寿命?屋根の劣化を感じたらチェックしたいポイントや工事の基礎知識

5.よくある質問

5-1.おすすめの屋根の色は?

グレーが最も人気の色になります。熱反射率が高く色あせもしにくいのが理由です。次いで黒・茶などの落ち着いた色が使われる傾向にあります。

5-2.雨漏りは自分で直してもいい?

屋根の上にのぼるのは危険ですので、屋内の応急処置だけにしておきましょう。また、雨漏りがあるほど劣化した屋根を使い続けるのは危険です。すぐに点検と補修工事を依頼することをおすすめします。

5-3.見積もり後に断ってもいいの?

複数の屋根補修業者の見積もり合わせをおこなうことで、より安い業者を選べるでしょう。ただし、目先の安さだけでなく工事内容・オプション料金・保証についてもしっかり確認してください。

5-4.アパート・分譲の屋根の補修は?

大家さん・管理人などに相談してください。不動産会社が提携している業者がある場合があります。屋根の補修費を個人で支払うことはまずありませんので安心してください。

5-5.屋根と一緒に、外壁の塗装もしたいのですが

屋根の塗装ができる業者は、外壁の塗装もおこなえることがほとんどです。工事や養生のプランにもかかわってきますので、工事したい箇所はまとめて伝えておきましょう。

6.まとめ

いかがでしたでしょうか。屋根は、雨風・日差しなどから家を守ってくれる重要なものです。屋根に不具合があると建物内部・暮らしにも影響が出てしまいます。屋根にも寿命があることを認識し、きちんとケアしましょう。塗装・張り替えなどの基本的な情報をお伝えしましたが、より詳しい内容は業者への問い合わせフォームなどを利用することをおすすめします。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!