寿命?屋根の劣化を感じたらチェックしたいポイントや工事の基礎知識

1.屋根の劣化について

1-1.屋根の劣化状況について

屋根の劣化にはさまざまな状況があります。主な症状は以下のとおりです。

  • 色あせ
  • 塗膜はがれ
  • 反り返り
  • サビ
  • 藻・カビ
  • ひび割れ

ひとつだけでなく、複数の症状が出ることもあります。

1-2.原因について

屋根の劣化の大きな原因は紫外線・雨などを受け続けることによる経年劣化です。経年劣化により、色あせ・塗膜はがれなどの症状が出てしまいます。経年劣化によりもろくなった屋根に力が加わると、ひび割れまで発展してしまうこともあるのです。

1-3.耐用年数について

屋根の寿命はおよそ10年~20年で、塗料や種類によって年数に差があるのです。家屋(建物)の使用可能な期間を見積もったものを法定耐用年数と言います。屋根の耐用年数は、建物の耐用年数と同じになり、屋根だけ張り替えたからといって建物の耐用年数が延長されることは基本的にありません。

1-4.屋根の種類について

1-4-1.コロニアル

今新築で最も使用されている素材です。施工が簡単で、取り扱っている業者が多く、軽量・耐震性に優れるというメリットがあります。ただし、カバー工法(既存の屋根の上に新しくコロニアル屋根を張る)ができない・デザインが単調といったデメリットもあるのです。

1-4-2.ガルバリウム鋼板

屋根のリフォーム分野で最も使用されているのがガルバリウム鋼板です。既存のコロニアル屋根に直接張るカバー工法が普及しています。軽量で耐久性・断熱効果があるなどのメリットや、工事費が比較的高額・浸水に弱いため傾斜をつける必要があるなどのデメリットもあるのです。

2.屋根の劣化の影響について

2-1.屋根の劣化を放置することによる影響について

屋根の劣化は景観の悪さだけでなく、ひび割れ・浸水・カビ・サビなどの症状も引き起こしてしまいます。屋根から侵入した雨水や湿気は、外壁や建物内部にも影響をおよぼし、雨漏り・腐食・壁のくずれなども引き起こしてしまうのです。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!