ビルの窓ガラスを清掃したい。依頼方法や頻度を詳しく解説します。

ビルには、たくさんのガラスが使われています。窓はもちろんのこと、エントランスホールや各テナントの仕切りなどにも、大きなガラスが使われているビルも多いことでしょう。ガラスを多用しているビルは、明るく開放感があります。その反面、窓ガラスなどの汚れに悩んでいる方も多いことでしょう。

そこで、今回はビルの窓やガラスの清掃方法についてご紹介します。

  1. ビルの窓ガラスを清掃する目的とは?
  2. ビルの窓ガラスの清掃方法
  3. 清掃を依頼する業者の選び方
  4. ビルの窓やガラスの清掃に関するよくある質問

この記事を読めば、ビルのガラスを清掃する頻度や業者の選び方がよく分かるでしょう。ガラス清掃の業者を探している方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.ビルの窓ガラスを清掃する目的とは?

はじめに、ビルの窓ガラスやエントランスのガラスなどを清掃する目的などをご紹介します。どのような方法があるのでしょうか?

1-1.ビルに使われているガラスの特徴

前述したように、ビルには窓をはじめとしてたくさんのガラスが使われています。特に、高層ビルは建物を軽量化する目的もあって、外装がガラス張りというところも多いのです。また、窓だけでなく、エントランスホールの外壁や、各テナントの仕切りや扉にガラスが使われていることもあります。

ビルに使われているガラスは、一般住宅で使われているガラスよりも大きくて厚みがあるのが特徴です。そのため、清掃にも手間がかかります。特に、高層ビルの窓ガラスははめ殺しになっているので、外側を清掃するには、専門の業者に依頼しなければなりません。エントランスなどに使われているガラスも、専門業者による清掃の方がきれいに仕上がります。

1-2.ガラスを清掃する目的

窓ガラスなどについた汚れは、とても目立ちます。また、曇りの原因にもなるでしょう。高層ビルに入っている飲食店は夜景を売り物の一つにしていることも多いものですが、窓ガラスが汚れていては、魅力も半減します。エントランスのガラスも同様です。汚れていればビルの第一印象も悪くなり、テナントの入りにも影響が出ます。

ガラスは汚れきってから清掃をするより、定期的に清掃をし続けた方が手間がかかりません。そのため、業者と契約を結んで定期的に清掃をしてもらうビルのオーナーも多いのです。

1-3.ビルのガラスを清掃する頻度

ビルのガラスは場所によって汚れの度合いが異なります。例えば、喫煙者がたくさん集まる場所では、窓ガラスは室内側も汚れやすいでしょう。反対に、禁煙のオフィスルームの窓ガラスは汚れにくいのです。窓の外側の汚れは、ビルの立地条件によって変わります。幹線道路に面して建っているビルは、車の排ガスなどで窓の外側が汚れやすいでしょう。また、雨がよく降る場所ですと、雨水がガラスを汚します。
そのため、汚れやすい室内のガラスは月に1度、窓ガラスの外側や汚れにくい室内のガラスは数か月~半年に1度程度の頻度で清掃をすることが多いでしょう。業者と契約する際、業者から「このくらいの頻度でどうですか?」と提案されることもあります。

2.ビルの窓ガラスの清掃方法

この項では、ビルの窓ガラスや室内のガラスを清掃する方法をご紹介します。どのような方法で清掃をするのでしょうか?

2-1.室内のガラス

室内のガラスは、専用の洗剤や用具を使って行います。広い面を一気に拭くことができる道具を使うので、拭きむらが残ったりすることもありません。

2-2.外側のガラス

ビルの窓ガラスの外側を清掃する場合は、ゴンドラやブランコなどに乗って行うやり方や、ロープで作業員を吊(つ)って行う方法があります。窓だけでなく外壁も清掃するかどうかや、ビルの外壁チェックを行うかどうかでも、用いる道具は異なるでしょう。また、ゴンドラやブランコを使えば、設置時間や費用もかかります。

低層ビルの場合は、柄の長い掃除用具で清掃を行ったり、低い足場を組んで清掃をすることもあるでしょう。

2-3.清掃と共にできること

ビルの窓ガラスの外側を清掃してもらうついでに、ビルの外壁の状態をチェックしてもらうことができます。常に風雨や紫外線にさらされ続けているビルの外壁は、劣化しやすい場所です。10~15年ごとに修繕を行うのが一般的ですが、気象条件や立地条件によっては劣化が早まったり、逆に遅くなったりするでしょう。ですから、窓ガラスの清掃の際にチェックしてもらうことができれば、修繕の目安もつけやすいのです。

ただし、どのような業者でも清掃とチェックを同時に行ってくれるわけではありません。清掃だけでなく、リフォームも手がけている業者がチェックサービスを行っていることが多いでしょう。

3.清掃を依頼する業者の選び方

清掃を依頼する業者を選ぶ際には、実績や費用を見て決めるという方は多いことでしょう。それは、間違いではありません。多くの方に選ばれているからこそ実績があるのですし、費用が安ければ助かります。
ただし、それ以外にも依頼できる内容や作業員の質・アフターフォローの有無なども確認しましょう。ビル窓の清掃をするためには、特別な資格は必要ありません。アルバイトが行っていることもあります。しかし、「ビルクリーニング技能士」のような資格を取得している従業員が所属している会社の方が、仕上がりが美しいことも多いでしょう。
また、費用の方も正当な企業努力で値段を下げているのならば問題ありません。ですが、中にはやるべきことを行わずに価格を下げているところもあります。このようなところに依頼すれば、後でトラブルになる可能性もあるでしょう。

オフィスチャンプでは、独自の技術によりゴンドラを使わずにビル窓の清掃を行っています。その分価格も安くなりますし、ゴンドラを吊(つ)るすスペースのない場所でのビル窓清掃も可能です。ホームページから無料で見積もりも行えます。

4.ビルの窓やガラスの清掃に関するよくある質問

Q.窓があくタイプのビルならば、テナントの従業員が窓の外側の清掃を行っても大丈夫ですか?
A.問題はありませんが、業者が行うようにきれいには行えないでしょう。

Q.窓ガラスの外側の清掃は、専門業者が行うのですか?
A.窓ガラスの清掃を専門に行っている業者もありますし、ビル全体のクリーニングを請け負っている会社が行うこともあります。また、前述したように外壁リフォーム会社が業務の一環として行うこともあるでしょう。

Q.ビルクリーニング技士とはどのような資格ですか?
A.ビルクリーニングに関する技能を評価する、技能士という国家資格の一種になります。取得している方は、専門の技能や知識を持っているのです。

Q.窓ガラス清掃の費用は、汚れによって異なるのでしょうか?
A.落としにくい特別な汚れが大量についている場合以外は、窓ガラス1枚当たりの計算で見積もりが行われることが一般的です。詳しくは、業者と相談してください。

Q.窓ガラスの外側を清掃してもらっている最中、テナントは業務を行っていても大丈夫ですか?
A.問題ありません。ただし、どうしても気になる方もいるでしょう。その場合は、ブラインドを閉めるなどして対応しましょう。

5.おわりに

いかがでしたか。今回は、ビルの窓やガラスを清掃する方法や頻度についてご紹介しました。窓ガラスや室内のガラスがきれいに保たれていると、ビルの印象もぐっとよくなります。必要経費と考えて、定期的に業者へ清掃を依頼しましょう。今は、インターネットで見積もりも出してもらえますので、依頼も簡単に行うことができます。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!