防水工事を知りたい人は注目! 塗装の種類・塗り替えのタイミングは?

大雨になると、家の雨漏(も)りが気になりますよね。新しい家でも、屋根や外壁のひび割れから雨漏(も)りすることもあるでしょう。家の寿命を延ばすためにも、防水工事は重要な意味を持ちます。今回は、家の防水工事の種類や方法・塗替えのタイミングなど、詳しく解説しましょう。

  1. 防水工事について
  2. 屋根の防水工事について
  3. 屋根・屋上の防水工事の方法
  4. 防水工事の大まかな流れを理解しよう
  5. 防水工事の業者の選び方
  6. 防水工事にかんするよくある質問

この記事を読むことで防水工事の重要性を理解でき、目的や希望に合った工事の種類を選べるようになるでしょう。防水工事について知りたい人は、ぜひ読んでみてください。

1.防水工事について

最初に、防水工事の基本について詳しく解説します。

1-1.防水工事とは

防水工事とは、主に以下のような対策を行うものです。

  • 雨水対策:屋根や壁から雨水が室内に入るのを防ぐ工事
  • 漏水対策:建物内部の水道管もしくは排水管からの漏水を防ぐ工事
  • 地下水対策:建物の基礎に地下水がしみてくるのを防ぐ工事

1-2.防水工事の必要性

適切な防水工事を行うことで、漏水被害を防ぐことができます。建築物は、そのままの状態では素材に水がしみ込んだり、すき間から水が入り込んだりしやすいものです。建物を水漏(も)れから守るためには、屋根や外壁だけでなく、建物内部や基礎部分にも防水工事をしましょう。しっかり対策しておけば、水漏(も)れの心配は無くなります。

1-3.防水工事のメリット

防水工事には、さまざまなメリットがあります。具体的には、下記をご覧ください。

  • 雨漏(も)りなどの漏水を防止できる
  • 建築物の見た目をキレイに維持できる
  • 建築物の強度が高まり寿命が延びる
  • シロアリなどの虫害を防ぐことができる
  • カビの発生を防ぐことができる
  • 漏水の心配が無くなって安心して過ごすことができる

2.屋根の防水工事について

屋根の防水工事について詳しく解説します。防水工事を行うタイミングや耐用年数についても理解しておきましょう。

2-1.屋根の防水工事の必要性

屋根は家を雨風や紫外線から守る重要な役割を持っています。防水工事は、雨漏(も)りを防ぐために必要です。防水工事を行っていない、もしくは、不十分な屋根は、大雨や台風のときに雨漏(も)りしやすくなります。屋根にしみた雨水が室内に入って家具や電化製品などに損害を与えるだけでなく、家の腐食を進めてしまうのです。また、雨漏(も)りがある家は、強度も下がるので災害時に大きな被害が出る可能性があります。屋根の防水工事の必要性は高いのです。

2-2.防水工事のタイミングについて

防水工事をするタイミングは、以下のようなときです。新築やリフォームと同時に水漏(も)れ防止のために行うものと、水漏(も)れ修理のために行うものがあります。なお、耐用年数が過ぎたものは塗替えをしましょう。

  • 新築したとき
  • 建物のリフォームや修理を行ったとき
  • 防水工事の耐用年数が過ぎたとき
  • 雨漏(も)りが発生したとき

2-3.定期点検の必要性を学ぼう

防水工事を行った後は、定期点検を忘れてはいけません。工事をきちんと行っても、何らかの理由によって塗装がはげたり屋根材にひび割れが発生したりすることで防水効果が落ちてしまうからです。せっかく防水工事を行ったのに雨漏(も)りがした、というケースもあります。定期点検で不具合がみつかればすぐに直せるだけでなく、修理費用が安く済んでお得です。

2-4.防水工事の耐用年数について

防水工事をした屋根も、経年変化で効果が薄くなります。防水工事の耐用年数は、工法や塗装の種類によっても異なりますが、短いもので10年程度・長いもので20年程度です。耐用年数が過ぎると、十分な防水効果を期待できないためやり直す必要があります。また、耐用年数を過ぎていなくても、大雨や台風を経験した後などで塗装がはがれたりひび割れたりしたときは、工事のやり直しをしてください。

2-5.一戸建てと集合住宅の防水工事の違い

一戸建ての場合は、水漏(も)の場所によって原因がわかりやすいものです。たとえば、屋根の場合は雨漏(も)りであり、台所の床などは水道管や排水設備の不具合による漏水と判断できます。しかし、集合住宅の場合は水漏(も)れしている部屋だけの問題とは限りません。天井からの水漏(も)れは、上の階の住人による漏水の可能性もあります。そのため、一戸建てと集合住宅の防水工事は同等に考えてはいけないのです。

