ビルの外壁塗装がなぜ大事なのか徹底検証!タイミングや注意点とは?

3.ビルと一戸建て、それぞれの外壁塗装

ビルの外壁塗装は、一戸建ての場合と何が違うのでしょうか。

3-1.ビル外壁塗装の特徴

ビルは一戸建てと違って多くの人が利用する建物であるため、シンプルな塗装になっていることが多いでしょう。もちろん面積が広い分、塗料のコストも考えなければなりません。ただし、見た目がシンプルでも耐久性の高い外壁塗装を施しているビルは、利用者の安全を考えていると言えるでしょう。

3-2.誰が行うのか?

通常、外壁塗装を行っている業者は、建物の規模に関係なく工事を受け付けています。そのため、一戸建ての場合もビルの場合も、同じように塗装業者に依頼することになるでしょう。中には、超高層ビルやマンションなど大規模な建物の塗装を得意としている業者もあります。実績を考え、そのような業者に依頼するのがおすすめです。

3-3.一戸建てとの違い

一戸建ての外壁塗装とは、大きな違いがあります。まず、工期が長くなるという点です。ビルの外壁塗装工事は一戸建てに比べて範囲が広く、より耐久性を高めることを考えなければなりません。個人の意志だけで外壁塗装を行うことはできないのです。そこが、一戸建てとの違いと言えるでしょう。

3-4.費用相場

外壁塗装工事には、塗料の費用以外に作業員の人件費や車両代などがかかります。ビルとなると大がかりな作業であるため、一戸建てとはかかる費用もまったく違うのです。同じ品質でもビルの方が高額な費用がかかるということを覚えておいてください。

3-5.耐用年数

塗料の耐用年数はあくまでも目安ですが、ビルの場合も8~10年で塗り替えを検討する必要があります。もちろん、耐用年数を迎える前に不具合が発生する可能性もあるでしょう。その場合はすぐに塗り替えを行う必要があるため、定期的にメンテナンスを行い、不具合がないか確認しておくことが大切です。

4.ビルの外壁で使う塗料の種類

使用する塗料の種類や費用的効果などをご紹介します。

4-1.ビル外壁の種類とは?

ビルの外壁にはいくつか種類があります。それぞれの特徴をまとめてみました。

  • コンクリート壁:最も強度が強い反面、防水性が低下すると内部に水が染みこみやすい。
  • ALCボード:コンクリートを軽量気泡化したもの。断熱性、耐火性、耐久性にすぐれている。
  • 金属系サイディングボード:スチールやアルミニウムなど。軽くて耐久性が高く、さびにくい。
  • モルタル壁:防火性にすぐれており、強度がある。防水性が低下すると急激に劣化がすすむ。

4-2.使う塗料について

使用される塗料には、いくつか種類があります。範囲が広い分、より耐久性のすぐれたものを選ぶ必要があるでしょう。塗料の特徴や耐用年数だけでなく、色合いや風合いなどもチェックしてください。ビルの外観を大きく左右することになるため、見た目の問題も重要になります。

4-3.塗料の種類

塗料は主に4種類あります。それぞれの特徴を把握しておきましょう。

  • アクリル系塗料:価格の安さと発色のよさがメリット。耐久性に乏しく、塗り替え用として使われる例は少ない。
  • ウレタン系塗料:下地になじみやすいが、汚れがつきやすいというデメリットがある。価格と耐久性のバランスがよい。
  • シリコン系塗料:塗装直後の美観を長期にわたって維持できる。品質に対して価格が手ごろである。
  • フッ素系塗料:耐熱性・防寒性・対候性にすぐれているが、価格が高いため住宅への使用は一般化されていない。

4-4.塗料の種類別、費用対効果について

種類別に塗料の特徴をまとめてみました。

  • アクリル系塗料:耐用年数は4年程度で価格は最も安い
  • ウレタン系塗料:耐用年数は7年程度で価格はアクリル系の次に安い
  • シリコン系塗料:耐用年数は10年以上で価格はウレタン系より高い
  • フッ素系塗料:耐用年数は15年以上で価格は最も高い

価格が安い塗料は耐用年数が短いのが特徴です。できるだけ安く済ませたいならアクリル系などの塗料を使用するべきですが、次回の外壁塗装工事までの期間を考えてみてください。今回は安く済んでも、またすぐに塗り替えをしなければならないのでは意味がないでしょう。長い目で見て、どの塗料が最もコストパフォーマンスにすぐれているのか、じっくりと考えてみるべきです。

4-5.人気の塗料とは?

ビルの外壁塗装に使われる塗料として人気が高いのは、フッ素樹脂塗料です。もともとマンションなど長期的に塗り替えを行わない建物のために作られた塗料であり、光沢感があり、耐光性や耐久性にも非常にすぐれています。ただし、コストの高さがデメリットとして挙げられるため、予算と相談しながら決める必要があるでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!