外壁塗装の色選び、成功のための7項目!選び方のポイントとは?

外壁工事を考えている人にとって、色選びは簡単な作業ではないでしょう。外壁の色は家全体のイメージを左右する大切なものであり「こだわって決めたい」という人は多いと思います。同じ色でも彩度や色相の違うものが複数存在しているため、色選びには頭を抱えることになるはずです。どうすれば、イメージどおりに仕上げることができるのでしょうか。この記事では、外壁塗装の色選びをする上で知っておきたいことや工事の流れなどをまとめて解説します。

  1. 外壁塗装の目的や種類
  2. 外壁塗装の色選びはなぜ重要なのか?
  3. 外壁塗装の色を選ぶ際のポイント
  4. 外壁塗装の塗り替え時期について
  5. 外壁塗装の工事について
  6. 外壁塗装の業者を選ぶ際のポイント
  7. 外壁塗装の色にかんするよくある質問

この記事を読むことで、外壁をどんな色にするべきかわかるはずです。外壁工事を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

1.外壁塗装の目的や種類

まずは、外壁塗装について解説します。その目的や主な種類にはどのようなものがあるのでしょうか。

1-1.外壁塗装は何のためにあるのか?

外壁塗装の目的は、建物の美観を高めるというものだけではありません。もちろん、家の外観を美しく整えることは重要でしょう。しかし、そのほかにも大切な役割があるのです。まず、建物を保護するという目的があります。雨風や紫外線など、常にさまざまな刺激を受けている外壁は、塗装によってある程度守られているのです。ところが、年月とともに塗装面が劣化し、その役割を果たすことができなくなってくると、建物の寿命は縮まります。ひび割れや破損部分から雨水が浸入してしまう恐れもあるでしょう。このように、建物の劣化を予防するためにも重要な役割を果たしているのです。そのほかにも、「家のイメージを変えたい」という理由で塗り替えを検討する人も多いでしょう。

1-2.塗料の種類と特徴

外壁に使用される塗料には、主にウレタン・アクリル・シリコン・ラジカル・フッ素があります。それぞれの特徴をまとめてみました。

1-2-1.ウレタン樹脂系塗料

少し前まではウレタン塗料を使用するのが主流でした。紫外線に強く、密着しやすいという特徴を持つウレタン塗料は、木部や鉄部などの塗りにくい場所の塗装に適しています。耐久年数は比較的短めですが、光沢のある仕上がりが長続きするのが特徴です。ただし、変色しやすいというデメリットもあります。

1-2-2.アクリル樹脂系塗料

外壁に使われる塗料の中で、最も安価なのがアクリル塗料です。汚れやすく耐久年数も短いため、最近はあまり使用されることはありません。紫外線に弱く湿気をとおしやすいアクリル塗料は、外壁に向いている塗料とは言えないでしょう。さらに、ひび割れしやすいというデメリットがあります。

1-2-3.シリコン樹脂系塗料

汚れにくく耐久年数も長いため、現在最も使われている塗料となっています。汚れにくく色あせしにくいシリコン塗料は、耐久性と価格のバランスがよいことでも人気です。アクリルやウレタンに比べて約1.5倍長持ちします。

1-2-4.ラジカル制御型塗料

比較的新しい塗料であり、耐用年数はシリコンより長く、費用はフッ素より安いという特徴があります。紫外線や酸素などの劣化因子によって生じる原因のことを「ラジカル」と言い、そのラジカルの影響を受けにくくしたのが「ラジカル制御型塗料」なのです。価格が安くて性能が高いという、最高レベルのコストパフォーマンスを持つ塗料となっています。

1-2-5.フッ素樹脂系塗料

耐久年数が15年以上と非常に長く、外観を長期的に保つ効果が期待できる塗料です。ただし、価格が非常に高いため、一般住宅にはほとんど使用されていません。現在は、高層ビルの外壁などに使用されるのが一般的です。

1-3.塗料にこだわりを持つ人が多い!

最近の傾向としては、塗料の種類にこだわりを持つ人が多くなってきています。より長持ちする塗料を選び、長く快適に暮らすにはどうしたらよいのかを重視する傾向にあるのです。そのため、価格より性能で塗料を選ぶ人が増えてきているのが現状と言えます。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!