必見! 壁の塗装を塗り替える前にチェックしておきたいポイントとは?

外壁や屋根など外部と直接触れ合う部分は、劣化スピードが速いものです。そのため、適度に塗装を塗り替えていかなければなりません。また、内壁も塗り替えが必要です。外壁・内壁塗装をおこなう際、費用はいくらかかるのか、期間はどのくらい必要なのか、工程はどうなるのか気になる部分はたくさんあるでしょう。何も知らないまま外壁リフォームをするよりも、きちんと知識を持っておいたほうが安心できます。そこで、本記事では、壁の塗装や種類・塗り替えの必要性・工事・業者選びのポイントなど詳しく説明していきましょう。

  1. 家の塗装について
  2. 外壁の種類について
  3. 内壁の種類について
  4. 塗装の塗り替えについて
  5. 塗装の塗り替え工事について
  6. 壁の塗り替え業者選びのポイント
  7. 塗装・リフォームにかんしてよくある質問

この記事を読むことで、家の塗装を成功させるために必要な情報を手に入れることができます。塗装の塗り替えを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1.家の塗装について

住宅の塗装は、一体どんな場所が対象になるのでしょうか。塗装のし忘れや無駄な部分までリフォームしないように、家の塗装についてチェックしてください。

1-1.塗装の場所

塗装の主な場所は、屋根・外壁・内壁・軒天(のきてん)・破風(はふ)です。軒天(のきてん)は屋根の真下部分にある壁、破風(はふ)は屋根の直角な側面のことを指しています。ほかにも、雨どいなどの付帯部分の塗り替えが必要ですが、以上の5か所は定期的な塗り替えが必要です。

1-2.主な塗装方法

塗装方法は、自分でやる方法と業者に依頼する方法があります。DIYしたほうが費用を抑えられますが、知識や経験がなければ失敗する可能性が高いものです。また、塗装場所によっては素人ではできない部分もあります。自分でできるかどうか、客観的に考えてから塗装方法を選択しましょう。

2.外壁の種類について

家の塗り替えは、一般的に外壁塗装のことを指しています。外壁塗装といっても、種類はさまざまです。一体どのような種類があるのでしょうか。

2-1.外壁の主な種類

外壁の主な塗装は、サイディング・ガリバリウム鋼材・塗り壁・木壁・レンガと5種類があります。それぞれの特徴と耐用年数について詳しく見ていきましょう。

2-1-1.サイディング

サイディングは窯業系・アルミ・スチール系・木質系・金属系・樹脂系など種類はさまざまです。塗装に使用されるのは窯業系になります。窯業系は、セメントと繊維材を混ぜ込んで板状にしたものです。耐震性・耐火性・デザイン性に優れています。耐用年数は、10年~15年です。

2-1-2.ガリバリウム鋼板

ガリバリウム鋼板は、アルミニウム55%・亜鉛43.4%・シリコン1.6%で構成されています。耐久性・耐熱性に優れた鋼板として使用する住宅も増加中です。見た目がスッキリすることと、モダンな雰囲気が特徴的になります。耐用年数は、およそ20年~30年と金属製の外壁材の中では長寿命です。

2-1-3.塗り壁

土やセメントなど、水やのりで配合させた泥状の外壁が塗り壁です。塗り壁は継ぎ目がないので一体感があり、自由な表現ができます。また、天然素材を使用しており、耐火性・防火性に優れている種類です。塗り壁の耐用年数は、およそ10年~15年になります。ただし、塗り壁の一種である漆喰の上から塗料を塗るときは注意しなければなりません。なぜなら、漆喰に普通の塗料を塗ると、およそ1~2年ではがれてしまうからです。日本ペイントのケンエースなど、漆喰に合った塗料を選ぶ必要があります。

2-1-4.木壁

外壁にも木材を使うことができます。木壁の特徴は、木材そのものの温かく柔らかい雰囲気が出ることです。しかし、外壁に木材を使用する場合は、建築基準法に基づいてほどこさなければなりません。家のすべての部分に使うことはできないため、注意が必要です。また、木材は傷つきやすいため、定期的なメンテナンスが必要になります。耐用年数は、およそ5年と短いです。

建築基準法

2-1-5.レンガ

北欧の雰囲気を出すことができるレンガは、メンテナンスフリーの外壁といわれています。耐熱性と蓄熱性に優れているため、1年中一定の室内温度を保ち続けることができる種類です。しかし、蓄熱性が逆効果になる恐れもあります。日中ため込んだ熱は8~10時間後に放出されるため、夜間は熱くなりがちです。実際、夜間に熱中症で倒れた事件もありました。ちなみに、耐用年数は100年以上といわれています。

