【必読】マンションやアパートの外壁塗装で必要な知識を徹底解説!

「そろそろマンションの外壁塗装をやり直す時期が来たけど、何から始めて良いかわからない」など、マンションやアパートの外壁塗装を行いたいと考える人も多いでしょう。そこで、マンションやアパートの外壁塗装を行うときに必要な知識やアドバイスをまとめました。マンションやアパートは、集合住宅であり大型の建物でもあるため、一般の住宅と比べて注意点がいろいろとあることを理解してください。

  1. マンションの外壁塗装について基本を学ぼう
  2. マンション・アパートの外壁塗装と一戸建ての外壁塗装との違い
  3. マンションの外壁と塗料の種類について
  4. マンションの外壁塗装工事の流れを確認しよう
  5. マンション・アパートの外壁塗装を入居者に通知する方法
  6. マンションの外壁塗装工事を依頼する業者の選び方
  7. ​マンションやアパートの外壁塗装についてよくある質問に回答!

記事を読み終えるころには、マンションやアパートの外壁塗装に詳しくなっていることでしょう。また、業者の選び方についても解説するなど、実務で役に立つ内容となっています。マンションやアパートの外壁塗装で満足する仕上がりを希望する人は、ぜひ参考にしてください。

1.マンションの外壁塗装について基本を学ぼう

まずは、マンションの外壁塗装について基本を学ぶことにしましょう。必要性や耐久性、外壁塗装を行うタイミングなどを理解してください。

1-1.外壁塗装の定義を確認しよう

建物の外壁を、日光や雨風による劣化から守るために行う塗装を外壁塗装と呼びます。外壁塗装を行わない建物は、実用に耐えることができないでしょう。建物にとって外壁塗装を行うことは、必要不可欠なことなのです。一般住宅や集合住宅に限らず、オフィスビルや博物館などの公共施設に至るまで、ほぼすべての建物で適切な外壁塗装が行われていることを覚えておきましょう。

1-2.マンションの外壁塗装の必要性

マンションの外壁塗装の必要性について、考えてみましょう。マンションは、多くの入居者が暮らす建物です。外観を美しく保つことも、必要でしょう。しかし、最も大切なことは建物の強度を保つことになります。マンションに外壁塗装の必要性は、建物の強度を維持して入居者の生活を守ることにあると言えるでしょう。

1-3.マンションの外壁塗装の耐久性

マンションの外壁塗装の耐久性は、外壁塗装の種類や品質で大きく左右します。つまり、新築のときに外壁塗装に掛けるコストを下げ過ぎたり手抜き工事が行われたりした建物は、外壁塗装の耐久性は低いと言えるでしょう。外壁塗装の耐久性が高いことは、マンションの強度が高まることを意味します。建物としての寿命を延ばすためにも、マンションの外壁塗装は耐久性の高さを重視しましょう。

1-4.マンションの外壁塗装を行うタイミングとは

マンションの外壁塗装を行うタイミングは、主に下記となるでしょう。

  • 外壁塗装に不具合が生じたとき
  • 外壁塗装が耐用年数に達したとき
  • 外壁塗装の機能性を高めたいとき
  • マンションの外観イメージを変えたいとき

マンションの外壁塗装工事は、大掛かりなものになるはずです。外壁塗装を行うために適切なタイミングを考えて、計画的に行ってください。

2.マンション・アパートの外壁塗装と一戸建ての外壁塗装との違い

マンション・アパートの外壁塗装と一戸建ての外壁塗装では、どんな点に違いがあるのでしょうか。ここでは、違いについて詳しく学ぶことにします。

2-1.マンション・アパートの外壁塗装の特徴

マンション・アパートの外壁塗装は、見た目としてシンプルなタイプが多いことに気付くでしょう。多くの入居者が住むことを前提にしている建物は、個性を出し過ぎると入居者が集まりにくくなるという事実があります。また、広い面積を塗装することになるのでコストを考えてもごくシンプルな見た目になることは否定できません。見た目はシンプルでも、外壁塗装に耐久性の高さを追及しているマンションやアパートは高品質であると言えるでしょうね。

