外壁塗装に最適な塗料の種類とは? 選び方のポイントを知ろう!

外壁塗装の種類についてご存じでしょうか? 外壁は外観のイメージを左右するだけなく、建物を保護する大切な役割を果たしています。しかし、いずれやってくるのが塗料の寿命というものです。寿命が近づいてくると、外壁にさまざまな不具合が起こるようになります。大がかりな補修が必要になる前に、外壁塗装の塗り替えを検討しましょう。この記事では、外壁塗料の種類や選び方、塗り替え時期などをまとめてご紹介します。

  1. 塗料について
  2. 外壁塗料の種類
  3. 塗料の選び方
  4. 外壁塗装の塗り替えについて
  5. 外壁塗装業者の選び方
  6. 外壁塗装に関するよくある質問

この記事を読むことで、外壁塗装に最適な塗料について分かるはずです。ぜひ参考にして、満足のいく塗り替えをしてください。

1.塗料について

まずは、塗料についてまとめました。

1-1.どういうものか?

塗料とは、対象物の保護や美装・機能付与のために塗りつける材料のことです。主に顔料・樹脂類・溶剤といった成分が含まれています。樹脂類を溶解するために使用する溶剤が水かシンナーかによって、水性塗料と油性塗料に分けられるのです。塗料は用途に応じてさまざまなタイプがあり、用途ごとに特化したものが存在しています。

1-2.どんなところに使われるのか?

塗料が使用される対象物にはさまざまなものがあります。具体的には、建築物や構造物を始め、自動車や鉄道の車両・電気機械・金属製品・ガーデニング用品・家具・皮革・模型などがあるでしょう。それぞれ求められる機能も目的によって変わってくるため、適した塗料を選ぶ必要があります。

1-3.種類

塗料にはさまざまな種類があり、分類の仕方も多様です。対象物の材質や塗料の形状・塗膜の性能や状態などによっても分類されています。外壁塗装で使用される塗料の種類については、次項で詳しくご紹介しましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!