2-2.ひび修理

サイディングや塗り壁などの外壁は、ひび割れが起きやすいです。ひび割れを放置していると、隙間から雨水が入り込んでしまいます。結果、家の耐久性が低くなり、建物全体が衝撃に弱くなるのです。ひび割れは、早めに修理をしておかなければなりません。

3.内壁の種類について

家の塗装は外壁だけではありません。室内の内壁も含まれています。内壁の塗装・種類について詳しく見ていきましょう。

3-1.内壁の主な種類

内壁の主な種類は、クロス・塗り壁・木壁・モルタルの4種類です。それぞれの特徴や耐用年数について詳しく説明します。

3-1-1.クロス

内壁に使用されている種類は、ほとんどがクロスです。クロスはいわゆる壁紙になります。クロスにも種類があり、代表的なビニルクロスから布クロス・紙壁紙・無機質壁紙など幅広いです。コストパフォーマンスと施工しやすい点が主なメリットになります。中には、化学物質を含む壁紙もあるため、アレルギー体質の方は慎重に選ばなければなりません。クロスの耐用年数は、およそ7年~です。

3-1-2.塗り壁

従来、日本の内壁は塗り壁が一般的でした。内壁に使用される塗り壁は、消石灰に砂やのりを混ぜている漆喰(しっくい)や珪藻(けいそう)土を使用した種類などがあります。塗り壁の性能は、耐久性・カビの発生抑制・アレルギー物質の吸収などです。ただし、職人によって仕上がりの色や耐久性が異なります。耐用年数は、およそ10年~15年です。

3-1-3.木壁

内壁に木材を使用することもできます。壁全面に木材を貼りつけなくても、一部分に導入するだけで見違えるように雰囲気が変わるものです。木材そのものの暖かみを身近に感じることができます。また、木壁は調湿機能を持っているので、快適空間にしたい方にはぴったりです。ただし、浴室など湿度が高い場所は向いていません。内壁に使用する木壁の耐用年数は、およそ10年~です。

3-1-4.モルタル

モルタルは、砂・セメント・水を混ぜたものです。耐火性・耐久性に優れています。そのため、内壁材としては優れている素材です。けれども、デザインや色が少ないデメリットがあります。また、耐用年数は、およそ10年~20年です。

3-2.へこみ修理

内壁の場合、へこみやすいところがあります。内壁のへこみは目立ち、快適な空間が台無しになってしまうでしょう。特に、大きいへこみは家の耐久性にかかわる大問題です。外の空気が中に入り込んでしまい、夏は暑く、冬は寒い空間になってしまいます。内壁のへこみがある場合、リフォーム時に修理してもらいましょう。また、塗り壁やモルタルなどへこみにくい内壁材を選ぶのも1つの方法です。

4.塗装の塗り替えについて

塗装の塗り替えを順調にすすめるためには、塗り替えの必要性やメリット・ベストな時期を把握しておかなければなりません。塗装の塗り替えについて詳しく見ていきましょう。

4-1.塗り替えとは

塗り替えとは、名前のとおり屋根や外壁・内壁などを塗り替えることです。塗り替えは下地が傷んでいるかどうかで方法が変わります。ひどいサビが発生していたり、下地にまで影響が出たりしているときは、塗り替えるよりも葺(ふ)き替えのほうが効果的です。葺(ふ)き替えは、材料そのものを新しいものと変える方法になります。

4-2.必要性・メリット

家そのものは人工物です。人工物は月日がたつほど劣化します。塗り替えは、劣化を防ぐ大切な作業です。もし、塗り替えをしなければ、壁材だけでなく家全体の耐久性を下げることになります。つまり、塗り替えは家の耐久性・寿命を高めるために必要な作業です。

4-3.塗り替え時期とは

塗り替え時期は、塗料の耐用年数に大きく左右します。塗料の種類は、主にアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・遮熱・光触媒の6種類です。それぞれ塗料の耐用年数は以下のとおりになります。

  • アクリル系:5年~7年
  • ウレタン系:7年~10年
  • シリコン系:10年~13年
  • フッ素系:15年~20年
  • 遮熱系:15年~20年
  • 光触媒系:15年~20年

以上の年数を目安に塗り替えをしていきましょう。

4-4.すぐに塗り替えるべき症状とは

ひび割れやチョーキングが起きている場合は、すぐに塗り替えをおこなわなければなりません。ひび割れは、外壁に問題が起きている証拠です。放置すると下地に悪影響をおよぼしてしまいます。下地が傷つけば工期が長く、手間もかかるでしょう。また、塗装の表面が紫外線などで劣化するチョーキングも要注意です。チョーキングは壁が白っぽくなり、粉がついたりするので簡単に見わけることができます。