2-2.マンション・アパートと一戸建ての外壁塗装工事の違い

マンション・アパートの外壁塗装工事は、一戸建て外壁塗装工事との違いがあります。たとえば、マンションやアパートの外壁塗装工事は、広範囲になるので工期も長くなりがちでしょう。また、集合住宅のため、個人の趣味で外壁塗装を行うよりも耐久性を高めたり不具合を直したりするための意味合いが強くなります。また、一戸建ての場合は、家の持ち主の意志だけで外壁塗装を行うことができるでしょう。しかし、マンションやアパートの外壁塗装工事は、入居者の同意が無いとできないケースがある点にも違いがあります。

2-3.マンション・アパートと一戸建てで外装塗装工事の費用相場に違いがあるのか

マンション・アパートと一戸建てを比較した場合、外装塗装工事の費用相場に違いがあるのかについて考えてみましょう。外装塗装工事には、使用する塗料の費用・作業員の人件費・そのほか工事に必要な材料や車両代などさまざまな費用が掛かります。特に、マンションやアパートは大掛かりな外壁工事となるでしょう。一戸建てとは規模が違うため、同じ品質の外壁塗装を行うためには、マンションやアパートの方が高額な費用が必要になると考えてください。一戸建てと比べて費用相場に違いがあるわけでは、ありません。

2-4.マンション・アパートの外壁塗装の耐用年数

マンション・アパートの外壁塗装の耐用年数については、約8年から10年となります。もちろん、外壁塗装の種類にもよるでしょう。耐用年数は、あくまでも目安として覚えておいてください。しかし、多くの場合は8年から10年と考えておくと間違いがありません。なお、耐用年数を迎える前に、定期メンテナンスで不具合がみつかることもあります。不具合がみつかった場合は、耐用年数が経過していなくても修理を行ってください。

3.マンションの外壁と塗料の種類について

では、マンションの外壁と塗料の種類について詳しく学ぶことにしましょう。外壁や塗料の種類を学ぶことで、理想の仕上がりをイメージしやすくなるはずです。

3-1.マンションの外壁の種類を学ぼう

マンションの外壁の種類について、学びましょう。まず、建物の外壁の種類には、塗料を塗る塗り壁、サイディング、タイル壁、ALC塗装壁などがあります。このうち、マンションに多く使用しているのは、塗り壁となるでしょう。塗り壁は、外壁に塗料を塗るだけという簡単さが広範囲の塗装に向いているのです。また、塗料の種類を機能や好みで選びやすい点でも有利と言えるでしょう。

3-2.マンションの外壁に使用する塗料について

マンションの外壁に使用する塗料は、日光や雨風に対する耐久性が強いものが好ましいでしょう。また、広範囲に塗ることになるため、マンションの外観を大きく左右することになります。色合いや風合いの良さも、マンションの外壁に使用する塗料には必要不可欠となるでしょうね。

3-3.マンションの外壁に使用する塗料の種類

さて、マンションの外壁に使用する塗料の種類には、どのようなものがあるのでしょうか。下記は、マンションの外壁塗装で主に使用することが多い塗料の種類となるので参考にしてくださいね。

  • アクリル系塗料
  • ウレタン系塗料
  • シリコン系塗料
  • フッ素系塗料

外壁塗料の種類も、たくさんあります。マンションの外壁塗装に何を求めるかによって、適切な外壁塗料の種類を選んでください。

3-4.塗料の種類別で費用対効果をチェックしよう

塗料の種類によって、費用対効果を考えてみることにしましょう。

  • アクリル系塗料:価格は安い・耐用年数は4年程度と短い
  • ウレタン系塗料:価格は手ごろ・耐用年数は7年程度
  • シリコン系塗料:価格はやや高め・耐用年数は10年以上
  • フッ素系塗料:価格は高い・耐用年数は15年以上

価格が安い塗料は、耐用年数が短くなることが特徴です。反対に、価格が高い塗料は耐用年数も長いことがわかるでしょう。費用対効果を考えるときは、次回の外壁塗装工事までの期間を計算に入れる必要があります。こまめに外装塗装工事を行う方が、長い目で見ると高く付くことも多いでしょう。ウレタン系塗料やシリコン系塗料がコストパフォーマンスの良い塗料として人気があるのは、外壁塗装の耐用年数が約10年と考えて適切だと判断するケースが多いからですね。

3-5.マンションの外壁で人気の色や塗料は?

