフォームを検討している人がエコ化に興味を持つことは間違いないでしょう。住宅のエコ化が進めば、地球温暖化など環境問題への対策として役立つことになります。

1-3.対象

省エネ住宅ポイント制度の対象となるのは、エコ住宅の新築およびエコリフォームです。エコ住宅とは、環境への負荷をできるだけ少なくすることを目的として建てられる住宅のことをいいます。具体的には、高気密高断熱素材や太陽光発電・高効率給湯器などを導入することで、環境にも健康にも優しい住宅を実現しているのです。一方のエコリフォームには、天井や壁・床などを断熱改修することや、燃料電池やオール電化など電気やガスを生み出す設備を取り入れることなど、さまざまな方法があります。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!