4-5.外壁リフォームはDIYできるか

よく、自分で外壁リフォームをするという方を見かけますが、DIYはおすすめしません。なぜなら、高所作業など危険をともなうからです。また、塗り替えの知識や経験がなければ失敗する恐れがあります。失敗すると塗り直さなければならないため、さらに費用がかかることになるでしょう。1度で理想的な仕上がりにするためにも、プロに依頼したほうが安心です。

4-6.注意点

「まだ塗り直さなくても大丈夫」と甘く考えてはいけません。塗装の劣化はいつの間にか進行しています。最初は、大したことのないひび割れ・チョーキングであってもすぐに状態がひどくなるものです。完全に劣化してから塗り替えるよりも、耐用年数が近づく前に施工することをおすすめします。

5.塗装の塗り替え工事について

外壁と内壁それぞれの塗り替え工事について詳しく見ていきましょう。

5-1.外壁工事

外壁工事を考えている方は、工事の流れや工期・費用相場などをチェックしておいてください。

5-1-1.工事の流れ

外壁工事の流れは以下のとおりです。

  1. 現地調査
  2. メッシュシートを張る・下地補修
  3. 高圧洗浄機での洗浄
  4. 養生
  5. 下塗り・中塗り・仕上げ塗り
  6. 仕上がりの確認
  7. 清掃

仕上がりを確認するときに不満箇所があれば、直しをおこないます。もし、疑問点や不満箇所があれば、確認の際に伝えてください。

5-1-2.工期

下地補修が必要なければ、外壁塗装だけで1週間ほどで終わります。ひび割れやチョーキングによって下地が傷んでいる場合は、1週間~2週間かかるので注意してください。塗り替えをおこなう前に、どのくらい期間が必要になるのかきちんと確認しておきましょう。

5-1-3.費用相場

一般的に、外壁塗装にかかる費用は1平方メートル当たり3,500円~5,000円かかります。下地が傷んでいたり、高い塗装を使ったりする場合はもっとかかるでしょう。また、足場を組むか組まないかでも費用が大きく左右することになります。足場の組み立ては無料ではありません。

5-1-4.費用を抑えるポイント

費用を抑えるポイントは、できるだけ早めに外壁を塗り替えることと安い塗料を使うことです。早めに外壁塗装をおこなったほうが、状態が悪化しないうちに新しくすることができます。結果、費用が安く抑えられるのです。また、塗料の中にはアクリル系・ウレタン系など費用が安い種類があります。費用が安いぶん、耐用年数は短くなるため、長期的な視野で考えるとコストが高くつくものです。自分たちに合った塗料は何なのか、コストパフォーマンスを考えながら選択しましょう。

5-1-5.注意点

外壁の工事がおこなわれている中、近隣住民への悪影響がないかどうか確認しなければなりません。塗料によっては不快な臭いをするものもあります。臭いが周囲にもれていないか、塗料が飛散しないように対策をほどこしているか、確認しましょう。また、工事開始前に近隣住民への挨拶をしてくれるかどうかも尋ねてみてください。サービスの1つとして、業者が代行する場合が多いです。

5-2.内壁工事

内装の工事をおこなう際の大まかな流れや工期・費用相場など詳しく説明します。

5-2-1.工事の流れ

内装工事の流れは外壁と少し違う点があります。下塗り・中塗り・仕上げ塗りがないので、違いと一緒に以下の流れを確認してください。

  1. 現地調査
  2. プランニング・見積もり
  3. 養生
  4. 塗り替え・張り替え
  5. 仕上げの確認
  6. 清掃

外装と同じく、仕上げの確認で不満な点があれば必ず業者に伝えましょう。後でトラブルにならないためにも、きちんと伝えることが大切です。

5-2-2.工期

内壁の工事は短期間で済みます。一軒家の広さでおよそ1~2日です。しかし、壁材そのものを丸ごと変更する場合は、3日以上かかることになります。壁の素材を変える場合は、大体何日になるのか確認しておきましょう。

5-2-3.費用相場

内壁の場合、壁紙の張り替えでおよそ1平方メートル当たり1,000円~1,500円です。どこからどこまで張り替えるのか、どのような素材にするのかによって費用も大きく変わるでしょう。

5-2-4.費用を抑えるポイント

外壁と同じく、安い壁紙を使うことが費用を抑えるポイントになります。安い壁紙といえば、クロスです。クロスの交換であれば、費用を抑えることができ工期も短く済みます。

5-2-5.注意点

工事中は生活が制限されます。自由に行き来できなくなり、使用できない状態になるわけです。そのため、大規模な内装工事をおこなう際はタイミングに気をつけてください。忙しい時期に内装工事をしないよう、事前に計画をたてておきましょう。

6.壁の塗り替え業者選びのポイント

壁の塗り替えが納得のいく形に出来上がるかどうかは、業者選びにかかっています。業者の腕が悪ければ、不完全な仕上がりになるでしょう。失敗しないためにも、業者選びのポイントを押さえておかなければなりません。