マンションの外壁で人気の色は、シンプルな白やベージュとなります。白は清潔感で、ベージュはナチュラルなイメージで、それぞれ人気が高まっていると言えるでしょう。塗料の種類は、防水性が高いものが人気です。特に、雨降りによるシミは外観を大きく損なうだけでなく雨漏(も)りの心配もあるでしょう。防水性を持つ塗料を使用することで、雨漏(も)り被害の心配が少ない点で人気が高まっているのです。

4.マンションの外壁塗装工事の流れを確認しよう

それでは、マンションの外壁塗装工事の流れを確認していきましょう。流れを学ぶことで、現場視察に行ったときに適切な工事を行っているかのチェックもしやすくもなりますよ。

4-1.マンションの外壁塗装に必要な工事期間の目安

マンションの外壁塗装工事に必要な工事期間の目安を、確認しておきましょう。マンションの外壁塗装工事は広範囲になるため、約1か月から2か月を目安に考えてください。また、天候が悪い時期に重なると工事の完了時期も延期しやすいので注意しましょう。マンションの外壁工事は、工事期間に余裕を持って取り組んでください。

4-2.マンションの外壁塗装工事の流れ

マンションの外壁塗装工事の流れについては、おおよそ下記のようになるでしょう。

  1. 工事開始前に業者による現場視察を行う
  2. 足場を組む必要があるときは足場を組む
  3. 実際に外壁塗装工事が始まる
  4. 外壁塗装工事の終了後に業者と依頼者でチェックをする
  5. 問題が無い場合は外壁塗装工事が完了となる

高層階のマンションの外壁塗装を行うためには、作業員の安全のためや工事の品質を保つために足場を組むことがほとんどとなるでしょう。実際の工事に入る前に、足場を組むステップが入ることを理解してください。

4-3.外壁塗装の施工(せこう)例をチェックしよう

外壁塗装の施工(せこう)例は、業者に相談すると見ることができます。特に、マンションやアパートの外壁塗装で豊富な実績を持つ業者の場合は、今までの施工(せこう)例もたくさん見ることができるでしょう。ほかのマンションやアパートでは、どんな外壁塗装を行っているのか具体的に知るためにも外壁塗装の施工(せこう)例を参考にすると良いですよ。

4-4.マンションの外壁塗装の費用や相場について

マンションの外液塗装の費用や相場について、知っておきましょう。まず、マンションの外壁塗装に必要な費用は、使用する塗料の種類で随分と変わってくるものです。外壁塗装の相場は、1平方メートルに付き3,500円から5,000円程度を目安として考えてください。なお、塗料の価格が安いものを使用したり工程を簡略化したりすることは、費用を抑えることにつながるでしょう。また、足場を作らずに塗装工事を行うことも、低価格化に有効です。ただし、必要以上に外壁塗装の費用を安くしようすると品質が悪い仕上がりになることは否定できません。あくまでも、品質を維持することを優先してください。

4-5.マンションの外壁塗装の見積もりについて

マンションの外装塗装に必要な費用を知るためには、業者に見積もりをもらうと良いでしょう。見積もりの計算自体は、無料で行っている業者も多いですよ。なお、業者にマンションの外壁塗装の見積もりをもらうときには、以下の点をチェックしてください。

  • 希望する外壁工事の内容になっているか
  • 希望する完成時期を想定した見積もりになっているか
  • 見積金額が想定より高過ぎないか
  • 不明な項目で計上していないか
  • 日付や業者名・社印の入った正式な見積もりであるか

見積もりをもらうときは、複数の業者にもらって比較することをおすすめします。業者によって、どんな項目を重視しているのかチェックする材料にもなるでしょう。また、見積もりをもらった段階で不明な点があるときは、必ず業者に確認をしてください。対応の仕方や印象も、業者選びの重要なポイントになるでしょう。

