マンションのコンクリート外壁のひび割れが気になる! 対処方法は?

現在、東京や大阪などの大都市を中心に、大規模マンションが次々と建設されています。また、高齢になると一戸建てよりもマンションの方が住みやすい、と引っ越しをする方もいるでしょう。マンションは鉄筋コンクリート製ですから、一戸建てよりも寿命が長いのがメリットです。しかし、マンションでも定期的な修繕が必要になります。修繕を行う時期を測る目安の一つがひび割れです。

そこで、今回はマンションにひび割れができる原因や対処方法をご紹介します。

  1. マンションの外壁がひび割れる原因とは
  2. ひび割れを放置しておく危険性
  3. マンションにひび割れが見つかった場合の対処方法
  4. 業者の選び方
  5. マンションの外壁に発生するひび割れに関するよくある質問

この記事を読めば、ひび割れを放置しておく怖さも分かるでしょう。住んでいるマンションの外壁にひび割れが目立ってきたという方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

1.マンションの外壁がひび割れる原因とは

はじめに、マンションの外壁がひび割れる原因を、外壁の材料と共にご紹介しましょう。一戸建ての外壁に起こるひび割れと何が違うのでしょうか?

1-1.マンションの外壁素材について

マンションとは、鉄筋コンクリート造りの集合住宅を指す言葉です。たとえ2階建ての小規模な集合住宅でも鉄筋コンクリート製であればマンションとよばれ、どれほど大規模な造りでも木造や軽量鉄骨造りの建物は、アパートになります。実は、鉄筋コンクリート製であることと、ひび割れの発生には関係があるのです。

1-2.コンクリートは縮んでひび割れる

コンクリートは、砂や砂利を水で溶いたセメントで固めたものです。マンションができたばかりの時は、水分は完全に蒸発しておらず、時間をかけて抜けていきます。水分が抜けた分コンクリートが縮むため、ひび割れができるのです。これは、どんな鉄筋コンクリート製の建物にもできるひび割れなので、防ぐことはできません。幅が0.3mm・深さが5mm未満のひびは、ヘアークラックとよばれ、放っておいても問題ないといわれています。ちなみに、一戸建てのヘアークラックは塗料の収縮によって起こることが多いので、マンションに発生するものとは異なるのです。

1-3.修繕が必要なひび割れとは

しかし、何らかの原因でヘアークラックが広がってしまった場合は要注意です。ひびが幅広くなると、そこから空気や雨水が入る可能性があります。

鉄筋コンクリートとは、鉄筋の芯をコンクリートで覆うことで、強度を増した建築方法です。コンクリートの内部は水酸化カルシウムによって、アルカリ性に保たれています。そのため、鉄筋がさびることはありません。しかし、コンクリートの内部にひび割れから空気が入りこむと、二酸化炭素と水酸化カルシウムが反応して炭酸カルシウムが発生し、コンクリートのPH値が中和されてしまいます。これをコンクリートの中性化といい、鉄筋にさびが発生する原因となるのです。

一般的に幅が0.3mm・深さが5mm以上のひび割れは構造クラックとよばれ、修繕が必要になります。

1-4.構造クラックはなぜ起こる?

構造クラックが起こる原因には

  • 地震や衝突事故などの強い外圧がマンションに働いた
  • 外気温の変化で、コンクリート内部の水分が凍結と解凍をくり返した
  • マンションの構造上の欠陥
  • 地盤沈下
  • 経年劣化

などが上げられます。築年数が浅いマンションに多数の構造クラックが発生した場合は、地盤沈下か構造上の欠陥が考えられますので、マンションを販売した会社を通じて、建築会社に説明を求めた方がよいでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!