6-1.業者選びのコツ・ポイント

実績・経験が豊富な業者を選ぶのが、最も大切なポイントです。ホームページに実績が載っているかどうか確認しましょう。施工例があれば、実績としての基準になります。一体どのような内容の工事をしているのか確認してください。また、きちんと見積もり内容が詳しく記載されているかどうかも要チェックです。見積もりに不備がある業者は信用できません。

6-2.適正価格について

目安になる費用より、あまりにも安い価格の業者は悪徳業者の可能性があります。「安いから依頼しよう」と考える方は多いでしょう。しかし、安すぎる業者は手を抜きやすいです。きちんと塗り替えをしてくれないので、適正価格を提示している業者を選びましょう。適正価格かどうかは、複数の業者を比較することでわかります。サービス内容はもちろんのこと、見積もりを比較してみてください。

6-3.足場について

外壁工事の場合、足場の組み立てをおこないます。しかし、足場の組み立ては足場代という費用が追加されることになるのです。足場代は全体の費用のおよそ20%を占めています。足場代がカットできたら、費用も安く抑えられるでしょう。そこで、おすすめしたいのがオフィスチャンプの足場をかけないリフォームです。不要な項目をそぎ落とした工法と実力を持っているからこそ、足場をかけずに外壁リフォームができます。ぜひ1度、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

オフィスチャンプ

6-4.注意点

「すぐに工事を始めたいから」と最初から1社にしぼってはいけません。1社にしぼってしまうと、悪徳業者に引っかかるリスクが高まります。本当に依頼しても安心かどうか、複数の業者を比較して見極めることが大切です。後で追加料金を請求された・すぐに壁が汚くなったなどトラブルも起きています。トラブルを防ぐためにも、慎重に選ばなければなりません。

7.塗装・リフォームにかんしてよくある質問

塗装・リフォームにかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。

7-1.ひび修理の方法とは?

ひび修理の方法は、主に補修してから上に塗装する方法とひび割れの働きに追従する塗料を使う2つの方法があります。前者はひび割れの線に沿いながらみぞを掘り、シーリング材で埋める方法です。そして、その上から塗料を塗っていきます。後者は、働きに追従する弾性塗料を使用する方法です。弾性塗料を塗ることで、塗膜が伸び、ひび割れの部分をおおうことができます。

7-2.業者とトラブルにあったときの対処法とは?

もし、業者とのトラブルに巻きこまれた場合は、すぐに国民生活センター・消費者センターに相談してください。年々増えているトラブルであり、国民生活センターなどは状況に合った対処法を提示してくれます。早めに相談したほうが解決しやすいです。

国民生活センター相談窓口

7-3.外壁塗料の特徴が知りたい

アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・遮熱・光触媒の6種類の特徴は以下のとおりです。

  • アクリル系:耐久性は低いが低価格
  • ウレタン系:密着性に優れている。塗膜のはがれが気になる部分に使用できる
  • シリコン系:主流になっている塗料。コストパフォーマンスと耐久性がいい
  • フッ素系:高価格だが、耐久年数が約18年と長い
  • 遮熱系:太陽熱をはじくため、外壁・屋根の表面温度が下がる
  • 光触媒系:太陽光で汚れを浮かせることができる

7-4.足場を組み立てずにどうやって塗装するのか?

オフィスチャンプでは、足場を組み立てずにブランコ作業で外壁工事をおこないます。ブランコ作業とは、腰につけている器具に屋上から伸びるひもをセットし、宙に浮いた状態で作業することです。命綱や安全保護具などを着用しているため、安全対策を万全の状態でおこないます。

7-5.避けるべき塗装の時期とは?

外壁塗装をおこなう際、雨の日が続く梅雨時期は避けたほうがいいです。梅雨時期は湿気が多く、塗料がすぐに乾かなくなります。また、塗料が雨にぬれるとムラができやすいので要注意です。工事を早く済ませたい方は梅雨以外の時期におこなってください。

まとめ

いかがでしたか? 壁の塗装は家全体の耐久性にかかわる大切な作業です。定期的に塗り替えることで外観だけでなく、耐久性・安全性を高めることができます。毎日過ごす家だからこそ、安心・安全な環境を維持し続けていかなければなりません。費用を抑えるためにDIYをするという方もいますが、素人には大変危険です。高所での作業もあり、上手に塗料を塗ることができません。結果、仕上がりの悪い状態になってしまいます。手間や時間を短縮するためにも、プロに依頼してください。複数の業者を比較すれば、信用できる業者かどうかわかります。壁の塗装について知識を習得すれば、スムーズに塗り替えることができるでしょう。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!