5.マンション・アパートの外壁塗装を入居者に通知する方法

マンション・アパートには、現在も多くの入居者が生活をしていることでしょう。外壁塗装工事を行う前には、入居者に通知することが必要です。

5-1.外壁塗装を入居者にいつ告知するべきか

マンションやアパートの外壁塗装を行うためには、今住んでいる入居者に対して事前に告知する必要があります。具体的には、工事が開始する10日前までには入居者に告知してください。直前になって告知することは、入居者に説明が行き渡らない可能性があるのでやめましょう。入居者の中には、工事の音や振動などを嫌う人もいます。工事に対するクレームを最低限に抑えるためにも、早めに告知を行ってください。

5-2.入居者への告知方法について

外壁塗装工事の予定を入居者に告知する方法としては、以下の方法があります。

  • マンション・アパート内の掲示板で告知する
  • マンション・アパート内の回覧板で告知案内を回覧する
  • 入居者宅に1軒ずつ回って告知をする

外壁塗装工事の概要にかんしては、掲示板や回覧板で内容を告知することが確実で簡単な方法でしょう。しかし、入居者の中には掲示板や回覧板を見ない人もいます。また、回覧版の回り方が遅いと告知も遅くなってしまうでしょう。やはり、入居者宅を1軒ずつ回って外壁塗装工事について簡単に説明することも併せて行うべきですね。

5-3.外壁塗装を入居者に告知することの重要性

外壁塗装を入居者に告知することは、重要なことです。たとえば、分譲マンションの場合は毎月入居者が支払っている共益費から外壁塗装の費用を出すことも多くなるでしょう。共益費を使用する場合は、入居者は使い道を正しく知る権利があります。また、共益費から費用を出さない場合でも、外壁工事中の騒音や振動など、入居者に対して不利益が発生する可能性があるため告知は重要と言えるでしょう。

5-4.そのほか集合住宅の工事について気を付けるポイント

マンションやアパートの外壁工事は、集合住宅ならではの注意点がほかにもあります。多くの入居者が同時に暮らしている建物では、さまざまな考えの人がいることでしょう。工事時間が午前中になることを嫌がったり、騒音や振動に過剰に反応したりする人もいます。入居者からのクレームを想定して、対応策を考えることも必要になるでしょう。特に、工期が長くなるとクレームも多くなりがちなので注意してくださいね。

6.マンションの外壁塗装工事を依頼する業者の選び方

さて、マンションの外壁塗装工事を依頼する業者の選び方について解説しましょう。良い業者を選ぶことが、満足できる外壁塗装の仕上がりにつながります。

6-1.外壁塗装工事を依頼する業者を選ぶポイント

マンションの外壁塗装工事を依頼するには、どんな業者を選ぶと良いのでしょうか。

  • マンションの外壁塗装に詳しいこと
  • マンションの外壁塗装工事に豊富な実績があること
  • 外壁塗装工事にかんする技術力が高いこと
  • 工事費用が不当に高くないこと
  • 見積もり依頼に素早く対応できること
  • 疑問や不安に丁寧かつ明快な回答ができること
  • 希望の納期にできるだけ合わせてくれること
  • 工事完了後のアフターフォローやメンテナンスに力を入れていること
  • 今までの利用者から評判の良い業者であること

マンションの外壁塗装工事は、大掛かりになった場合は費用も掛かります。失敗しないためにも、良い業者を選んで外壁塗装工事を依頼することが大切でしょう。たとえば、下記のような業者を参考にして満足できる業者を探してください。

オフィスチャンプ:http://www.office-champ.com/

6-2.アフターフォローやメンテナンスを重視しよう

マンションや外壁工事が無事に完成した後も、安心はできません。工事完了後に、何らかのトラブルが発生することもあるでしょう。できるだけ、トラブルが発生したときのアフターフォローがしっかりしている業者を重視してください。また、外壁塗装はだんだんと劣化していくものです。定期的なメンテナンスを行っている業者の場合は、長く付き合うことができて安心というもの。マンションの入居者が安心して暮らすことにもつながることを覚えておきましょう。

6-3.外壁塗装工事を業者に依頼するときの注意点

マンションの外壁塗装工事を業者に依頼するときは、どんな仕上がりを希望するのか・予算はどのくらいか・希望工期はいつまでか、などを具体的に提示するようにしましょう。もちろん、業者との打ち合わせで細部を決めることは構いません。しかし、なんとなくイメージで希望を伝えることは外壁工事完成後の満足度を低くする原因となります。具体的な希望を伝えることで、業者からも適切なアドバイスを受けることが可能というもの。自分たちでも、どんな外壁塗装を希望するのかきちんと考えることが大切です。費用についても、事前に相場を知ることで思わぬ高額請求を避けることも可能になるでしょう。

7.マンションやアパートの外壁塗装についてよくある質問に回答!

