ビルの窓ガラスを清掃したい。依頼方法や頻度を詳しく解説します。

1.ビルの窓ガラスを清掃する目的とは?

はじめに、ビルの窓ガラスやエントランスのガラスなどを清掃する目的などをご紹介します。どのような方法があるのでしょうか?

1-1.ビルに使われているガラスの特徴

前述したように、ビルには窓をはじめとしてたくさんのガラスが使われています。特に、高層ビルは建物を軽量化する目的もあって、外装がガラス張りというところも多いのです。また、窓だけでなく、エントランスホールの外壁や、各テナントの仕切りや扉にガラスが使われていることもあります。

ビルに使われているガラスは、一般住宅で使われているガラスよりも大きくて厚みがあるのが特徴です。そのため、清掃にも手間がかかります。特に、高層ビルの窓ガラスははめ殺しになっているので、外側を清掃するには、専門の業者に依頼しなければなりません。エントランスなどに使われているガラスも、専門業者による清掃の方がきれいに仕上がります。

1-2.ガラスを清掃する目的

窓ガラスなどについた汚れは、とても目立ちます。また、曇りの原因にもなるでしょう。高層ビルに入っている飲食店は夜景を売り物の一つにしていることも多いものですが、窓ガラスが汚れていては、魅力も半減します。エントランスのガラスも同様です。汚れていればビルの第一印象も悪くなり、テナントの入りにも影響が出ます。

ガラスは汚れきってから清掃をするより、定期的に清掃をし続けた方が手間がかかりません。そのため、業者と契約を結んで定期的に清掃をしてもらうビルのオーナーも多いのです。

1-3.ビルのガラスを清掃する頻度

ビルのガラスは場所によって汚れの度合いが異なります。例えば、喫煙者がたくさん集まる場所では、窓ガラスは室内側も汚れやすいでしょう。反対に、禁煙のオフィスルームの窓ガラスは汚れにくいのです。窓の外側の汚れは、ビルの立地条件によって変わります。幹線道路に面して建っているビルは、車の排ガスなどで窓の外側が汚れやすいでしょう。また、雨がよく降る場所ですと、雨水がガラスを汚します。
そのため、汚れやすい室内のガラスは月に1度、窓ガラスの外側や汚れにくい室内のガラスは数か月~半年に1度程度の頻度で清掃をすることが多いでしょう。業者と契約する際、業者から「このくらいの頻度でどうですか?」と提案されることもあります。

2.ビルの窓ガラスの清掃方法

この項では、ビルの窓ガラスや室内のガラスを清掃する方法をご紹介します。どのような方法で清掃をするのでしょうか?

2-1.室内のガラス

室内のガラスは、専用の洗剤や用具を使って行います。広い面を一気に拭くことができる道具を使うので、拭きむらが残ったりすることもありません。

2-2.外側のガラス

ビルの窓ガラスの外側を清掃する場合は、ゴンドラやブランコなどに乗って行うやり方や、ロープで作業員を吊(つ)って行う方法があります。窓だけでなく外壁も清掃するかどうかや、ビルの外壁チェックを行うかどうかでも、用いる道具は異なるでしょう。また、ゴンドラやブランコを使えば、設置時間や費用もかかります。

低層ビルの場合は、柄の長い掃除用具で清掃を行ったり、低い足場を組んで清掃をすることもあるでしょう。

2-3.清掃と共にできること

ビルの窓ガラスの外側を清掃してもらうついでに、ビルの外壁の状態をチェックしてもらうことができます。常に風雨や紫外線にさらされ続けているビルの外壁は、劣化しやすい場所です。10~15年ごとに修繕を行うのが一般的ですが、気象条件や立地条件によっては劣化が早まったり、逆に遅くなったりするでしょう。ですから、窓ガラスの清掃の際にチェックしてもらうことができれば、修繕の目安もつけやすいのです。

ただし、どのような業者でも清掃とチェックを同時に行ってくれるわけではありません。清掃だけでなく、リフォームも手がけている業者がチェックサービスを行っていることが多いでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!