3.屋根・屋上の防水工事の方法

屋根や屋上の防水工事の方法にはどんなものがあるのでしょうか。工法や防水塗料の種類について詳しく解説します。

3-1.防水工事の種類

防水工事の主な工法は以下です。

3-1-1.シート防水工法

シート防水工法とは、防水効果のあるシートを貼り付ける方法です。シートを貼り付けるだけで簡単に屋根などの防水を行うことができます。なお、シートの種類としては、合成ゴム系・塩化ビニール系・ポリオレフィン系・エチレン酢酸ビニール樹脂系などが代表的です。

3-1-2.塗膜防水工法

塗膜防水工法とは、防水効果のある塗料を塗る方法です。塗料の種類は、ウレタンゴム系・ゴムアスファルト系・FRP系・アクリルゴム系・セメント系などがあります。

3-1-3.アスファルト防水

アスファルト防水は、合成繊維不織布にアスファルトを含ませたシートを貼り重ねていく工法で、シート防水と塗膜防水を同時に行います。アスファルト工法は、熱工法・トーチ工法・常温工法の3種類が主流です。

3-2.防水塗料の種類

防水塗料の種類を学びましょう。主なものについて、メリット・デメリットを踏まえて解説します。

3-2-1.ウレタン塗装

ウレタン塗装では、塗料にウレタン樹脂を含むものを利用します。主に外壁や屋根など、広い部分の防水工事に使われるものです。

  • メリット:塗りやすくて密着性が高い・費用が安く済む
  • デメリット:ほかの塗装に比べて耐用年数が短い

3-2-2.シリコン塗装

シリコン塗装では、シリコン成分を含んだ塗料を使って防水効果を狙います。ウレタン塗装よりも、耐久性に優れているなどのメリットがあり、外壁や屋根に多く使われるものです。

  • メリット:広範囲に塗りやすい・コストパフォーマンスに優れる
  • デメリット:シリコン塗装でも単層弾性塗料を使うと耐久性が低い

3-2-3.浸透給水防水塗装

浸透給水防水塗装では、内部に浸透させるタイプの防水塗料を使います。主に、コンクリートやモルタルなどの吸水防止処理用です。

  • メリット:外観を損なわない・通気性に富む
  • デメリット:費用が高い

3-2-4.FRP防水塗装

FRP防水塗装とは、不飽和ポリエステル樹脂に硬化剤を加え、さらにガラス繊維などの補強材と組み合わせた塗膜防水です。

  • メリット:強度や耐水性に優れている・ひび割れが出にくい
  • デメリット:弾性が低いためコンクリート屋根には不向き・価格が高い

4.防水工事の大まかな流れを理解しよう

防水工事の大まかな流れを解説します。工事の日数や費用、業者の選び方についても学びましょう。

4-1.防水工事の流れについて

防水工事の流れについては、下記を参考にしてください。

  1. 水漏(も)れチェックによって現時点での不具合を確認・修理する
  2. 屋根の金物や不要物を取り除く
  3. 屋根の洗浄をする
  4. 下地処理をする
  5. 防水塗装やシート貼り付けを行う
  6. 仕上げ処理(保護塗装)をする

なお、工法や塗装の種類によって必要な処理が異なります。詳しくは、業者に確認しておきましょう。

4-2.水漏(も)れチェックの必要性

防水工事の前には、水漏(も)れチェックを欠かすことができません水漏(も)れ部分をそのままにして防水工事を行うのでは、効果が半減してしまいます。チェックの結果、不具合があると判明したときは、必要な修理を行ってから防水工事に入るのです。

4-3.防水工事の大体の日数

防水工事の日数は、工法や工事面積などによって異なります。以下は一般的な住宅における目安と考えてください。なお、いずれの方法であっても雨天など悪天候になると必要な日数が伸びます。

  • シート防水工法:3日から4日程度
  • 塗膜防水工法:4日から5日程度
  • アスファルト防水工法: 7日程度

ただし、マンションなどの大規模な建物になると1か月から2か月を要することもあります。

4-4.防水工事の費用について

防水工事の費用の目安は、1平方メーター当たり以下のようになります。

  • シート防水工法:2,000円から7,500円程度
  • 塗膜防水工法:3,500円から7,000円程度
  • アスファルト防水工法: 5,500円から8,000円程度

5.防水工事の業者の選び方

防水工事は、信頼できる業者に依頼することが大切です。ここでは、業者選びのポイントや依頼するときのコツ・注意点などを解説しましょう。

5-1.防水工事の業者選びのポイント

防水工事の業者は、以下のポイントをクリアしているところを選びましょう。

  • 豊富な実績がある
  • 技術力が高い
  • 水漏(も)れ診断・見積もりを無料で行っている
  • 建物の状態や予算を考えて最適な提案をしてくれる
  • 工事費用が明確でリーズナブル
  • 希望納期をできるだけ考慮してくれる
  • 利用者からの評判がいい