それでは、マンションやアパートの外壁塗装についてよくある質問に回答しましょう。今までの知識の復習にも、ぴったりですよ。

7-1.現在の外壁塗装からイメージを大きく変えたいのですが問題ありませんか?

マンションやアパートの外壁塗装は、外観のイメージを大きく変える効果が大きいでしょう。修復などを機会に、イメージが変わるような外壁塗装を行いたい気持ちも納得できます。外壁塗装の種類の決定権は、確かに、マンションやアパートのオーナーである皆さんにあるもの。しかし、入居者の意見を聞いた方が良いでしょう。入居者は、マンションの外観も含んで入居を決めているものです。後日のトラブル防止のためにも、外壁塗装のイメージを大きく変えたいときは、入居者の意見をできるだけ参考にしてください。

7-2.マンションの外壁塗装を一部だけ修理するための工事でも良いでしょうか?

たとえば、大きな亀裂が入った部分だけ外壁塗装工事を行いたいということもあるでしょう。確かに、応急処置として大きな亀裂が入った部分だけを急いで外壁塗装工事をすることもあります。修理したい外壁の状態にもよりますが、外壁塗装以外の基礎部分に問題がある可能性もあるでしょう。まずは、業者に現場を視察して意見を聞いてください。特に問題が無い場合は、一部だけ修理する選択をしても良いです。ただし、どうしても一部分だけの外壁工事は、周囲との新旧の差が付きやすい点を了承してくださいね。

7-3.マンションの外壁塗装工事に反対する入居者に対する良い説得方法は?

マンションには多くの人が住んでいますから、中には外壁塗装工事に反対する人もいるでしょう。しかし、外壁塗装工事にも耐用年数があったり修理の必要があったりします。反対している入居者には、誠意を持って外壁塗装工事の目的と必要性を説明してください。丁寧に目的と必要性を説明することは、反対をしている入居者の理解を得るために必要なステップと言えるでしょう。また、反対している理由を聞いて対応策を考えるのも良い方法です。

7-4.マンションの周囲の家にも外壁塗装工事の告知は必要ですか?

マンションの入居者には告知義務があることは、理解できるでしょう。さて、マンションの周囲の家にも外壁塗装工事にかんしては、告知した方が良いと言えます。たとえば、外壁塗装工事のために大型車やトラックが頻繁(ひんぱん)に道を通ることもあるでしょう。騒音などの問題も、発生する可能性があります。必要以上のクレームになることを防ぐ効果もあるため、周囲の家にもぜひ告知をしておいてください。

7-5.丁寧に外壁塗装工事を行っても数年後に再度工事が必要なら無駄なのでは?

外壁塗装工事には、寿命があります。耐用年数を経過した外壁塗装は、何らかの不具合が出てもおかしくはありません。マンションやアパートのように集合住宅は、多くの人の生活の質を保つ義務があります。丁寧な外壁塗装工事を行うことは、必要であることを認識してください。再度工事する必要があるのは、外壁塗装の性質を考えると当然のことです。費用を抑えようとして外壁塗装工事のグレードを低くすることは、結局のところ、再度工事を行う時期を早めることになるのでおすすめしません。

まとめ

さて、マンションやアパートの外壁塗装工事について詳しく説明をしてきましたがいかがでしょうか。マンションやアパートは、集合住宅です。外壁塗装にかんしても、集合住宅ならではの注意点がたくさんあることがおわかりいただけたはず。マンションやアパートの外壁塗装をきちんと行うためには、事前に外壁塗装工事について詳しく学ぶことも大切でしょう。また、入居者への告知も忘れてはいけません。たくさんの人が安心して快適に暮らすためにも、マンションやアパートの外壁塗装工事に力を入れてくださいね。

工事費の大半を占めていた足場代をカット!工事費の大半を占めていた足場代をカット!