外壁塗装の経年劣化にお悩みの方必見! お得な塗装対策をご紹介します。

ビルや施設などの建物の外壁塗装は、経年により劣化してきます。外壁が劣化していると建物全体が古ぼけて見えるだけではなく、清潔感がない・管理が行き届いていない・人の出入りがなさそうなどの悪い印象を与えてしまうものです。外壁塗装は建築物の見た目をよくするだけではなく、さまざまな役割をになっています。「外壁塗装が建物の寿命を決める」といっても過言ではありません。そこで、経年による外壁塗装の劣化にお悩みの方に向け、塗装の劣化や塗り替え工事、塗装業者についてなどの情報をご紹介しましょう。

  1. 塗装について
  2. 外壁塗装の劣化について
  3. 外壁の塗装の劣化を放置する影響
  4. 外壁の塗装が劣化したらどうすべきか
  5. 塗装の塗り替え工事について
  6. 塗装の劣化や外壁塗装〜よくある質問〜

この記事を読んでいただければ、外壁塗装の劣化の原因や対策が見付かります。お悩み解決のためにお役立てください。

1.塗装について

塗装の劣化について知るために、まずは塗装の基礎知識を学びましょう。

1-1.塗装とはどういうものか

そもそも「塗装」とは、流動性のある「塗料」を物体の表面に塗って「塗膜(とまく)」を作ることを指します。塗装の目的はさまざまで、対象となる物体に合わせて塗料も異なるのです。

1-2.塗装はどこに使うのか

  • 建築物:マンション・オフィスビル・商業施設・公共施設・住宅など
  • 構造物:道路・ダム・堤防・駅・空港など
  • 乗り物:自動車・電車・飛行機・船舶・自転車など
  • 機械類:工業用機械など
  • 日用品:家具・インテリア用品・皮革製品・家電・食器ほか

1-3.塗装の目的・必要性

塗装には、どのような目的や必要性があるのでしょうか。

1-3-1.対象物の保護

用途に合った塗料を使って塗装することで対象物を紫外線・風雨・ほこり・汚れから保護します。また、腐食を防いだり火事から守ったりする働きもあるのです。

1-3-2.美観

対象物を塗装することで、美しい外観を作ることができます。また、塗料の色をコーディネートすることによって、対象物のデザイン性を高めることもできるのです。

1-3-3.機能性を高める

特殊な機能性塗料で塗装することにより対象物の価値を高めます。

  • シックハウス症候群の原因であるホルムアルデヒドを吸着・除去する室内塗料
  • 抗菌力を高める室内塗料
  • 暗闇でも光る蓄光(ちっこう)塗料や、一瞬にして光を放つ蛍光塗料
  • 遮熱(しゃねつ)塗料、撥水(はっすい)塗料など

1-4.塗装の主な種類について〜工法〜

塗装の工法にはさまざまな種類があります。代表的なものをご紹介しましょう。

1-4-1.吹き付け工法

コンプレッサーと塗装専用ガンを使用し、塗料を細かい霧状にして対象物に吹き付ける工法です。小粒タイル模様、タイル模様、リシン模様ほかさまざまな「柄」を作ることができます。

1-4-2.ローラー工法

1番オーソドックスな方法です。下塗りから仕上げまでさまざまな種類のローラーを使い分けます。均一に塗る方法のほかにも、さざ波状の模様を作れる「マスチックローラー」などもあるのです。

1-4-3.刷毛(はけ)塗り

昔からある工法が刷毛(はけ)塗りです。職人の腕により仕上がりに差が付きます。刷毛(はけ)にもさまざまな種類があり、プロは10本以上の刷毛(はけ)を常備して使い分けをしているのです。

1-4-4.コテ工法

コテを使用して職人が模様を付けながら塗っていく工法です。腕しだいでどのような模様も作ることができます。コテだけではなく、吹き付けガンやローラー、刷毛(はけ)などを一緒に使用することでデザイン性を高くすることもできるのです。

1-5.最近の傾向〜機能性の高い外壁塗装用塗料〜

最近では、外壁塗装に使用する塗料も機能性が高い製品が選ばれるようになりました。特に注目されているのは「ラジカル塗料」です。

ラジカル塗料とは、2015年に登場した最新塗料になります。塗装面を劣化する劣化分子(ラジカル)を抑制することが可能な塗料なのです。耐久性が高くさまざまな下地への塗装が可能で、使い勝手がいいのも特徴になります。塗料自体の価格がリーズナブルなのも魅力でしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!