なお、当オフィスチャンプでも、防水工事にかんしては豊富な実績を誇り、利用いただいた皆さんに好評を得ています。ぜひ参考にしてください。

5-2.見積もりと無料診断について

親切な業者では、工事の見積もりと水漏(も)れなどの診断を無料で行っています。まずは、無料診断を受けて工事の費用や期間を見積もってもらいましょう。なお、無料診断も信頼できる業者に依頼することが大前提です。悪徳業者の中には、特に不具合が無いのに不必要な工事をすすめてくることもあります。また、無料診断を行った後に必要以上に契約を急ぐ業者にも注意してください。信頼できる業者に無料診断を依頼して、きちんとした見積もりをもらいましょう。

5-3.水漏(も)れ原因の追及と経験について

水漏(も)れの原因を正確に把握することは、とても難しいことです。屋根からの雨漏(も)りだと思っていたら、実は外壁のひび割れからの浸水だったということもあります。水漏(も)れの原因追及は、経験の積み重ねによるものです。豊富な実績と経験を持った業者なら、水漏(も)れの原因を正確に突き止めてくれるでしょう。

5-4.防水工事の保証やアフターフォローもチェックを

業者に防水工事を依頼する場合は、保証内容やアフターフォローについてもチェックしてください。たとえば、工事後まもなく雨漏(も)りした場合に無料で修復してもらえるのか、有料対応になるのかなど、確認しておきましょう。業者の中には、工事費用が安く済んでも完了後はまったくフォローしてくれないところもあります。しかし、防水工事に不具合があった場合に困るものです。万が一のときのために、保証やアフターフォローがしっかりしている業者を選んでおけば安心できますよ。

5-5.業者とのトラブル・注意点について

第一に、信頼できる業者を選ぶことがポイントです。突然訪問してきて「今すぐ工事をしないと危険だ」などと不安をあおる業者には、悪徳なところが多いので注意してください。また、見積もりは内容をきちんとチェックし、疑問がある点は契約前にクリアしておきましょう。特に、わかりにくい項目でムダな費用を計上していないかチェックしてください。不明なものは説明してもらいましょう。なお、業者とのトラブルの原因は、コミュニケーション不足によるものも多くあります。疑問や質問はそのたびに聞き、常に不安を残さないことが大切です。

6.防水工事にかんするよくある質問

最後に、防水工事にかんするよくある質問に回答します。ほかの人が疑問に感じることをしっかりチェックしておきましょう。

6-1.防水工事中の家で生活しても支障は無いですか?

防水工事中は、塗料の臭(にお)いや騒音・振動が気になることがあります。また、工事中は洗濯物を室外に干すことができない場合もあるでしょう。何かと不便を感じることもあるのは事実です。しかし、24時間ずっと作業をしているわけではありません。工事を行っている日中だけ外出して、夜間に戻る生活をすれば支障を抑えることができます。

6-2.防水工事の内容に不満がある場合はやり直し可能でしょうか?

防水工事の品質に不満がある場合は、業者に連絡して説明を受けてください。業者に落ち度があったときは、やり直しを依頼できます。ただし、防水工事が仕上がった後で、ほかの工法や塗装の種類に変更したい、といった場合は難しいでしょう。業者は契約どおり工事をしていて落ち度が無いからです。本当にやり直しを依頼するのなら、やり直しの工事費用を全額負担することになります。

6-3.防水工事には足場が必要ですか?

一般的には、屋根や外壁の高い部分など状況によっては足場を組む必要があるため、業者に確認してみましょう。なお、足場を組むためには、設置費用が1平方メーター当たり600円から800円ほど必要です。当オフィスチャンプでは「足場を組まない工事」をおすすめしています。足場を組まなければ工事費用も安く上がるため、ぜひ検討してみてください。

6-4.防水工事を避けた方がいい時期はいつですか?

屋根や外壁の防水工事を行うには、昼間かつ雨が降っていないことが条件です。そのため、梅雨(つゆ)など、雨が降りやすい時期は避けた方がいいでしょう。雨天では、塗装作業ができないからです。また、下地を乾かす工程にも遅れが出ます。工期が延びると工事費用がかさむ原因となるので注意しましょう。

6-5.防水工事開始前に注意するべきことはありますか?

後日のトラブルを避けるためにも近隣の家に防水工事の期間を通知することを忘れないでください。工事車両の出入りや、塗料の臭(にお)いが気になることがあります。なお、信頼できる業者では近隣住民に迷惑を掛けないように事前に工事内容を説明しているので確認しましょう。

まとめ

今回は、防水工事について詳しく解説しました。工事や塗料の種類にもさまざまなものがあり、それぞれのメリット・デメリットがあることがわかったはずです。実際に防水工事を依頼数するときには、記事の内容を参考にして業者に相談しましょう。なお、業者選びをきちんと行うことが、工事の成功を約束します。信頼できる業者に適切な防水工事を依頼して、雨漏(も)りや漏水の心配の無い家を手に入れましょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!